もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松風幕府江戸上洛~二〇〇五

博多名物しぇいむれす第四期≪礎築≫

其の一、松風幕府江戸上洛二〇〇五

主な登場人物紹介

ゆめ2004突ゆめのしん

夢の大きさだけは誰にも負けない迷座長

二〇〇一年より日本全国相手に合戦を繰り返し

様々な困難を乗り越え二〇〇五年江戸上洛を狙う 

2005_0124don70043.jpg菅原光朗

和太鼓プロ演奏者。

主に吉幾三氏の公演に全出演、  

全身から繰り出す魂溢れる演奏で国内外で活躍中。

和太鼓コンテストでも優秀な成績を残している。

ゆめのしんと和太鼓コラボする事になった。

福助三代目 福助

丁稚から筆頭家老にまで昇り詰めた唯一無比のオリジナルメンバー。

激動の合戦を一身に受け殉職しながらもメンバーの座を守り抜き

現在十一代目。

氣卓左衛門氣卓左衛門

LA帰りの超絶ギター侍。

高校現役教師とギターヒーローをこなすスーパーマン。

そのスーパープレイと豊富な経験を活かしギター講師も勤める

こたびサードアルバムに続いてしぇいむれす新曲に渾身の氣を込めて

新たな息吹と躍動を宿らせる。

MSF中山 Techaman 中山

映像プロ集団メディア牧場代表。

佐賀県唐津を拠点にハイセンスな映像をメディアに提供し続ける。

今回第七回博多どんちゃかのDVD化でゆめのしんと強力タッグ!!

更にはユーチューブで話題沸騰の松風忍法帳のプロモ映像も制作。

どんな戦場でも屈せぬ超めんたいガッツの持ち主!!

くの一アスカ 沢本あすか

グラビアアイドル。ロックバンドとのコラボなど

バラエティーに富んだ活動展開中。

今回は初アクション、初くの一に挑戦。

まねじゅん巫女まねじゅん

博多名物しぇいむれすマネージャー。

トラブルメーカー風来坊ゆめのしんと

小道具豊富さ日本一のしぇいむれすライブを陰ながら支える縁の下の力持ち。

松風幕府江戸上洛二〇〇五 

巻きの一、大江戸操作網、牙城発見!!へ進む
巻きの二、愛と夢を秤にかけりゃ・・・へ進む
巻きの三、この翼奪われようとも!!!へ進む 

巻きの四、大空へ解き放たれた夢!!へ進む



博多名物しぇいむれす第四章≪礎築≫二〇〇五~二〇〇八TOPへ戻る
総合目次へ戻る

スポンサーサイト

大江戸走査網、牙城発見!!

松風幕府江戸上洛二〇〇五

巻きの一、大江戸捜査網、牙城発見!!

 matukaze-jyou (1) 作画:絵亭

全国各地の巡業を経て日本国の音楽シーン情勢を肌身で感じ取り

更に裸一貫江戸での生活で沢山の出会いと学びを得て

ゆめのしんは江戸上洛を決意する

一の月は博多の城を大家へ返す幕府大政奉還の月。

江戸に発つ前に新年から地元で暴れ納め!!

第一話『銀世界に想ひを寄せて~の巻』

2005年元旦
朝目覚めてみると窓が光輝いていた

起き上がって窓の外を見ると銀世界が広がっていた
一瞬北国にいるのかと疑ってしまった
九州北部は
『いい湯だな』
歌われているような南国では無くも毎年ちゃんと降るが
ここまで積もったのは小学校の時以来ではないかと記憶する
この大雪の年インフルエンザが大流行
学級閉鎖になったが元気な将軍は臨時休日に大はしゃぎ!!
最終日に九州では記録的な大雪。
上半身裸になって雪と戯れた挙句に風邪で39度の熱を出して
古から伝わる名言
『馬鹿は風邪をひかない』
という名言を覆したのであった

さて現実に帰るとしよう
残念ながら雪でライブは中止となった

年末忙しくて出来なかったリハーサルをする事にした
免許も無く外も大雪、本家内でのリハである
正月早々バタバタと五月蝿いゆめのしん。

吹雪く模様を窓越しに明日の晴れを願う将軍であった

第二話『仁義在る戦い~の巻』
一月二日
ある意味初日の出とも言えるお天道さんが燦々と輝いていた
2005_0102shame20050006.jpg 
ライブ日和である
晴れたり曇ったりだったが幸い雨雪は心配なさそうだ

まずはみんなでワッショイ雪かき!!
親父殿もまねじゅんも
母上殿、叔父上殿、目の不自由な祖母様も応援に駆けつけてくれた。
コレはイイとこ見せねば!!
2005_0102shame20050018.jpg 
さあやるぞ~~~~~~~~!!!
2005_0102shame20050010.jpg 2005_0102shame20050011.jpg
※これは音楽ライブです(笑) 
 2005_0102shame20050013.jpg 2005_0102shame20050012.jpg 
せっかく大勢集まった人も新撰組曲をやると一気にサ~っと引いてしまった(笑)

2005_0102shame20050021.jpg 休憩中も窓ガラスで動きの確認

雪で濡れた石畳
後先考えず前転したり跳ねたり・・・・
将軍の身体から汗と水蒸気が。
2005_0102shame20050017.jpg
綱敷き天満宮は菅原道実公ゆかりの由緒正しき神社で多くの参拝客で賑わう。
途中雨が降ったりで中断もあったにも関わらず
なんだかんだで投げ銭だけでかなり集まった
実はまねじゅんが箱の前に
松風大社賽銭箱↓
きっとご利益があります
などと書いて貼っていたのであった
流石はしぇいむれすマネージャー大胆不敵である 
宮司さんもこれを見て複雑であったであろう(笑)
しかし笑顔で賽銭をくれた宮司さんの心の広さに感謝!!
2005_0102shame20050016.jpg  
荷物をちゃべ号に積み込んでいる時
突如黒塗りの車が現れ中から黒スーツに包まれた見るからに
職業が分かりそうな男達が降りてきた

最後に神社とテキヤの親分に一言言ってから帰ろうと親分部屋の幕を開けて
ゆめのしんは固まった
先ほどの黒スーツの男が集結していたのであった
彼等は参拝に来たのでは無く
テキヤの親分に新年の挨拶に来ていたのであった

『どうもありがとございました。本日はこれにてお先に失礼します』
と挨拶を済ませ立ち去ろうとするゆめのしんに
『おう、ちょっと待て、オマエ今からココで1曲やらんかい。ワシらが審査してやる』
今しがた積み込み完了したばかりである
『今・・から・・・でござりますか?』
『おう、今からや』
『恐れながら準備に30分ほどかかりますがそれでよろしければ・・』
『おう、まっちゃるけ、はよ準備せんかい』
こうして親分は親分衆への出し物として招いてくれ
ゆめのしんにとって新年一発目から史上≪最恐≫の舞台公演となったのである

準備している間に親分は他の親分衆にプッシュしてくれていた
『こいつとはもう四年くらいの付き合いになるが良い声しちょるんじゃ』
そして
『おう、皆ださんかい。タダで見たらアカンぞ』
といってそれぞれにを出させるのであった
こうしてゆめのしんの目の前に福沢さんと夏目さんが並んだ
尚更下手な事は出来ない(笑)
ゆめのしんにかかるがドンドン増して行くのであった

準備に時間がかかってしまい親分衆は出かけてしまうが
整うと戻って来てくださった
『せっかくやけ1曲くらい聴いて帰らんとの』
ゆめのしんはいやいやお気遣なさらずに・・と思ったそうな

『え~それでは大変ながらくお待たせしました。不肖松風ゆめのしん』
『おう、が小さい。もっと大きなでイカンかい』
いやいやごもっとも
『え~大変ながらくお待たせしました。
不肖松風ゆめのしん、歌わせて戴きます。曲はどん!!ちゃか♪』
曲が終わるとヤンヤヤンヤの大騒ぎ♪
そして
『おう、もう一曲いけい。景気の良いやつ頼むぞ』
という事で『博多名物』をご披露
最後の『日本イチ~~!!』
のフレーズが終わると
『おう、ほんとニッポンイチじゃ』
との言葉とともに拍手を戴き感無量であった

『よし、なんでもいいから景気の良い奴、もう一曲いけ!!』
と言われ
『それではアカペラで『水戸黄門』行かせて戴きます』
親分は目をつむり腕組をして『おお、良い声しちょるのう』
と感嘆の声をあげた

MAKOTOのオーディションの時も
今井雅之氏に『なんか1曲アカペラで歌ってみて』
と言われて歌った曲が『水戸黄門』であった
やはり時代劇がパッと頭に浮かぶのであろう

宮司殿
テキヤの親分衆
親父殿、巫女姿でお客さんからも大うけだったまねじゅん
母上殿、叔父上殿、祖母様
寒い中観て戴いたお客様
有難うございました


第二話『博多の武士・・・の巻』
真冬である
真夜中である
木枯らし舞う中、男が一人なにやら励んでいる
腕たてふせ??
腹筋??
今度は逆立ちを始めた

男はどうやら博多区松風幕府にお住まいの松風夢之進(将軍職)のようだ
男は胴着一枚に裸足

端からみればどうみてもキチガイである

ある日の刀の素振りをしている時の事である
数十メートル離れた向かいの道路をチャリンコで走っていた子供の集団
ヒソヒソ話をしていたようだが建物が無いので会話が丸聞こえである
『見て見て、なんしよんのあの人。』
『うわ!!ブシブシ。』
子供達は口々につぶやいている
そして次の瞬間
『おい、そこのキチガイ
と言い放って猛ダッシュで逃げていった

男はその後も黙々と素振りを続けたそうな。
キチガイと思われようと男子たるもの常日頃から
鍛錬が必要なのだ
来るべき合戦に備えて。

第三話『おかえり~の巻』
運転免許
本日無事帰還!!

早速その足で博多奉行所に行き
幕府返還必須書類を貰って来た
そして転出届けも・・・

これで書類上では博多のヒトでは無くなった
でも俺の魂は立派な博多モンやけん
東京行ってもいつまでも九州男児の心意気忘れん!!
第四話『博多どんちゃかお茶の間進出~の巻』
MSF中山 映像プロ集団メディア牧場代表中山殿のご協力で
第七回博多ドンちゃか、DVD化される事になった
dvd_jacket_b.jpg  
完成は三月頃予定。
価格は2900円になる見込みだ
お楽しみに^-^

第五話『田園守護神ちゃべ号~の巻』
ちゃべ号は近所のじいちゃんが引き取る事になった
幼少の頃かけずりまわった田んぼの真ん中で
守護神として第二の人生を歩む事になったちゃべ号に
最後のお別れに行きました
(廃車手続きと荷物整理)

その日は雨がシトシト降る寒い日でした

さらば先代ちゃべ号!!
2004_0106DIM0022.jpg 
田んぼの真ん中から故郷を見守っててくれぃ!!
 
第六話『今日もどこかで下駄の音~巻』

1月20日難波ロケッツ

風がぴゅ~ぴゅ~吹く寒い日。
カランコロン
どこからともなく聞こえる高らかな快音
20060409005942.jpg
この冬一番の寒さというのにどこのクレイジーだ?

冬でも下駄で歩くクレイジーな奴といえば
鬼太郎ともう一人
松風幕府初代将軍ゆめのしんである

今宵大阪冬の陣
五部隊の武者達が集まり競い合う

この日は個性派揃い
一番槍の武者は一人舞台
打楽器奏者であった
声や楽器を加工しさらにはペットボトルや
恥印※まで使って音を表現していた
※その昔しぇいむれすファン倶楽部の会員証だったにこチャンマークの音が鳴るハンマー

そしてプロジェクターにあわせ芸者が楽器を演奏、
想像力を掻き立て心で観るライブ
斬新である

この日は終了後の拍手時以外は
静寂が保たれていた

そして沈黙は博多名物しぇいむれすによって破られるのであった(笑)

1夢のススメ 

2松風忍法帳

3新撰組曲~

4風林火山

5和太鼓忠臣蔵

第七話『打ち合わせ~の巻』

和太鼓奏者菅原殿との打ち合わせなのだ
通常は打ち合わせというと話合いを意味するが
我等は二人とも太鼓打ちなので
これがホントの

打ち合わせ
(´Д`) =3 ハゥー寒いドントぽっちい

その後出演者集まっての打ち合わせ

20畳の部屋にキャスト寿司詰め状態で和気ワイワイと^-^

この時利用した水道橋スタジオノードNODE.gif

店長木村さんをはじめめっちゃ雰囲気いい。

自然とまた行きたくなるスタジオなのだ。

以来松風幕府ご用達スタジオとなるのであった。

第八話『第七回博多どんちゃか~の巻』

2005年1月23日
小雪舞う江戸

第七回博多どんちゃか開催

2005_0124don70043.jpg
友情出演の菅原光朗殿の勇ましい陣太鼓で幕開け

選手入場~全員で開会ソングどんちゃか
2005_0124don70031.jpg

このどん!!ちゃか♪は鳴り子や鈴などの鳴り物を両手に踊る
しぇいむれす流ヨサコイである
マツ○ンサンバを越えたとの評価も戴いている^-^


そして太鼓の音色に合わせてまず現れたのが今大会の司会者の二人 

2005_0124don70033.jpg新地兄貴&北河あをい殿
二人ともテレビや映画で活躍してるとあって初っ端から超ハイテンションで客席を煽っていく

一番手 超強気なメタルバンド 

2005_0124don70032.jpg  ★王様と下僕


二番手、ソロアーチスト最狂

 2005_0124don70034.jpg ★TASKE


三番手、歩く放送禁止用語

2005_0124don70035.jpg  ★骨皮スジ夫
ハジケっぷり健在!!カメラマンまで襲撃!!

バックで犯す!!そのまま突き進んでくれ

 

4番手ジャズ、プログレ サラッとこなすカッコ良さ!!

2005_0124don70036.jpg  ★水木ノア&認知

五番手、極悪極上ロックンロール!!

2005_0124don70037.jpg ★宇都宮ロックスターズ

最前列をジュリ扇を持ったギャルが埋め尽くし
野朗共は雄たけびを上げ始めた
そこでVoのススム氏から一言『野朗の声援はいらねえんだよ』
ロックである(笑)

6番手戦争反対SEX賛成!!愛をテーマに戦うバンド

  2005_0124don70039.jpg ★POCO凸凹バンドJr
新地兄貴行方不明のままポコ凸凹Jr開幕!!
弾けるVoのまゆの横で踊り狂う謎の男性(左)
髪を掴んで走り去るまゆ・・・
そして眩いオツムと共に現れたのは新地兄貴であった

七番手メジャー間近九州男児タクヤ率いる凄腕集団

2005_0124don70041.jpg ★サンズオアクラウド

三年ぶりにみたけど相変わらずのカッコ良さと

進化しつづける意気込み!!オーラが出とるオーラぁ 

八番手オオトリ転じて天下トリ!そして今年の干支はトリ

2005_0124don70042.jpg  ★博多名物しぇいむれす
菅原殿とのコラボによる松風忍法帳和太鼓バージョン、

そして新曲『ちんちろりん♪』

賭けるは遊び心。

さあ、張った!!張った!!


そして
祭の恒例でもあり締めくくりの全バンド選抜選手1名ずつによる七福ソングへ
 2005_0124don70051.jpg

出演者入り交えて大フィーバー!!!

ありがたや~ありがた~や!!

2005_0124don70052.jpg  

祭の最後は元気良く三本ジメ!!
こうして5時間半にも及んだ祭は幕を閉じた(出演陣は実に10時間)

そして
は更に続く
打ち上げである
宴はまで続くのであった
2005_0124don70054.jpg 2005_0124don70055.jpg
司会、新地雅之助&北河あをい殿
個性豊かな出演陣
ご来場いただいたお客様
目黒ライブステーションスタッフ様
はるばる九州より撮影日程述べ54時間ほぼ徹夜で頑張ってくださった
映像プロ集団メディア牧場代表中山殿をはじめご一同様 
まねじゅん 
本当にありがとう!!!!!


第九話『コレがクロコの結婚式~の巻』

なんか変な結婚式だった(俺自体まともな結婚式に出席したこと無いのだが)
趣向が凝らされていて笑えた
二人乗りでちゃりんこで入場してくるし。

客はほぼ全員参加
突如新郎新婦から指名されてステージに上がらされる結婚式なんて見た事ねえ

何をやらされるかというと
『あいうえお作文』


ゆめのしんはこの日限りの対クロコ結婚式用セットリストでライブを贈る 

2005_0130129kuroko0056.jpg 
新郎新婦を舞台に上げてドン♪ちゃかも踊った

2005_0130129kuroko0060.jpg 
なにはともあれ黒衣&ふくちよ結婚おめでとう!!!!
末永くお幸せに!!
2005_0130129kuroko0068.jpg 
補足であるが
新郎:博多名物しぇいむれすクロコ。
最近髪も影も薄くなり結婚して益々顔を見せなくなるとは思うが(笑)

新婦:博多どんちゃかで司会とドンちゃか初の劇団で活躍した北九州人気劇団座長。

第十話『大政奉還前夜・・の巻』

幕府返還が目前である
しかしまだ荷物の梱包も終わっておらず積み込みもまだである

あと二時間でガスが止まり電気もパソコンも使えなくなり
四時間後には大家が明渡しの最終チェックに幕府にやってくる

昨日クロコ結婚式を終えそのまま
荷物を一旦本家に運び夜中に幕府に戻ってから
写真整理やら日記の更新やら江戸幕府探しやらしよったら刻々と時間が・・
どうやらこのまま徹夜の模様

とりあえず昨日のクロコ結婚式の模様と
更新途中の下の日記については江戸に移ってからになりそうである

まだ新しい幕府は決まっておらず
ちゃべ号としばらくは共に暮らす事になりそうである

とりあえずいい加減荷物を整理しないとやばそうなので
この辺で失礼!!!
第十一話『幕府返還!!そして旅立ち・・・の巻』

2004年1月30日
博多での幕府四年の歴史は幕を閉じた

これから江戸に向かい江戸に幕府を開府するのだ

幕府前には荷物が山のように積み上げられていた
そこへ通りかかりの老人二人
『ありゃこんな所に粗大ゴミが置いちゃる』
『ん?こりゃゴミかね?』
粗大ゴミやろ』

非道い言われようである
確かに綺麗ではないが・・・

『しかしようけあるな~』
粗大ゴミこんな所に置いてからに・・』
しかも念を入れて三度も!



カンカンカンカン!!
一部始終を聞いていたゆめのしんは下駄の音高らかに階段降りて行きます
老人はそそくさと立ち去っていきました
ゆめのしんの行動も大人げありませんが
幕府の宝をゴミと呼ばれては無理もありませんね
(内心は日記のネタをありがとうと思っておりましたが)

さてこの山のような粗大ゴミ(笑)
果たしてチャべ号に乗るのかどうか周囲にいたおっちゃん達も不安げに見守ってましたが
流石は引越し屋で馴らした将軍全部積んでしまいました
しかし運転席以外スペースがありません
ん?ちょっと待て・・俺今日からこのスペースで寝泊りすんの?

二月

第一話『サイコロゆめのしんの巻』

2月1日

粗大ゴミに囲まれてサイコロ一つ。

寒さとスペースが無いため寝るときはサイコロ状です

大東京相手に全身サイコロとなりて挑む!!

 賽の目はいかに?

第二話『カタギなんですけど・・の巻』

2月2日

とにかく家無くてもいいからチャベ号の荷物だけでもどうにかしようと
四千円くらいで倉庫でも借りようと思ったら
結構高いのね

一万とかザラでしかも事務手数料で一万円とか平気で取りやがるし
手続きに一週間以上かかるとか抜かす

ようやく敷金礼金無し
保証人もいらない四千円くらいの所みつけたら
『宿無しに貸す倉庫は無い』と来た
保証人がいらない代わりに住所身元がしっかりしている人でないと無理だとさ

やれやれ
そんなら月一万くらいで
アパートでも借りた方が良いじゃねえか!!

と家捜してたら
なんと敷金礼金保証人無しで風呂トイレ付き
六畳二部屋で月21000円
という物件が飛び込んで来た
どういうこったい?
お化けでも出るんかいな?
この際お化け屋敷でもいいや!!
と思って問い合わせてみるとまだ残ってた

しかし管理人やらなきゃならんらしい
月二万なら管理でも掃除でも家政婦でもやったるわい
と詳しい話しを聞きに言ってみると
常に家にいなけりゃならんらしい
出かける時も代理がいなけりゃならんらしい

そりゃ無理な話しでい。
だって生まれた時からじっとしていられない性分だもの。

そんで帰ろうとしたら
みるからに普通でないお兄さんに呼び止められ
『この辺りのチーマーの溜まり場知らない?』
と問われ
『は?』
と聞き返すと
『自分カタギの人?』
と聞かれ勿論
『カタギの人です』
と答える
『この辺りのチーマーの溜まり場知らない?つうかどこ?』
『家無いですよ』
『家無い!?どこから来たの?』
『九州っす』
とか答えると
『ごめん。そりゃわからんよね』と言って妖しいお兄さんは立ち去っていった

チーマー狩り?
新手のスカウト?


しかしカタギに見えないのか?俺
俺って一体…
第三話『Wちゃべ号対面・・の巻』
2月3日生まれながらにして離れ離れになった二人


1500キロの距離を越え
約4800時間ぶりに再会!!
つつましくよりそう二人を幕府記者が激写!!
2005年2月3日 
※実は他人で初対面
第四話『ちゃべ号、仇討ち!!の巻』
2月4日
仕事から帰って来た将軍を待ち受けていたのは
無惨にも倒れたチャベ号の姿であった

勾配が多少ついていたのだが倒れないよう鉄柱に立て掛けてあったし勾配とは
逆方向に倒れてある所をみると自殺ではなく他殺だと推定できます
古畑 

しかも空気漏れしてる事も判明!!
犯人はご丁寧にも
詮を緩めてパンク状態に持ち込んでいる


よくも…我が愛馬を!!
仇討ちじゃ!!
※法律により仇討ちは禁止されております


犯人は…

オマエだ!!

福助『ぎゃあ!!』

第五話『江戸城発見・・・の巻』

2月5日

貸し家ダメ
貸しマンション
貸しアパート
貸し倉庫ダメ
東京なんでもダメダメダメ

やはり車で暮らすしかねえか・・・
しかし居城が無い事には仕事も自炊も時間も安定しない
いつまたちゃべ号をレッカーされるかもしれない
このままでは身体が正方形(サイコロ型)になってしまう(笑)

さてそんな彼のためにか
今便利な世の中になったもんで貸しオフィスなるものがあって
1ヶ月19800円とかで貸してくれるのだ
広さ二畳。
しかしこれは錯覚作戦で聞いた話では出る時30万くらい取られるらしい 
要は先に払うか後に払うかの違いだけである
どちらにせよ
風呂便所無しで二畳で四万払って行くくらいであれば
四万払って二部屋あって風呂便所あるアパート借りた方が良いではないか??

という結論に至る

幕府の調べで
37000円から四万くらいで二部屋あって風呂洗濯機便所付き物件は数件あった
『この物件は先に予約されたお客様がおりまして』
とどれも2番手で先越されてばかり
最初からねえんじゃねえかと思うくらいであった

それでも不屈の闘志で探しようやく有力な幕府候補を見つけた
多少交通の便は悪いが
田舎もんにはゴチャゴチャしてる都心よりも
のんびりした田舎の方がにあっている 

なんだかんだ苦労したがようやくこれにて

hp30.gif  

しかし・・・・
肝心な印鑑がねえ!!
どうやら移転のゴタゴタで行方不明になったらしい

荷物満載のちゃべ号ヒックリ返して探すが無い
仕方ねえから印鑑買いに行く

ようやく印鑑創ったのだが・・・
今度は契約には銀行印でなきゃダメとある
しょうがねえから新しい口座開設!!!

しかし!!
『お客様?・・・お住まいはどちらでございますか?』
と引きつった顔で質問する受付嬢に
です!!』
と答えると
『申し訳ございませんが住所の無い方には・・・』
『いや・・だから口座が無いとその住所が出来ないんだってばよ!!
俺だって早く住所欲しいんやけん』

しかし銀行ねえちゃんはヒキツリ笑いのまま
『申し訳ございません。身元の証明できない方には・・・』

数件いって全部同じ答え。
う~む。ダメだこりゃ・・
と思ってたら不動産屋から一本の電話

行ってみると話しのわかる不動産屋で
かなり融通して貰っていよいよ運命の審査
保障会社の審査に通らないと借りる事は出来ないのである

結果は・・・・不合格
やはり身元不明と現在派遣社員で収入もハッキリしないのがネック。
『住む所が決まればもっと良い所に入ってバンバン稼ぎまっせ!!』
熱演したが
『いや・・逆にお勤め先がハッキリしない方には貸せないんですよ』
どうやら我が派遣会社が保障会社からの確認の電話に応答してくれなかったらしい

やはりダメであったか・・・
と思ってたら
『もうひとつ多少審査が甘い保障会社がありますので』
p2.gif もう!早く言ってくださいよ!!!
という事でこちらは楽々合格
苦節の末いよいよ晴れて江戸に幕府が誕生する事になった

 

第六話『江戸城入城・・・・の巻』

2月6日

夜勤を終え不動産屋に直行

ここ数日
ずっとまともに寝て無い上に寝る時はサイコロ状(笑) 
幕府誕生に慶ぶゆめのしんに疲れなど無かった

幕府入城の瞬間は感動であった
昭和40年代の古いアパートであるが
中は総畳で幕府にはピッタリである
感動に浸る時間もあまり無くこの日は遠方での仕事だったために
急いで荷物を中に運び込み幕府を後にした


この日の夜勤
休憩の時に仮眠
目覚めて歩こうとするとあんよ(足)が

ヨガみたいに奇妙な方向に曲がっているではないか!!
『おりょりょりょ…』
一瞬折れたかと思ったがなんとか折れる寸前に体制を治した。

をやったみたいである
しかし帰るわけにも休むわけにもいかず勤務続行。
原因は不明である

疲労骨折というものもあるらしいが
このまま行くとヤバイな(笑)
しかしまだまだやる事山積みなのだ

第七話『宿無し道連れ・・・の巻』
2月7日

資金が全然足りないので親族にごやっかいになった
ご迷惑をおかけします!!

住所が出来れば高額バイトも可能になり月収30万も可能なのだ
活動枠も広がる
この軍資金、近々倍にして返しますゆえに今後お見守り下され
有難くお借りします

幕府は見つかったが
ちゃべ号の城(駐車場)が無かった

これをクリアしないとなんら問題は解決しないのである
結局路上に放置するわけにも行かないので運転手として乗っておかねばならず
寝るのはちゃべ号の中であった

でも荷物が無くなったのでサイコロからくの字に進化!!

ちなみに荷台はちゃりチャべが占拠している
彼にもようやく基地が出来た
早くカーちゃべ号にも家をみつけてあげねば我に安息は訪れない

第八話『江戸の民、入国届け・・の巻』

2月8日

1月に博多を脱藩した将軍は宙ぶらりん
藩に身寄りがなければ職も困難である

身分証明も待たない事になり何をするにも不便
つうかほとんどなんにも出来ない
ちゃべ号の家も借りてあげれない
幕府が見つかったのは奇跡である

某引越し屋の面接に行った
『凄い感じがいいんで合格なんだけど住所が無いので届け出したらいつでもいいよ』

ということで奉行所に入国届けを提出
ついに江戸市民となった
無論は九州男児
そして博多名物は不滅!!!!



第九話『大江戸軍艦マーチ・・の巻』
時給1450円の仕事の面接にいった
職種はあの名曲『軍艦マーチ』の流れるお店といえばお分かりだろう
ヤマト 
結構厳しい会社で髪染めなど厳禁で身だしなみにも厳しいようだ
しかし服もない将軍は
男の正装ともいうべくスタイルで今日も行くのであった

作業着に現場ズボンを履いて現れたゆめのしんを最初見た時の皆様の顔は
あきらかに
『アンタ、面接受ける会社違・い・ますから~
残念!!!

といいたげな顔であった

試験管に別室に通され面接が始まった
履歴書の写真を見て
『怖いな』
気合い入ってんね~』
『ヤバイ人じゃ無いよね』
などと勝手なことを言われながらも
面接を続けていくうちにもの凄く気に入って戴き
『すげえシッカリした人だねえ。声も良く通るし。よし!!採用~!!!!』
となった

ちなみに履歴書の内容を抜粋すると
好きな分野、学科
音楽

サムライ
ニッポン
武士道

趣味に横線を引き本気(本気でやってるので)と書き換え
殺陣
和太鼓



職種紹介の所に
H6~H13 七年間線路をせっせと耕す
H14年 犬のさんぽから引越しまでアナタの町の便利屋にて活躍
H15~現在派遣会社で引越し、配送、現場などで活躍中!!

試験官は上の二つの欄もさることながら
『せっせと耕す』『活躍中!!』がツボにはまったらしく連呼していた
『面白いけど字が汚いんで書き直させて貰うね』
と言われてしまった
こんなんでよく合格したもんだ(笑) 

第十話『進軍開始!!の巻』

2月10日チャベ号にも居城が出来た
話しのわかる不動産屋で半額にしてくれた
更に通常だと契約一週間後からの使用なのだが
『駐車場が無いんで放置しとくと奉行所にしょっぴかれるんで車で寝泊まりしよるんですよ』
と事情を話すと
『ありゃま(´Д`)それじゃ今日から停めてよか』
という事になった

ここ二週間
睡眠は平均三時間
その間
睡眠形態はサイコロ型かくの字型

仕事と幕府創世を両立してようやく幕府創設!!
そして天下盗りに向けて発進!!!


今日からはようやく平らになって眠れる(笑)
2005年2月10日 
※写真は幕府江戸城に入城して将軍の心境をしたためた書き初めである

(油性マジックによるなぞり書きである事を付け加えておく)

第十一話『奥深っ!!いらっしゃいませの巻き
めでたくパチンコ屋の面接に合格し採用が決まったゆめのしん

パチンコ屋というと
裏のあるイメージがあるがこのグループは今までのイメージを一新し
関東で好評を得て伸びて来ている

従ってマナーや姿勢
従来のパチンコ屋より遥かに厳しく
入社の前に研修まで設けている

社内研修で外部から
礼儀作法やマナーの講師まで呼んで来る徹底ぶりにはビックりであった
この日の研修受講者は五人 。
面接合格しただけあって一癖ありそうな輩だ

まずは礼儀やマナー。
ゆめのしんの格好はドカちんズボンに作業着。
男の正装です!!
挨拶の発声練習もあるでよ。

他の四人の声を掻き消さんばかりにゆめのしんの声が室内に響く
『あなたの声しか聞こえないんだけど』
・・と講師が言う

まさに
夢ボイスまかり通る!!
何度やっても結果は同じであった

しかし
『あなたのいらっしゃいませはパチンコ屋と言うより魚やさんや八百屋さんに近いわね(^_^)
声が大きくて通るから余計目立つわ』

文字では表現しづらいが
一流ホテルなどで使われる落ち着いた感じ
『いらっしゃいませ』
が求められているようである
ゆめのしんの
『いらっしゃいませ』は
下町風というか商店街風なのである
maturi.gif 
『ラーメン屋や居酒屋の暖簾をくぐったみたいだわ』とも言われた
う~む
いらっしゃいませ
にも色々あるんだなあ
勉強になるぜ!!!

第十二話『イイ国創ろう!!の巻』
fuku.zuga.jpg 時代は変わりつつある
大企業といえどいつ潰れるかはわからない

メシを食べに行ったとしよう
味は超一流である
しかし店員は無愛想、無言で品物を持って来る
せっかくの料理が台なし。

逆に味は普通でも
『大変お待たせしました。ごゆっくりどうぞ』
と笑顔で言ってくれる店の方が『また来ようかな』と思うわけだ 

引越し
パチンコ
今まで接客には
力を入れてこなかった業務であるが
ここに来て急激に情勢が変わりつつある

身嗜みをシッカリ、笑顔で対応当たり前
横柄な店員のいる店には
いかない
頼まない
という時代に変わりつつあるのだ

マクドナルドなどの
ファーストフードは接客が徹底しているが
コンビニ  ダイ○- 吉○家系など全国に普及しながらも
接客にそれほど力を入れていない店は沢山ある
今のままだと足元掬われる日が来る 

さて日本は今後どう動くかのう 
変えていかねばならぬ
何かが歪みつつある今の
日本を!!!

第十四話『アリンコ軍艦マーチ・・の巻』

試行錯誤した後に
月水金は軍艦マーチ
火木土日は引越し屋となった
akako05.gif 
両社ともかなり厳しいが
緊張感を持つ事は良い事だ
朝4時半に起きて
将軍手づくり弁当をつめて 出陣。

勤務を終えて会社に戻ると21時
行きと帰りの電車の中がメール返信タイム。

幕府に帰り炊事事洗濯を済ませ飯を喰うと大体深夜0時

目覚まし三段構え
セットして一日が終わる 
 
月水金の軍艦マーチは
8時から17時で近所なもんで6時半起きで大丈夫。
幾分余裕があるが終わったら稽古
帰りに銭湯によって 帰ると23時過ぎ

自由時間は2時までの
二時間弱
この時間はむろん博多名物しぇいむれすに宛てられる
引越しはこれからシーズンに入るので深夜に終わる事も増えるであろう

出来るだけ
睡眠と食事には気をつけようと
思ふ


第十五話『江戸集中攻略・・の巻』

とりあえず江戸攻めに集中だ

全国のみんな!!

俺を信じて待ってておくれ!!

 

第十六話『50円で健康に・・・の巻』

幕府にはまだガスが通って無い

お湯は出ないので風呂に入れないし
米は炊けてもおかずは作れない

レンジでチン出来る物か
何もしなくて良い物になる

しかし食の大多数がお湯か火を必要とする
『ど、ど、ド、ドラえもん!!
お湯と火を使わなくて健康も維持出来て安い食べ物が欲しいよ~』


そんなリスナーの期待に応えうる食材はちゃんと存在する
火を使わずしてお手軽で健康な食べ物
それは
20060709083144.jpg 納豆 &タマゴ

しかも二つ合わせて一食50円未満
食すのに3分足らず!!
無論仕事の昼食時も持参(タマゴは危険なので持参しない)
だから3食ほぼこのメニューである  

バランスを考え
バナナ&イリコ 
(こちらも栄養、値段どちらも申し分無い』 

風呂は火木土は台所で真水で整髪、
月水金は銭湯(おとな380円!!

そして水!!!
首都圏では非常に貴重なブツである
江戸は水道水で米を炊くと非常に臭い!
なんだか危険なにほひがする。

普通に買うと結構な支出であるが
江戸では4リッター無料で配給してる店がある

米は九州を発つ際に本家に大量に拝領してのでタダ!!
おかげさまで毎日健全な食にありつけている^-^ 

父上母上に感謝!!!!
 

 
第十七話『毎日がお勉強です・・・の巻』
毎日が覚える事だらけ 
直属となれば作業内容もより濃いモノとなる

DQ躍る宝石 引越しは時々お宝が!!!
祝儀
お茶
お弁当
中にはお酒までくれるお客さんもいる(笑)
パチンコ屋の方は和気アイアイとしていて
笑顔を絶やさない環境創りに社員一人一人が心がけている
店長が朝礼でギャグを言ったりする
シメる所はちゃんとシメるのでだらける事はない

どちらも共通してるのが
ゆめのしんのあだ名
『ビーバップ浩司クン』
『コウジマトバ』
そして何故か挨拶は 
live1.jpg『お疲れ様です』

z9.jpg 『押忍!!』
挨拶が違うやんけ!!!


そして
笑顔

どんな時でも笑顔

パチンコ屋なんて笑顔の練習さえあったほどだ
2005年2月27日 

さて写真のゆめのしんの笑顔にアナタハ何点つける?
三月
第一話『武士の魂・・・の巻』
武士の魂は刀
将軍ゆめのしんの魂は無論ライブ用具一式である
江戸上洛の際、とりあえず生活必需品のみで後は本家。

が決まり
ちゃべ号のも決まり
も新たに決まった
肝心なものが揃っていなかったのである

入社したばかりでいきなり休暇を取り
≪魂達≫を迎えに往くのであった

待っておれ!!!
第二話『雪の送迎カイ?の巻』
江戸を経つ日
関東では異例の大雪の日となり
雪が積もる前になんとしても関東を脱出する必要があった

昼間は非常に良い天気
仕事中誰もが『本当に今日雪降るのか?」
と疑っていた

だが日暮れとともに寒気が強まり
木枯らしと共に雪がちらつき始めた
仕事を終えてバタバタと身支度を整え江戸城を後にした

思ったより順調に関東を抜け駿河の国(静岡)に入った
猛烈に眠かったので一刻(二時間)ほど休息を取る

目がさめるとチャべ号はに包まれていた
ふくすけ『上様、いかが致しましょう』
ゆめのしん『波動砲とワイパー同時可動じゃ!!!』 

ヤマト 

全長1500キロ
時間にして30時間を越える長い長い旅路
5日早朝、長州に差し掛かかった所で吹雪に見舞われた
九州も政府から大雪警報が発令されていた

雪に見送られ江戸を発ち
雪に出迎えられての九州着陣。

第三話『侍とは・・の巻』  

taku.jpg 真★ギター侍卓左衛門。

彼は高校教師でありながらギターヒーローである
教師になる前はLAで単身武者修業。
とかなり非凡な輩だ

ゆえに彼も超ハードスケジュール
年末に彼の僅かな休暇にニンニンと夢のススメにを注入して貰い
今回は逆忠臣蔵に魂が吹き込まれた


博多名物しぇいむれすの楽曲は
ゆめのしんの思うがまま風が吹くが如く生み出しているので
テンポチェンジや突然の場面展開がザラにある

タイミングを合わせるのは神業に等しい
レコーディングは熾烈を極めた 

でも卓左衛門はやる
どんな強敵にも背を向けない
彼こそ『真のギター侍』
第四話『博多忍者ただいま参上!!の巻』
君はもうニンニンしたか?
まだしてない??

馬鹿モン!!!
こんな素敵な舞いは二つとないぞ
近い将来世界はニンニンで繋がるであろう

九州滞在最終日8日
松風忍法帳プロモの撮影が行われた

MSF中山 撮影編集は中山隊長率いるメディア牧場だ
誰にも知られる事なく密かに撮影予定だったのだが
どういうわけか通行人は振り返り立ち止まる
おかしいのう
何がいけないんだろう?

1:ゆめのしんの忍者の格好
2:天神駅前でゲリラ撮影
3:交差点のど真ん中で替えし
4:街路樹から街灯によじ登って見渡す様を撮影
5:天神地下街で疾風のように走り去る
6:待ち合わせ中の女子を捕まえて一緒にニンニン
7:待ち合わせの女子に蜘蛛の巣地獄
8:博多の大動脈≪渡辺通り≫で車を縫うように競争
9:横断歩道をニンニンしながら横断
10:唐津城天守郭でふくすけと語らう
11:唐津の浜辺でアーミー対ゆめのしん
12:一見なんの変哲もありすぎるメディア牧場の方々

結論
タダでさえ目立つのにこんな事すれば誰でも振り向いて立ち止まるわい
この日は彼方此方でニンニンが見られたのであった
ninja05.gif 
君はもうニンニンしたか?
第五話『楽ありゃ苦もあるさの巻』

九州に戻り 太鼓や刀
ついでにフクスケも積み込んで
ようやく魂が戻って来た
レコーディングもロケも無事完了。 

休暇とは名ばかりであったが沢山の宝を得て
意気揚々と江戸に引き上げるゆめのしん
最高の気分であった

博多をでて豊前の国を抜け 
長州(山口) 安芸(広島)を通過

備前(岡山)に差し掛かった
再び睡魔が襲って来た
コンビニが目に止まる
一瞬休憩がよぎるが道程は長い。そのまま進軍

トンネルに差し掛かった時である
激しいクラクションに我に返ると目の前に車のテールが迫っていた
キキキ~
ガッシャン!!!
慌てて急ブレーキを踏むが間に合わずちゃべ号はクラッシュ!!

どうやらトンネルに入った瞬間夢の中へ飛んでしまったようだ
そしてハンドルに倒れ込む
つまり自分でクラクションを鳴らしているのである
その音にビックリして我に返る

あとは前文を読んでの通りだが  
急ぐ気持ちにあえてブレーキをかけ慎重に休憩をとりながら進軍すべきであった  

警察の事故検証が終わりあとは双方の話合いとなった
動くには動くがマフラーがめり込んでいるためタイヤが摩擦して危険な状態だ

本来であればレッカーや台車の手配をするべきなのだが
恥ずかしながら肝心の銭が無い
相手車を走れる状態まで直すしかない

幸い今回はタイヤのジャッキアップと
めり込んで千切れかけたマフラーを千切る
外れかけたバンパーを紐で縛る
という軽作業で済んだ

なんとか応急処置を済ませ走れる状態になったので後は
地元の修理屋に任せ保険屋を通し示談で話はついた

さて今度はちゃべ号である
前は凹んで色男?になって男っぷりが上がっている
バンパーが事故の歪みで開かないがなんとかこじ開けた

歪みはラジエターまで達している
更にはラジエターがエンジンのファンベルトに喰い込んで
時折妙な音を発していた
手で出来る限りの歪みを補正。
事故のショックでラジエターの水が漏ったらしく液体の跡があったので
ラジエターに水を補給して出陣

みかけは悪いが走れれば問題は無い
事故から二時間半後
ようやく江戸に向けて走りだす。

一件落着のように思えたが被害は更に広がって行くのであった

つづく
第六話『責任重大の巻』
前の車にクラッシュしたゆめのしん

事故処理も終わり
示談も成立し
再びチャベ号に乗り江戸に進軍する

しかし
僅か数キロ進んだ所で煙がモクモク
どうやら事故のショックでラジエーターが大きく破損し
冷却水が行き届かずエンジンが暖まるとオーバーヒート
チャベ号は僅か三分
数キロしか走れぬウルトラマン並の働きしか出来ない身体になってしまったのだ
幸い飲料用のペットボトルを2リッター×5本持っていたので
水を補給してなんとか付近の整備工場目指して走る
備えあれば憂いなしとはこの事だ
チャベ号はまたたくまに水を飲み干す
仕方無く民家に駆け込む
親切な方で水だけでなく近所の整備工場まで教えてくれた
地獄に仏とはまさにこの事


帰宅ラッシュの備前岡山の皆様方に迷惑をかけながらも
チャべ号をなんとか整備工場へ。
ホッと胸を撫で下ろしたのだが更に絶望の淵に追いやられる
『ラジエターホースが根元から折れてますし
ラジエターがファンベルトに喰いこんでます。更にフロントの歪みも酷い。
ハッキリ言ってお手上ですね』

なんとも簡単にお手上げp2.gif されてしまった
閉店間際だから無理も無い
せめてホースだけでも応急処置してもらえれば少しはまともに走れるのだが・・
仕方が無いので折れたホースを出来るだけ水が漏れないよう
縄で縛って固定。

・まともに修理するとン十万かかる
・この状態で進軍するのは事故りに行くも同然 
・放置するわけにも行かぬ
・代車、レッカー移動は莫大な金がかかる 

このままでは備前岡山で壊れたチャべ号と案山子状態。
江戸に戻るのは絶望的、九州へ帰るしか無い。
地元の行き着けの工場であれば多少の融通は利く。
そして長期間無料で車を貸してくれる唯一の光
親父殿である 
すでに19:00
タイムリミットは夜が明けるまで。
過労で事故ったのに更に過酷な耐久激レース。

事故責任ならぬ自己責任だ

第七話『350キロウルトラ耐久レース・・の巻』

普通に走ってもキツイ距離。
やっかいな事にちゃべ号は距離にして5キロ
時間にして三分ほどで煙を上げてオーバーヒートしてしまう

つまり5キロ三分毎に車を停めラジエターに水を補給せねばならない

夜中では民家に水を貰うのは難しい
コンビニ か スタンド
ペットボトルを大量に抱えて来店するゆめのしんを見て店員はぎょっとする
快く水をくれる店もあれば露骨に嫌な顔をする店もある
後者の対応が正しいと思う

しかし前者のような対応が
なんとも有難くもう一踏ん張り頑張らねばという気持ちにしてくれた

何度ちゃべ号に水を補給しただろう・・・
何度ショップに水乞いをしにいったであろう

夜があける頃
ようやく長州(山口)西部までたどり着いた
あと一息だ
ところがここに来て更に事件が起こる
3月は道路公団が通勤ラッシュに道路工事。
更には高速道路が事故で通行止め、 
上を走る車が下に降りてきて長州は未曾有の大渋滞となった

まったく動かないのである

よっぽどどこかで眠ろうかと思ったが 
代わりの車に乗って来てくれる親父殿の事を考えると
とても眠ってる場合では無かった

太陽も高く昇った12時
ようやく九州へとたどりつけた
こんなにも九州を遠く感じたのははじめてだ

しかし感動に浸ってる時間は無い
九州から江戸まで1500キロ
時間はすでに荷物を全部積み替えるとすでに13:00を回っていた 

翌朝出勤には間に合わないので職場に時間変更して貰い
昼までにはなんとしても帰らなければならない 。

タイムリミットは21時間 肉体的にも限界が近い


また事故ってはアホの極みなので
途中休みながら各地で集中渋滞に巻き込まれつつ
11:00
なんとか幕府にたどりつきそのまま職場へ
最高に眠かったがなんとか仕事をこなした 


今回乗り越える事が出来たのは本当に
周囲のご理解と協力があったからこそである
事故った相手の方 
予定変更で迷惑かけた菅原殿
職場の皆様
いつもながら多大な迷惑かけた親父殿

そして道中迷惑かけた皆様 

この場を借りて迷惑をかけたすべての人に
深くお詫びと御礼を申し上げます

本当にごめんなさい

第八話『松風温泉開通の巻』

効能
垢すり
暖効果

成分

水道水


幕府にやっとガスが開通
ということで
自宅で風呂に入れるようになった
松風温泉開店である

しかし身体を洗う場所は 身体一つ分しか無いので
亀のようになって身体を洗わなければ行けないし
かなり古いガス窯湯沸かし機なので湯が沸くのに一時間近くかかる。

そんで初風呂に入ったは いいが湯沸かし口にたまってた苔が沢山出て
みたくなった

ん~風流…

いや天然バスクリンと思えば・・・


なわけね~だろ!!

ともあれ都内で風呂付き2DKで日当たり良好で四万五千円!!
苦労してみつけただけあって掘り出しもんでっせ!!

第九話『都心に響く快音・・の巻』
あの名曲『大和』が生まれ変わって戻ってくる
菅原殿とゆめのしんの共演で

14日
ゆめのしんが事故ったため10日に行われるはずであったリハの振り替え練習が行われる
これが正真正銘一度めのリハになる
僅か二時間という限られた時間の中で
二人の知恵と経験と魂で
『大和』はその名に相応しい曲へと変貌を遂げて行く

二つの大和魂の共鳴が生み出す響きをとくと味わうがよい


第十話『チキンラーメン丼・・の巻』
すぐ美味しい
すごく美味しい

ゆめのしんのお弁当^-^

チキンラーメンにご飯  

ここで読者の脳裏に浮かんだ疑問
お湯どうすんの?
入れモンどうすんの?

パチンコ屋はまるで問題無い 
休憩室にポットもレンジもある

問題は引越し屋 
移動しながらの食事がほとんどだ
運転中は非常に危険

そこで登場するのが保冷保温タッパ 。
最初はカップラーメンの空き容器を使ってたが 
運転中は飛んだり跳ねたりデンジャー。

タッパだと蓋がシッカリ出来るのでまるで問題無い
お湯はコンビニで貰って来る

そんで
麺だけズッポリとってご飯に載せる
だからチキンラーメン丼
イリコ に味噌もミックス
かいわれも時々入れる
栄養満点100円未満。
汁は蓋して後で飲む
実に合法的だ

『流石はゆめのしん殿、期待を裏切りませんな』
『毎日喰ってんな』
『うお!?』
『なんじゃそりゃあ~』
『頭いい』
などなど第一声は様々

この超クイックメニューで江戸攻めのパワー補給だ
早い 美味い 安い
吉野家の比じゃねえぜ^
第十一話『東京湾に二迅の風の巻』
リハーサルもう一度やる事にした

しかし
菅原殿は各地を飛び回ってる
ゆめのしんも引っ越し屋は春がシーズンのため
深夜にしか幕府に戻れぬ

リハをやるとすれば真夜中・・・という事になるのだが
深夜に練習出来る場所はナカナカ無く
しかも都内のスタジオは
駐車場代だの スタジオ代だの高くつく

それならば
東京湾でやっちゃいましょう!!

という菅原殿のアイデアで
東京湾でやる事になった
奇遇にもそこは四年前初めて東京進出した頃の寝床でもあり
練習や筋トレをしていた場所であった
プロモの撮影やドカチン現場事件※松風物語参照
もここである
日ごろの行いからか?
幸い取り締まりやパトロールにも引っかからず
真夜中
大型トラックがしきりに行きかう東京湾で
夜が明けるまで打ち合わせが繰り広げられた
2005 317 
あと数時間後には会場入り時間
眠さと疲れで充血していたが
二人の目はそれよりも闘志に満ちていたのであった
第十二話『W大和魂・・の巻』
3月18日
エンターテイナ楽団を集めたエンタメ祭が 
渋谷エイジアPで開催された
エンタメ系とは
観て 聴いて
客席まで一体化出来得るバンドである


エイジアでは
このエンタメを集めて春から夏にかけて
一大イベントを開催を予定している
参加バンドから一曲ずつ
エントリーされたオムニバスが七月にリリースされ
更にはプロモーションとしてラジオやテレビ
街頭Liveなどが予定されている
2005 318 

写真は3月18日参戦者の方々での記念写真

個性豊かなメンツである

博多名物しぇいむれすは
これに対し
菅原殿との共演で応戦

名曲
『大和』のW和太鼓バージョンや
新曲
戦国大河浪漫シリーズ
第三弾『三矢の教え』を
ごひろうした

雨、晴れ、寒風と天候変化の激しい日であったが楽しい宴であったo(^-^)o

第十三話『星のメッセージ・・の巻』
春は引っ越しのシーズン
そしてゆめのしんの夢は
年中シーズン!!
眠くても
仕事が始まれば元気よく


普段と変わらぬ平和な一日のはずだった
新築引っ越し最中
お客さんが観ていたTVブラウン菅から飛び込んで来たのは
『九州大地震』

TVからは我が郷土の悲惨な状況が
報じられていた

一瞬目の前が真っ暗になった
皆どうなった?

仕事中は仕事中 
お客さんに迷惑をかける訳にはいかない

とにかく仕事を終わらせ
本家に電話

無事であった

幸い周囲の皆に怪我など
大きな被害は無かったようだ

九州に地震が来るなんて誰が予想したであろう
中越地震もそうだ
去年は災害の当たり年。
地球を我が者顔で汚す
星からのメッセージ・・・?

第十四話『日本人のエネル源の巻』
子供が出来たなら自分の事をなんと呼ばせる?
一、パパ、ママ
二、父上、母上

敵と闘う時の装備は?
一、銃
二、刀


おでかけだ
さあ履物は何?
一、下駄
二、靴

愛すべき乗り物
一、車
二、馬


困っている所を助けて貰った
御礼を言わなければ…
一、さんきゅ~^0^
二、かたじけない!!

都と言えば?
一、ニューヨーク
二、パリ
三、京都


男に生まれて見る夢は?
一、一富士二鷹
二、アメリカンドリーム
三、天下盗り


朝食
一、クロワッサンにコーヒー
二、ごはんに味噌汁


そう味噌汁!!
味噌汁を飲まなきゃ始まらない!!

千昌夫を味噌汁を飲めと歌ってるし
天才バカボンのパパも諸君味噌汁を飲もうと演説してる


ゆめのしんも毎日欠かさず味噌汁を飲んでいる
弁当と一緒に持参して。

無論汁のままでは無くタッパ内に固体として持参し
コンビニ等でお湯を戴いて飲む

チキンラーメンは卒業した(笑)
具は
イリコ
納豆
高野豆腐
かいわれ 

引越しの時は車内で走行中に食べるので
車内に湯気と匂いが充満し納豆臭くなるのだ 。
『納豆くせえ~~~~』
という声が聴こえなくも無いので極力他のもんが買出しに行ってる最中に
一気呑み(火傷注意) 

味噌汁は日本人のエネル源だ
ごはんに味噌汁!!
古より日本の朝食として伝来されてきたのは伊達じゃない

ちなみに上の問答で日本人に当てはまる項目が七つ以上あった方
君こそサムライだ(笑)


第十五話『1500日の旅の果てに』
2005年3月27日浜松ライブ
2000年末から始った巡業の終着。
開場してみると恥団浜松支部恥っ娘隊長悠未ただ一人
『俺の四年間はなんだったのだ・・・』という想いが一瞬よぎった
だがそこは伊達に四年も修羅場をくぐってるわけではない
『これもまた一興、見事終えてみせる』
と思いなおし
いよいよ開演!!!
すると扉が開きゾロゾロと仲間やお客さんが・・・
味な演出をしてくれる^-^
こうして巡業最後に華咲かせて終える事が出来た

仲良しの花魁、ぞっこんブラザーズや青池劇団に別れを告げ
江戸に向けて旅立つ

1500日の旅の果てに得たもの
語り尽くせぬ大量の思い出
そしてかけがえの無い出会い

興奮覚めやらぬまま江戸にちゃべ号代理を走らせるゆめのしんであった


さてさて波乱波乱ド氣努希の江戸上洛!!
城を手に入れて、いよいよ江戸攻め開始!!
とその時、
八べえ 親分てえへんだ、てえへんだ~~~!!
弥七 どうした!!!!ハチ
とキャラ違いのぼけツッコミもさておき一体何が起こった?!

総合目次へ戻る

愛と夢を秤にかけりゃ

松風幕府江戸上洛二〇〇五

巻きの二、愛と夢を秤にかけりゃ

アニメ夢 作画:爆裂破壊僧 暴

4月

第一話『疾風怒涛の如くの巻』

4日5日

上杉謙信 

引越し出張で越後へ

助手席にゆめナビ搭載。

『ここからだと常磐磐越道が最短ですな』

と地図片手に運転手に最短ルートを提示。

万が一に備え会社にメールで近況を逐一報告しなければならない。

普通に報告するのではが無い。

サービス精神満載な夢之進クンは

『只今、早馬の如く進軍!!』

『ただいま常磐磐越道、疾風怒涛の如く進軍中!!』

と逐一、サムライメールで報告

大変なことになっているとも知らず・・・・

うわあ~~~~~これが越前かあ

そこは都会の喧騒など忘れる緩やかな時が流れていました。

何より空気が美味しい

 

初越前をタップリ満喫して仕事を終え会社に帰り着くと

『馬鹿モン!!!オマエ達は何をやってるんだ!!!』

若頭の怒鳴り声でお出迎え。

あのメールは本社にも届くんだぞ!!!!』

そうなのです。ゆめのしん君のサムライメールは本社に自動送信されており

我が支店は大目玉。おまけに

『しかも!!!なんで常磐磐越道を選んだんだ。普通は関越道だろ!!』

そう優秀な夢ナビが選んだルートは二倍近く距離があったらしく時間も高速代も大損害。

この一件で益々ゆめのしん君の時代錯誤なサムライぶりが広まり

『疾風怒涛の如く』は暫しの間、社内流行語になるのであった。

 

第二話『九州大地震の巻

引越し先でテレビの接続が終わりスイッチを入れて

チェック

するととんでもないニュースが飛び込んできた

『九州で大地震!!』

なに!!

『おまえ、実家に電話しろ!!』

仲間の気遣いで本家に電話。

幸いみんな無事であったが

各地で相当な揺れがあったみたいで大きな爪跡を残した

くそ・・・・・故郷のピンチに帰ることも出来ん

 

一日も早い復興を心より祈ってます

 

第三話『孫の顔がみたい・・の巻』

4月21日

故郷九州で留守居中の松風忍軍

2004_0516imai0089.jpgこゆめハンゾウ&こゆめ

に子供が産まれた。

ごく稀なケースでペットショップでも繁殖する事は無いとの事。

やはり九州の美味しい空気と緑は新たな生命を宿すに相応しいのじゃのう

これで孫が出来た

早く顔を拝みたいのう

 

第四話『強烈な春・・・の巻』

4月22日渋谷エイジアP

超刺激エンターテイメントRED

1sigekired.jpg  

オムニバスCDレコ発イベント

この日のイベントは

びゅーちふるず

ピンクレモネード

といった超エンタメ系なバンドが勢ぞろい

 

俺達のプロモがタワレコや

渋谷のデッカイ液晶テレビでも流れるぜ!!

今から席ば予約しとかな(笑)

 

5月

第一話『熱いぜ!!九州男児!!・・の巻』
五月半ば
暦の上では初夏
なのに江戸では20度以下の三月下旬並の気温が続く
過ごしやすくて良いのだが。

将軍の体内はそんな気温に反発してか突如三十九度まで跳ね上がった
やはり九州男児はこれくらい熱くなきゃね
っておい
それじゃあ九州通り越して赤道直下の気温ではないか

薬は高いし病院はもっと高い(要するに無保険なのよ)
んじゃ気合いだ!!
って事で水を1リッター(でかコップ三杯)一気のみして布団に潜り込む

出る出る
汗が。
二時間置きに起きて定期的にシャツとか着替える
目覚ましかけなくても勝手に目覚める
天然全身サウナだ
いや人力サウナ?
どちらでもよいが。

そんでこんだけ汗かくくせにクガ震える
悪寒が凄いのだ
ジャージ着てジャンバー着てモコモコになって布団に潜り込む
エクソシストにとりつかれたようになってるがやがて落ち着いてコテっと眠る
(寝付きの良い子で本当に良かった)


また起きて水飲んで着替えて寝て・・・
の繰り返し。いつぞやのちゃべ号※もさぞ辛かったであろう

第二話『飛び出せ!九州男児!!・・・の巻』
夜が明けた
さあ今日もお仕事頑張るぞ!!!
ガバっと起きた将軍は朝メシ食べに台所へ歩き出す
ところが・・・
『およよ??真っ直ぐ歩けぬ・・』
『う~む節節が痛いぞ?』(全身痛くてどこが痛いかわからん)
『目頭が重い』
『アタマもいたひ』
『息苦しい』

気合いで勝てる相手では無かったようです
さあ目の前には究極の二択が迫っていました
『お仕事どうしよう』

『とりあえずメシを喰らわぬ事には戦も出来ぬ』
カレー(盆)を食べます
しかし
『味がわからぬ・・・しかももうお腹一杯。』
そんな・・・一食一合の将軍様がわずか半分で・・・(それでも半分食ったんかい!!)


とりあえず寝ころがる
刻々と時計は刻まれ出陣時刻まで後十分・・
ガバっと起きた将軍は残る半分を平らげまた仰向けになりました
どうやら時間ギリギリまで体力温存という手段のようです(あわよくば治るかもと言う甘い計算もみられる)

出発時間になりました
やはり改善はみられませんでした
それでも昨晩ほどの火照りは無いので将軍療法も多少は効き目があったといえます
『ええいままよ!!出陣!!
バタン!!

『ってジャージで行ってどうするジャージで。着替えなければ』
2分後
『よし!!出陣!!』
バタン!!

『ってチャリのがねえと走って行ける距離ではないぞ』
鍵どこ?鍵!!
どこにあるんじゃ~!!!!!
探してる暇はない。予備鍵じゃぁ
バタン!!

『やけに軽いと思ったら入ってねえではないか』
買ったら高いよ水。
バタン!!

こんな事やってたらとっても遅刻な刻限になってしまいました
『エッさホイサ!エッさホイサ!まったく病人にこんな事さすなよ』←悪いの誰でしょう
現場に着きました
今日はパチンコ屋さんの日です。中から鍵を開けてもらわないと入れません

ガンガンガン!!
開けてください
開けてください

偶然扉付近に人がいたので開けてもらえました
時計を見て『朝礼間に合いますか?』
と言われ『頑張りまする』
と駆け足!!
しかし階段が駆け上がれない・・・

それでも急いで駆け上がって(るつもり)
なんとか朝礼に間に合った

なんと一名欠員だった
もし将軍が休んでいれば二名欠員となってる所である

『うむ、来て良かった』
と改めて想う
強制送還される恐れがあるので体調の事は告げずにしておいた


身体が重くて走れない
情けない事ではあるが熱と節々の痛みと頭痛で重力は通常の二倍に感じられた
それでも通常とほぼ変わらぬ働きを心掛けた
出て来た以上それが義務。

15分休憩時
通常であれば山盛りご飯を喰うのだが流石に横にならずにはいられなかった

メシ休憩1時間前
この時点で『いつもと軽やかさが違う!!』と鋭い同僚に悟られていた
昼メシは食わねば治るものも治らぬと無理やり流し込む

鋭い同僚から薬の摂取をススメられノーシンを戴く
このおかげで頭痛と寒気は和らいだ

帰って体温計で熱を測ってみると38度四分
そして夜が更けて行くにつれまた将軍の体温は上昇するのであった

第三話『足出せ!!九州男児!!・・・の巻』
チャベ号(チャリ版)は不死鳥のように復活したかのように見えた
あくる日に音をたてて崩れた
今度の破損箇所はチェーンだった。

一瞬廃棄してやろうかと。
しかし
リサイクル精神高き
この時代において
それは武士道にもとる

そこでけりんちょ!
地面をけりんちょ!

始めはフラフラ方向が定まらなかったが
やがてチャベ号(チャリ版)は見事に《けりんちょ》として復活を遂げた

そして彼は
チャベ号ごと電車に乗り
通勤するのであった

ひたすらに《けりんちょ》する彼の姿を観て
通勤中の同僚は腹を抱えて笑う

そして会社に着くなり
『きつくねえ?』
と彼に問う
そう、
本物の『けりんちょ』と違い実は歩いた方が楽だったりする
両ハンドルをシッカリ握ってひたすら『けりんちょ』しなければ目的地に到達しないし
ゆっくり行くのであれば
それこそ歩いた方がマシだ
雨の日なんかは最悪である

それでも歩くより早い
『オマエのやる事は理解に苦しむよ』
と言われ
とどめは『江戸時代に帰った方がいいよ』
彼の行動
仕事の態度
以前のメール騒動※2
から飛び出た言葉であろう
しかし彼は
『どうせなら戦国時代幕末にしてくれ』
と心の中で思ったそうな 

※2 2005年四月越後に行った彼は会社への報告メールを『只今疾風の如く移動中』などと送り大目玉を喰らった
『将軍越後へ行く』参照

第四話『血を出せ!!九州男児!!の巻』

和をこよなく愛する男。
愛刀ゆめゆめで日本の音楽シーンを一刀両断!!
するべく戦う日々である

しかし
この日斬れたのは
ゆめのしんの掌であった

冷蔵庫の金具が手に食い込んでパックリ
傷が口を開けてがしたたっていた
しかし真っ先に考えたのは『痛い』とか
『手当てせねば』
ではなく
『荷物に血が着いたら一大事』であった

職業上仕方ないとはいえ
難儀なものだ


結構深く白身が見えていた
救急箱など無いので
同僚にとりあえずの止血をしてもらい
そのまま作業にかかる


午前の現場が終わって
コンビニで消毒液を買おうとしたら700円近い値段だった
『高い』
とバンドエイドだけ買ってぺたぺたと貼りつける

が当然汗と動作ですぐに剥がれてまた血が吹き出す
午後の現場のお客様が親切な方で止血と包帯をして戴き難を逃れた

いやはや
自分を斬っていては仕方無し!!
サムライの道は遠い

第五話『風の共鳴・・の巻』

風の音が聴こえる 

2005_0527eijiaP0083.jpg  
楽しそうな二つの風の音が


時には竜巻の如く吹き荒れ

2005_0527eijiaP0085.jpg   
そよ風のように心地よい

2005_0527eijiaP0084.jpg

風の名は

 夢から生まれたゆめのしん、太鼓から生まれた太鼓太郎、菅原光朗

2005_0527eijiaP1.jpg

二〇〇五年5月27日渋谷エイジアPにて

六月

第一話『忘れものを取りに・・・・の巻』

いきなりスピード違反で捕まってる。

高速奉行隊に追尾され
あえなく御用。
スピード39キロオーバー。一般道であれば大量点を奪われるが高速道路だと三点

過去二年内に三度も免停を喰らったおバカな将軍は
良くて180日以上の長期免停
最悪取り消しである 

合戦時や演習時には
チャベ号が欠かせない存在
和太鼓数台抱えて移動は
徒歩やチャリでは…

沙汰は恐らく秋に言い渡される
いつまでも悩んでも仕方無い
五体満足、事故らなかっただけでもよしとしよう

さておき他にも不幸な人はいて
こたびの旅は交通事故を多くみかけた
中には通行止めになるほどの大クラッシュをやらかした輩も。
そんで廻り道を余儀なくされる


こうして
三月に入院したチャベ号を迎えに行く旅は波瀾万丈で開幕。

 

第二話『孫の顔・・・の巻』

こたびの帰郷は
三月に将軍の居眠り突進撃に付き合わされたチャベ号を迎えに行くのが目的であるが
もう一つ大きな目的が
松風忍軍筆頭半蔵とこゆめの間に出来たチビ軍団の顔を拝む事。


九州にて留守番中の半蔵は見事に一家の柱となっていた
子息を五匹も従えて。
こゆめもすっかり母親らしくなっている

この子供達だが
ものごころ着く前から人間に馴染んだ半蔵達と違い
自然繁殖こゆめ達に育てられたため野性の血が強く人間の足音がしただけで穴に逃げ去ってしまう


顔くらい拝んでやろうと
追跡するが
土に潜った彼等を捕まえるのは至難の技、
結局
顔も拝めぬまま出立時間となった

別れを惜しむ間も無い僅か半日の帰郷
復活したチャベ号に乗り
九州を後にした

第三話『トドメ!!の巻』

そんで帰りにまた捕まった

追い越し違反
減点1
罰金6000両

免許はもはや絶望的だな
誰が悪いかは明白なので悔やんでも仕方ないが。

見苦しいのは嫌いなのだが瀬戸際なので
ダメもとでお願いしてみた
結果は当然NG

奇遇にも行きと同じ岐阜で捕まった
信長が壮大な安土城を築き天下を睨んだこの地で
行きも帰りも《待った》を喰らうとは…

俺の天下捕りに
《待った!》
をかけているのか
( ̄▽ ̄;)

運転まる二日
滞在は僅か半日足らず
の三日間の帰郷はこうして幕を閉じる

第四話『世界記録を出した日・・・の巻』

さざえさん
弁当も持ったし
着替えももったし
《引っ越し巾着》※も持ったし
バッチリ!!
という事で今日も元気に
駅までひたすらけりんちょ

余裕で駅に着き悠々と切符を買おうとしたら大変な事に気付いた
財布を忘れた

サザエさんも
はちベエも
ビックリなウッカリをやらかした

これまでどんなに眠くても疲れてても無遅刻無欠勤で頑張って来たのに
僅か190円のためにゆめのしん引っ越し人生最大のピンチ!!

道行く人に片っ端しから借りようかと思ったが
そんなみっとも無い真似は出来ない
全身全霊で幕府までひたすらけりんちょ

この時彼は
けりんちょの世界記録を叩きだしたに違い無い

幕府に帰り財布を捜しだし再び駅までけりんちょ
会社のある駅に着いたらまたまたけりんちょ

仕事前から汗だくで会社に到着。
こんな阿呆な理由で減棒
こんな阿呆な理由でこれまで築きあげて来た信頼が…
なんともやりきれない
寝坊のほうがまだマシだ

以後彼の引っ越し巾着には常備道具として
兼ねてから検討されていた非常金500円が加えられた

第五話『吸収男児・・・の巻』

合戦三百なな
6月17日渋谷エイジアP

今宵の戦は
多勢に無勢 


体内で感情を増幅させて
客席にぶつける
2005_0527eijiaP0079.jpg 
笑顔と歓声と拍手となって帰って来る
パワーを吸収して
また客席にぶつける

これが本当の吸収男児(笑)

七月

第一話『畳十畳分のニッポン の巻』

7月3日八王子市南大沢駅
七夕祭りが開催された 

洋風建築が建ち並び
なにより目を疑ったのは
祭りだというのにジンベエはおろか浴衣を着た者一人として見当たらない

そんな会場のど真ん中に畳10畳分の和の空間が創り出された
和太鼓
これほど人の心に響く楽器は他に無い
数ある楽器の中で唯一マイクいらずと言われる楽器である

子供ははしゃぎ
老人は目を細め
若者は日常の疲れも忘れた


菅原光朗
菅原殿のお弟子の方々
博多名物しぇいむれす
祭座

洋風の風吹き荒れる今の日本にあって和の風を吹かす

その響きは畳10畳分から江戸の空高く羽ばたいていった


七夕祭り曲陣形
1:魂日和
2:夢のススメ
3:松風忍法帳
4:博多名物
5:どんちゃか
6:菅原光朗(独演奏)
7:新撰組曲第四楽章≪新入隊士歓迎の犠≫
8:新撰組曲第五楽章≪全国84店舗池田屋八王子支店の乱≫
9:日の丸エイサー

 

第二話『ちょうちんの巻』

町を彩るちょうちんも
どこか映えないストリート
なにが変かと突き詰めば
辺り漂う異国臭

それが悪いと言わないが
もっとバランス考えよ

見るを和ますちょうちんも濁せば失う暖かみ

今日は楽しい夏祭り
心和ます夏祭り

平成日本の町中は
和み要素が減少中

心和ますちょうちんが
光り戻る日願いけり

 

第三話『エンタメ軍団の巻』

聴視激エンターテイメント!RED
 レコ発スーパーショー!1

ぞっこんブラザーズ と再会

相変わらずハジケてるぜ!!

そしてエンタメ祭りだけあってオモロイバンドに出会った

ハイライト HIGH-LIGHT

立川亮&タンゴアカシアーノ 立川亮&タンゴアカシアーノ

類は類を呼んで意気投合(笑)

いきなり仲良しに!!

良い出会いに乾杯!!

第四話『幕府にどろぼう・・・?の巻』

夜遅く仕事が終わって幕府に戻ってみると
窓が空いている
『??』
鍵を開け幕府の中に入る

暗くてもわかるほどに部屋中しっちゃかめっちゃかだ
『もしや泥棒?』

電気をつける
食器棚(と一応呼んでいる代物)がひっくり返り

風呂場ではシャンプーや洗面器が湯船の中で泳いでいた


謎は解けた

この日関東をM5.7の地震が襲った
犯人はどうやらコイツである

仕事中に地鳴りと共に電柱やトラック、家などが揺れる光景を目の当たりにした
激しい横揺れ型地震であった
幕府の全窓が自動で空いていた事からもわかる
幸い地震対策に滑り止めを噛ましてあるパソコンなどは被害に合わなかった

関東では10何年ぶりの大きい地震らしい
いよいよ災害が身近に迫ってきやがった
皆も充分気をつけよう
人事ではないぞよ 

 

 第五話『雨には下駄で立ち向かえ!!の巻』

台風七号の影響で朝から大雨
傘などまったくの無意味なくらい滝のような。

そうでなくとも雨は≪けりんちょ≫の最大の天敵なのだ
しかし
カッパという鎧を纏えばノープロブレム。
問題は足の装備だ
靴ではビしょ濡れで気持ち悪い
≪長靴≫もカッパを伝ってミニ池と化す事も少なく無い
今日のような滝雨なら結果は明らかである


こんな時のために日本人は最高の履物をこしらえていた

其の名も
下駄


此れを用いれば最初から濡れるので恐れるものは無い(笑)
オマケに気持ちまで引き締まるので雨と戦う覚悟が異常にあがる

カッカッカッっと雨音に混じって鳴り響く下駄の音
道行く人は当然何事かと振り返る。

通勤中の同僚からは『なんで下駄やねん!!』と野次が飛ぶ
雨振りなんで!!』
と答えになってるのかなってないのか判らぬ返答のままひたすら下駄で蹴り進む

ようやく会社に到着!!
今日も一日頑張るぞ!!!

あ・・・
靴持って来るの忘れた・・・
おっちょこちょいなゆめのしん、究極の三択

1:前代未聞の下駄で引越し作業
2:同僚に頼み込んで靴を借りた
3:『下駄で来るとは何事だ!!!』と怒られ門前払い。

 

8月

第一話『ひろしです!!の巻』

世界は広しです

けりんちょ※
上には上がいました

相手は三輪車です
しかも二人乗りです

三輪車をけりんちょ※するなんて・・・・

反則だあ

操者はなんと主婦でした
子供が乗る三輪車を操り地面を力一杯蹴ってました



広しです

 
広しです


広しです



※けりんちょ
①2040年の博多オリンピックから正式種目になる予定
②チェーンの切れたチャリ。ペダルに片足を乗せて漕ぐ乗り方とサドルをまたいで漕ぐ乗り方の二通りある。前操法が上級者向け
③チャリより遅く徒歩より早い。市販の正規のけりんちょよりも早い革新的乗り物である
【世界乗り物大辞典(松風幕府出版)より抜粋】

第二話『一本足走法・・の巻』

男子たるもの我武者羅に生きていれば
壁にも当たれば怪我もする

右足ふともも負傷

流石にチャリもこげまいかと思いきや
ドッコイ
※片足でペダルをこぐゆめのしん

しかし
スピードはいかんともし難いのであった




※チャリちゃべ号には
家無し放浪生活を共にした一号と
チェーンの切れたけりんちょ式の二号がある

パチ屋までは一駅くらいの距離なので
電車賃節約のためにも普通にこいでいけるママチャリ型の一号
引越し屋までは六駅あるので電車とチャリの形を取っており
電車持込可能(暗黙の認)な折りたたみ型の二号を乗用しているのである
ちなみに二号は小学生くらいの時ゆめのしんが商店街のくじ引き
当てた20年モノなので錆びてボロボロである

 

第三話『賽の河原・・の巻』

一つ積んでは増え
二つ積んでは増え


その額
ゴジュウサンマンえん 

また増えたよ(笑)
三月のちゃべ号前方車両突撃事故の修理費。 

まだ四月と六月の連続違反の罰金すら払えてないのに
集中豪雨のように襲ってこんでもええやんか!!
ぶつぶつ・・

けっ!!
賽の河原の鬼がなんぼのもんじゃい !!
また積み上げたらあ!!

第四話『しゃかりき・・の巻』

引越し屋では毎朝≪社歌≫を歌う風習がある
支店長は勿論、社員とアルバイト全員で歌う
しかしある意味ゆめのしんONステージに近い

こういう時の彼には恥らいが無いので大きな声で歌う
大勢の声が交差する中にあっても一際目立つ
これがホントの社歌力(しゃかりき)

あまりの出来事に吹き出す社員もいる
若頭を筆頭とし彼の歌い方を真似する事が一部でミニブーム。
こうして引越し屋の朝はにこやかにスタートするのであった

第五話『 スリーエルな日・・・の巻』

合戦三百七十九
千葉県小見川藩
第十四回小見川藩商人街「はんなり市」


このたび武州の雄≪菅原光朗殿≫にあやかって参加する事となった

出演者が非常にバラエティーに飛んでいて
コンセプトが我が主催の博多どんちゃかに似ている
いやこちらの方が第十四回なので歴史も古い

演歌歌手 大空ひばり
お笑い芸人 ダウソダウソ
笑魔術師 ハマック柳田

え~!!!ダウンタウン一緒に出るん???

と菅原殿と吃驚してたら良くみるとダウソダウソ

メチャお茶目な二人で楽屋で盛り上がった。

そしてもう一人楽屋で仲良しになった
ハマック柳田 ハマック柳田氏。
通称『ハマちゃん』の愛称でテレビでも活躍中。
爆笑トークを交えた笑魔術は必見 。 


風鼓 菅原光朗
和太鼓 祭座 高篠雅也
博多名物しぇいむれす ゆめのしん
三人の夢の響宴は夕刻16時、夜20時の二公演

気分は最高であった

小見川藩の空気
そして二人の熱い≪漢≫との夢の共演がいざなったのは言うまでもない


≪感動を得る≫
≪出会いを得る≫
≪道を得る≫

人生の宝ともいえる煌きを三つ得る
スリー得る(3L)な一日

2005年8月20日 

写真は合戦後の楽屋でスシに狂喜するゆめのしん
菅原殿
今祭のプロデューサー殿
高篠殿


第六話『幕府温泉物語の巻』 

ゆめのしん『今帰ったぞ』
ふくすけ『あら今日も遅いのでぷね。お風呂にするでぷか?お食事にするでぷか?』
ゆめ『うむ もう夜中ゆえに風呂に入って寝るとしよう』
ふく『それではお風呂の準備・・』
ゆめ『手も足も出ぬオヌシがどうやって準備するのじゃ?引っ込んでおれ』
ふく『こりゃウッカリ!!』

風呂が沸くまでの間に日記を書いたり
ご飯創ったり 洗濯したり幕府事務諸事したり。

ボコボコボコ
ゆめ『なんだかボコボコ五月蝿いのう』
ふく『上様、一大事でぷ!!お湯が沸き過ぎて台所は湯気が立ち込めてサウナ状態でぷ』
ゆめ『むむ・・・松風夢之進一生の不覚!!!』
ふく『これでは茹で上がってしまいまぷ』
ゆめ『うむ。で薄めよう』

熱湯が薄まるまでの間に日記を書いたり
ご飯創ったり 洗濯したり幕府事務諸事したり

ピチャピチャピチャ
ゆめ『なんだかピチャピチャ五月蝿いのう』
ふく『上様、一大事にござりまぷ!!水が溢れてぬるま湯に。。。。』
ゆめ『むむ、松風夢之進一生の不覚!!』
ふく『もう一度沸かしまぷか?』
ゆめ『よい!!夏には丁度良いわ!!よし肩まで浸かって一日の疲れを癒すとしよう』
ふく『オイラもお供しまぷ』


ゆめ『??浮かぶ事しか出来ぬ貴様は浸かる事叶わぬであろう。』
ふく『!!!!こりゃウッカリ!!』
ゆめ『日本ならではの風流を嗜む事も出来ぬとは哀れよのう』
ふく『早く人間になりた~い』

 

第七話『 あっちいけ!!ホイの巻』

早朝五時半
今日も朝靄に軽快にゆめのしんの地面を蹴る音が響く

今日も元気にけりんちょ※

しかし横に嫌~な気配。
ゆめのしんの人生を悉く邪魔するアイツだ

ツートンカラー赤色灯
桜田門一家だ
『もしもーし』
時間が無いので無視。
『もしもーし、ちょっといいですか』
うんざりとばかりに
『電車の時間がねえんやけど』
と振り向きざまに言い放つ

『それじゃ歩きながらでもいいから』
と小走りに後ろに付きまとう
そして
『これ防犯登録してあるのかな』
『こりゃオが九州から持ってきたんやけ登録やら、してねえよ』
標準語:これは私が九州から持って来た物ですから登録なんてしていません
『う~ん ○×▽%』
まだなんかごにょごにょ言おうとする桜田門に
『足立区○○○に住んじょっけ妖しいっち思うんなら いつでもくりゃいいやん』
標準語:足立区○○○に住んでますから妖しいと思うのならいつでも来て良いですよ
『おらぁとにかく時間ねえけもういくわ』
っとスイスイ


パトカーと警官はしばらく佇んでいたがやがて消え去った
ホ。。
駅まで着いてきたらどうしようかと思ったよ
まさかヤツラもチャリンコごと電車に乗るとは夢にも思っておらなんだろう 

 

第八話『ありがとう 、心から!!!・・・の巻』

二〇〇一年から松風幕府の巫女さんとして影となり日向となり
博多名物しぇいむれすを支えて来てくれた
まねじゅん巫女 ≪マネージャーのじゅん≫
通称まねじゅんがこの度幕府を辞める事となった


幕府が博多から江戸に移転するに当たり
これ以上の在職は厳しくなって来たためである

旗配りやクラッカー
アンケート
写真撮影
道具運び
桜吹雪やシャボン玉などの演出
更には客席盛り上げ
サードアルバム≪恥道≫では声の出演
忍びの衆とのコラボ時の新選組曲は女将役として舞台に登場

一人で何役もこなしてくれた

舞台上で一人で戦うゆめのしんを縁の下から支えてくれていたのだ
博多名物しぇいむれす12年の歴史の中
結成時から次々にメンバーチェンジするこの楽団で
四年という数字は脅威である
初代EG 
爆裂破壊僧≪暴≫の7年に次ぐ記録である
(ふくすけでさえ僅か三年の間に十一代目)

この四年間
博多名物しぇいむれすはまねじゅんの支えあってこそここまで来れたようなものである
彼女と接した者であればそれは十二分に判る事である

ゆめのしんにとっても幕府にとっても博多名物しぇいむれすにとっても
また彼女を知る方々にとってもまことに残念な事であると思うが
将軍ゆめのしんとしては
感謝の気持ちを込めてこの言葉で送りたい


本当に今までお疲れ様!!そしてありがとう!!

 

さてこれからはまねじゅんに笑われないよう

彼女のこれまでの気持ちに応えるためにも気合入れていくぜ!!

巻きの三、この翼奪われようとも!!へ進む

松風幕府江戸上洛二〇〇五TOPへ戻る

総合目次へ戻る

この翼奪われようとも!!

松風幕府江戸上洛二〇〇五

巻きの三、この翼奪われようとも!!

yume.jpg写真撮影:よしな  

9月

第一話『また歩けばいいの巻』

9月4日合戦 三百八十
戦場:新宿 神楽坂ディメンジョン
ほらほらボ~っとしてる間はねえぜ!!!

どいたどいたぁ~

松風夢之進

天下に向ってまかり通る!!!!

第二話『男三十にして起つ!!の巻』

発つ?立つ?起つ?

どれが良いんじゃろ?
意味合いからしてどれも当てはまる気がして面倒だから
『全部つけちまえ!!』 てなもんや。

信長は尾張一国を統一し美濃まで制圧し天下布武を掲げた頃
新選組局長 近藤勇は故郷多摩から京都に凱旋し新撰組を旗揚げした頃
ゆめのしんは居城を九州博多より江戸に移して天下と睨めっこ

第三話『夜通し祭・・の巻』 

ピストルモンキーズ主催の夜通し祭り(オールナイト)
ピストルモンキーズ 
NHK熱唱オンエアバトルでTOPだけあって
圧倒的なパワー!!!
ファンもまた負けないくらい凄いアグレッシブ。
朝まで会場激震、楽しい夜であった
しょっぱなからみんなでドリフ
終わりもみんなでドリフ
我が合戦中もドリフ(笑)
ドリフの影響は凄い
7月16日にエイジアPで対バンした立川亮&タンゴアカシアーノ
立川亮氏と意気投合、
『キミに是非紹介したい人がいる』ということで
立川亮氏→ピストルモンキーズ代表蓮太郎氏
といういいとも!!形式で今回のイベントが実現。
最後はガッツリ『ゆめのしん、キミにはやられたよ』
という男の硬い握手!!
ピストルモンキーのみなさま
そして立川亮殿、
熱い夜をありがとう

第四話『幕府通勤物語の巻』

ボロボロの山盛りのバック背負い幕府を出陣するゆめのしん
水や食料、着替えでゆうに10キロはあるであろう
ふくすけ『上様忘れ物はないでぷか?』
ゆめのしん『うむ、仕事に行って参る』
ふくすけ『今日もけりんちょ※でぷか』

ゆめ『うむ、早朝の清清しい空気の中でのけりんちょは格別じゃ』
瞳を爛々と輝かせ語るゆめのしんに
『オイラもけりんちょ通勤したいでぷ』
とせがむふくすけ。

ゆめ『オヌシ、ペダルに足が届かぬでは無いか。それに手も足も出ないじゃろ』
と無情に言い放つゆめのしん
ふくすけ『!!!!!こりゃウッカリ!!!』

『早く人間になりた~い』

第五話『英雄と王冠掴むべくの巻』

9月17日合戦三百八十二
戦場:渋谷エイジアP
エンタメ王者決定戦 

各バンド自軍審査員10名まで 
無論自軍審査員を用意し自軍に投票させれば王者への道は近付く
ここからが通常のバトルと違う所で
各バンド必ず2票投票、同じバンドに2票は投票出来ない

審査員を呼べないバンドでも観客の心奮わせれば
充分勝利は望めるのだ
これこそエンタメ系王者に相応しいと言える

どのような客層
いかなる状況にあっても
観衆を喜ばせる事が出来る者こそエンタメ王者に君臨できる

うちは審査員一人も呼べなかったbbs24.gif 
これで王者になれば≪英雄≫だ

通常有り得ないリハーサルから拍手喝采。歓声。
観ていた出演者達全員が博多名物しぇいむれすに惜しみない拍手を送った

油断せねば充分王者を狙える手応え

本番舞台も冴えていた
新曲
新生児
博多名物しぇいむれす五十五男
≪君が世~序章≫鮮烈デビュー!!
曲が流れた瞬間に客席の空気がパ~っと変わったのが舞台上から手に取るように判った
『これから何が始まるんだろう』という好奇心
そして目の前に繰り広げられるインパクト
観衆大喜び
この後にやる者は常にやりづらい状況となって舞台は幕を閉じた

あとに登場したのは一人の女性
演奏はオケのみ。 
武器は己自身、歌とパフォーマンスのみ
不覚にも見入ってしまった
歌唱力だけでなく歌う姿がさまになっていた
これぞエンタメである

Eyse.jpg Eyes

同郷福岡の女性シンガー
これからゆめのしんがやろうとしている事の答えに近いものを実践された感じだ

こたびのバトルの結果
『次点』
僅差であったものの王者と英雄には届かなかった 

この僅差を埋め尽くすもの
これを得る事が2005年下半期の松風ゆめのしんの芸道の一歩である

第六話『けりんちょ終着の巻』
けりんちょ。

それは
徒歩より早くチャリより遅い
これまでに無い新しい乗り物。

通常キックボードと呼ばれる代物。

ゆめのしんはチェーンの切れたチャリを
足でひたすら地面を蹴るという斬新なスタイルで四ヶ月通勤。
しかしその歴史に遂に終止符を打つ時が訪れたのだ

タダで!!
チャリンコGET!!!
引越し屋には連日、山のような廃棄物が集まる
其の中に使用可能なチャリが埋もれていたのだ

実はこの時点ではケりんチョ辞めるつもりは毛頭なく
棄てる自転車が勿体無いから貰ったのだが
この後
ケりんチョ引退に繋がる事件へと発展していくのである

つづく

第七話『改心の一撃!!の巻』
引越し屋のバイトで無料でちゃりんこゲットした夢之進くん

帰宅ラッシュの人のもなんのその
そのままチャリごと電車に乗り込みます

電車に乗り込んでから愚かな彼は気付くのです
自分が通路を塞いでいる事に!!
幼き頃から
『自分の好きな事をやっても良いが人に迷惑かける事だけはするな』
という父の教えは大きくなった今でも夢之進くんの中で強く根付いています
『拙者は一体なにをやっているのだ・・・』
この路線の電車は朝も夜もガラガラです
しかし折りたたみ自転車ならまだしもノーマル自転車で乗り込むのは
ルール違反です 
彼は電車に揺られながら何度も『ごめんなさい』を繰り返していました
心の中で。
そして幕府のある駅に到着

ここからが最大の難関です
ゆうに10キロはある『引越し巾着』※以前の日記にも登場
を載せて不安定な状態のチャリンコを三階分はある階段を駆け上り
其の後片手で抱えた状態で迅速に自動改札を通貨しなければなりません

『さあ行くぞ!!』
と気張るゆめのしんの自転車がフワッと軽くなりました
振り返るとなんとおばあちゃんが自転車の後ろを持って支えてくれています
『おやおや大変でしょう。階段上まで持ってあげるからね』
と優しく微笑みながらおばあさんは一緒に自転車を持って上がってくれています
自分だけ階段あがるのもしんどい年齢なのに・・・

『危ないから大丈夫です』
というゆめのしんに対して
『いいのよ^-^人に親切にすると良い事あるんだから』
と屈託の無い笑顔で応える

階段を上り終えると
おばあちゃんは御礼は良いわよといわんばかりにそのまま人の海へと消えていきました

ああ・・・・世の中にはこんな素晴らしいおばあちゃんもいるのに
俺ってばなんていけない若者なんだ

ゆめのしんは会心したのでした
『これからは電車を使わずチャリ通勤だ』
と。なぜそうなる?BYキートン山打

引越し屋まで6駅あります
仲間は『クレイジーな奴だ』
と言いましたが家無し時代※はこれくらいの距離は毎日移動しておりましたし
※大江戸サバイバル奮闘記2004 参照 

夢之進くんはものともせず優雅に楽しむ事でしょう
え?けりんちょはどうなったかって?
ふふふ  まだ引越し屋の駐輪場に停めたままなのだ
どうしよう

ダメだこりゃ!!
BGM デイデイデイ♪

おしまい
 
第八話『川の流れのように・・の巻』
帰宅ラッシュで賑わう夕方の歩道
秋の交通安全で交通整理をする桜田門一家

そこへ我等が夢之進くん通りかかりました
すると自分の仕事も投げ出して
『ぴっぴっぴ~ちょっと良いですかぁ?』
と桜田門。
天下の往来にて抜き打ち盗難自転車チェック開催されます
これには夢之進くん『もっと他にやる事あるやろが!!』
とかなり不満のご様子。

今週の不思議発見!!
帰宅ラッシュで沢山の自転車が往来する中で!!
何故夢之進くんだけ停められるのでしょう???


えたこ
らかいし怪

 

第九話『武士が喰らうは爪楊枝』

 
さあ!!お待ちかね\^o^/お弁当の時間がやって参りました
夢之進くんが早起きして創ったお手製弁当です
見た目は悪いが美味いのです


パカッ!!
ん~かぐわしい香りが車内※に広がります
引越し作業は現場に車で移動しながらの移動メシになる事も多々。

いただきます(-db-)
ってお箸が無いやんけ
(ノ゚O゚)ノ

どうやら忘れたみたいです
手で食べたらがついて
大切な引っ越しのお荷物触れません


引越し巾着を探してみると
※ゆうに10キロはあるズッシリと思い巾着。引越しと腰巾着を語呂合わせた造語
中から一本の爪楊枝が出てきまし
 
究極の二択です
 
武士は喰わねど高楊枝
武士が喰らうは爪楊枝
『むう・・・これで喰うしかないのか・・・やってやろうじゃねえか』
もはや
食事というより
 
試練 でした
ドカ弁だけにも深く底の方に行けば行くほど難易度が上がります
『ぬお・・指がツリそうだ』
ご飯食べるのに何が楽しくて指ツらなければならんのでしょう!!

完食しました
ご飯ツブ一つ残っていません
なんとも無意味な試練をクリアしたゆめのしんですが
30年に一度
一生に二度あるかどうかの貴重な体験をしたのでした
良い子のみんなも一度やってみよう!!!
2005年9月27日  
 
十月
第一話『幕府おねんね物語の巻』
ゆめのしん『ただいま!!』
ふくすけ『おかえりなさいでぷ』
ゆめ『ヘトヘトじゃ!!もう寝る』
ふく『おふとんは万年床なので敷かなくて良いでぷね。でもたまには干したらどうでぷか?』
ゆめ『いつも昼間、城を空けておるのにどうやって干すのじゃ』
ふく『こりゃウッカリ!!』


ゆめ『存分に働いて身体を伸ばすように大の字になって眠るのは最高じゃ!!』
ふく『オイラも大の字になっておねんねしまぷ!!』
ゆめ『貴様は手も足も伸ばせぬであろう。』
ふく『こりゃウッカリ!!』
ゆめ『もうよい、寝るぞ、オヤスミ!!!』

~それから3分後~
ふく『う、上様』
ゆめ『んが~ZZZZZ』
寝つきが良いゆめのしんクンはすでに夢の中
ふく『自分だけ薄情な人でぷね。オイラ・・・ね、ねむれないでぷ
お目目パッチリまばたき出来ない福助クンは眠る事が出来ないのでありました

ふく『早く人間になりた~い!!』
 
第二話『デッカイ夢の代償の巻』
愛する故郷を離れ
愛する人々と離れ
いままた友と離れなければならない(涙)

愛馬ちゃべ号乗馬券、
今年の正月に帰って来たばかり。
馬鹿は死んでも治らないBYキートン山打
二度と手放さないと誓ったのに…

まあ通勤なんぞはチャリで賄えるとして
問題は合戦(ライブ)
渋谷の戦が目前だ
足立区は家賃安いが交通が不便なのだ
残金1500円やから電車賃無いし(笑)

渋谷区までは…
まあなんとかなるか(笑)
荷物乗るか疑問だが。

リヤカーがあれば太鼓も積めるし(渋滞の根源になりそうだが)
何より風情があって良いではないかo(^-^)o
しかし以外にリヤカーって高いのねf^_^;

『引っ越しの廃品で出ないっすかねぇ』
って聞いたら
『普通でねぇだろ!!』
と真顔で言われた

ということで読者諸君!!
《いらないリヤカー情報募集中!!》
 
第三話『開け!!夢街道!!の巻』
借金地獄に一筋の光

裁判に勝てば
利子が無くなりそうだ
元金もうまくいけば大幅に減額出来る

元金だけになれば
ゴールは見えてるし
夢街道まっしぐら!!
 
第四話『山あり!!谷あり!!嵐あり!!の巻』
 

9月15日合戦三百八十三
戦場:渋谷エイジアP

初めてだ
あんなにライブハウスが遠かったのは(笑)

朝から小雨
しかし出陣前にして晴れ間が!!!
『天は我に味方せり!!』
と忍び装束に博多名物しぇいむれすを背中にあしらった羽織りを纏い
予定どおりチャリンコで出陣


ワイヤレス機材とMTR大和号ですでに荷台は埋まり(はみ出し過ぎ)
福助は荷台に結びつけられ
武士の魂、刀はハンドルに美味い具合に差し込まれ
大家さんに『そんな物々しい格好してドコ行くんだい』
と問われ
『ちょっと渋谷まで』
『ふ~んそうかい。楽しんでおいで^-^』
と笑顔で見送られる 。
まさか彼がこのままチャリンコで行くとは思うまい


前かごに重いものが集中してるため真っ直ぐ走るのが困難。
立ち漕ぎは出来んしスピードはあまり出せぬ
ただでさえ貴重品積んでるし。※福助ではない(笑)

登り坂はかなりしんどい
下り坂は前が重すぎるためのようにぶれてかなりスリリング。
この日は湿度が高く普通に漕いでも暑い
ライブ前から汗ダラダラである
前日は朝から夜まで引越業務後、深夜二時から四時までスタジオに入り
朝五時過ぎ寝て九時起床。
普通に疲れてるのだ。何が楽しくてチャリで渋谷まで行かねばならんのだ

しかし彼は結構楽しんでいた
アホだから。
でもそんな余裕もリハ時間が迫るまでであった


道に迷い時計を見ると入り時間は当に過ぎ
いまだに新宿は入ったばかりであった
『むう・・・急がねばならぬ』
狭いニッポンゆっくり走ろう
なんて事は言ってられなくなったのだ
『ぉラオラオらおらァ~紫色のオーバードライブ!!!!』
と今のジャンプ読者にはわからぬ≪いにしえ≫の某漫画の名台詞を叫びながら
ペダルを漕ぐ

原宿なんぞは人も車も多くて大往生
こうなったら車道もクソも無い
クラクションならされようがひかれそうになろうがマッシグラ。

渋谷ではついに漕ぐ事もままならず押して行かねばならぬのであった
いくら渋谷が様々な人が集まる場所といえども
明らかに
≪ソコ≫
だけが違う空間だった。
判りやすくいえば浮いていた。
外人さんなんか凝視して通り過ぎても振り返りながら見ていた
よほどもの珍しいものを観るよな瞳で。


道程しめて二時間半
リハには思いっきり遅刻

さて
エンタメ系を集めた企画だけあってこの日もバラエティーに富んでて
凄まじい戦であった

asuka.jpg グラビア等多方面に渡って活躍する川本あすか改め沢本あすか。
この日は楽団のダンサーとして登場
特技の新体操とプロポーションを活かしての柔軟な舞い
本家の楽団を喰らう勢いのパフォーマンスは見事だった

レイパー佐藤 フジTV系モノマネ番組常連レイパー佐藤氏
テレビでは放映出来ぬ隠し芸?『ロボコップのオ●ニー』をご披露
下ネタなのだが冗談抜きで目を見張る至高の域の芸だ
その後も絶妙のトークと芸でついに会場を一つにしてしまった

初見の客の心を動かしなおかつ笑顔にする
これが出来るということはやはり凄い事だと思う
博多名物しぇいむれすのコンセプト
舞台を観た者全員に『感動を土産に家に帰って貰う』
をまさに実現しておった

余もまだまだよのう
まだ観ぬ大海があるわい



さて!!
そのの戦!!!



ページ上の都合次回へつづく
(∪o∪)。。。

第五話『武士の魂の巻』
 
前回のつづき


さて蛙の戦!!
桜田門の陰謀により愛馬チャべ号乗馬券(免許のことね)剥奪!!!
通算六度目(アホ)
チャリンコで参上(ドアホ)

いつもは大掛かりな和太鼓セットが組まれてる舞台も今宵はふくすけのみ。
新曲『君が世~序章』が流れ日の丸が配られる

会場にたなびく日の丸の嵐

その後
セカンドアルバム時代の名曲『トルネード』に移る
この曲は
風雲桶狭間ツアー2001年7月~同11月
狂乱川中島ツアー2002年1月~同12月
全国巡業参勤交代2003年1月~2005年3月
において忍びの衆との共演が話題を呼んだ2003年10月の公演まで三年間に渡って一番槍を勤めて来た
その後2004年に入り忍びの衆とのコラボも終わり
『夢のススメ』や『新選組曲』『松風忍法帳』などの相次ぐ個性的な新曲の誕生により
活躍の場を失っていたが今回久々に登場。


一人では広すぎると思われる舞台を所狭しと動きまわる
我が身一つで

ファンにはお馴染みの
『しぇいむれすスーパー丁稚奉公ふ~く~す~け!!!!』
のふくすけ紹介で高々と歓声が上がる

その後のサビの部分の『れッツ盆ダンス』では 
客席と一緒に盆ダンス。

クライマックスの空手の型をモチーフにした舞いが終わり
キメのポーズ
拍手と歓声。

楽曲の構成上
新選組曲以降ながらく無かったMCも今回久しぶりに復活
九州弁丸だしの軽快?なトークに会場は沸いた

その後
南蛮渡来の最新兵器鉄砲が配られ
『風林火山』へと続く

合戦は順当に進み
いよいよクライマックスのあのシーン!!
見せ場にも関わらず
飛びのいた拍子にマイクのフタが外れて電池が飛び出し音信不通に…

そこで禁断の必殺技
(∪o∪)。。。《巻き戻しの術》
しかしナカナカ電池が入らない
再び
(∪o∪)。。。《巻き戻しの術》
三度目の巻き戻しでようやく電池が納まり
再開とおもいきや
飛びのいた拍子にまた同じ状況に陥る(笑)

あくまでも諦めずに舞台を淡々と進行して行くゆめのしん。

この突然のアクシデントと舞台上のやりとりに
会場は大笑い


次は松風大社の参拝Song 《七福Song》
お客様が神様です!!
とお客さまを強引に七福神に仕立て
会場全体

『ありがたや~♪』
(-db-)

そのまま
この日初披露のしぇいむれす五十六男『君が世~ニッポン創生曲』に突入!!
サビの部分で再び
日の丸が会場に舞った



この日のライブの仕上がりはトラブル続きであったにも関わらず
むしろ絶好調であったが
観客の心は掴めなかった

その証拠に
審査員と観客投票によるエンタメ王者決定戦
こたびもまたもや王座を掴めなかった
別にそのためにやってる訳では無いが
やはり真に観る者の心を動かし感動させる事が出来たなら
王座に輝く事出来るはずだ

次はもっとすげぇ舞台見せてやるから待っておれ!!


そしてここからがまた至難であった

またまたつづく
第六話『疾風忍者の巻』
前回のつづき


朝は30%の予報だったのがなんと90%に跳ね上がっている
当然雨も強い

これでは
ふくすけはいいとしても
ワイヤレスマイクやMTR大和号は壊れてしまう
そして忍びの衆頭目≪和希政幸≫氏から拝領した武士の魂である刀を濡らすわけにはゆかぬ。
エイジぁPの店長に頼み込みこれらの武士の魂セット?を置かせて戴く事にした

行きと違い返りのチャリの軽い事といったらありゃしない
かごから大幅にはみ出す程のMTRとマイクを積んでるのとは大違い(当たり前だ)
敵は土砂振りの雨のみ
『傘なんざさしてちゃ満足にペダルがこげねえ』
というのがゆめのしんのポリシーである
この男は断固カッパ派なのだ


そのカッパが無い今・・・
ビしょ濡れになってもひたすら漕ぐ!!!!
しかなかった
やはり渋谷の人ごみは深夜になっても途絶える事なく
濡れてちめたい夢之進クンを思うように進ませてくれません

そこへポン!と肩を叩かれ振り向くと
『頑張って下さい』
と声をかけられる
今宵のお客様であった

俄然チカラが沸いて来た
『博多名物しぇいむれす』の文字をに背負ってる限り半端は出来ぬ
信号が変わると彼はそれまで以上に猛然とペダルを漕ぐのであった 

渋谷を抜けると爆走モードに突入!!
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
休み
休み
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
休み
休み

立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ
立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ立ち漕ぎ



ビしょ濡れのサムライ(格好は忍者だが)
真夜中の東京を疾風の如く!!!


チャリちゃべ号に鞭打って
疲れきった身体に鞭打って
ふくすけ・・・は呑気に荷台である


幕府に帰りつく頃にはすっかり皮膚もふやけ鳥肌もんである
二時間以上も雨に打たれ続ければ無理もない
それでも風邪をひかなかったのは彼がアホだからでは決して無い事を付け加えておく。
第七話『さらに続く・・・の巻』

深夜一時
なんだかんだで寝たのが二時過ぎ
五時には起床で引越し業務
終わって夜八時。

チャリのペダル漕ぎながら寝れそうな勢いである
しかし彼にはまだやらねばならない事があった
戦場に残して来た武士の魂。
一刻も早く迎えに行かねば・・・ 

御店が閉店する22時までには時間に限りがあります
それに流石に渋谷まで往復できそうに無かったので
半分チャリ半分電車で行く事にしました

電車賃は片道190えんでした
往復360えんです
『昨日の俺の苦闘五時間は・・・わずか500えん足らずの・・』
あまり深く考えないほうがよさそうです

無事武士の魂を取り戻しました
ねむい瞼と重い足にズシリとのしかかるMTR大和号
そして背に背負う武士の魂は渋谷の人ごみの中にあって迷惑以外のなにものでもありません

さいわいオマワリさんに止められる事もなくハーフポイントまで帰ってこれました
ここからまた一仕事です
MTR大和号とワイヤレスマイクを積んでの帰路。
その帰り道・・・
ガタン!!!
チャリちゃべ号のカゴがをたてて壊れました
ネジ二本でギリギリ持ちこたえてます
ここまで来るとドリフです

片手でカゴを押さえて運転して幕府まで帰りました
いつ壊れるやもしれぬスリルと戦いながら^^

それから漕ぎ続ける事、一時間
ようやく無事幕府に到着です
今夜はイイ夢みれそうです

おやすみなさい
第七話『祝の巻』
武州の雄
菅原光朗 菅原光朗殿
雷神の生まれ変わり

そして太鼓から生まれた太鼓太郎
その証拠に生まれた時からバチを握っていたという(実話:笑)


10月15日に開催された第四回東京国際和太鼓コンテストにおいて
見事優秀賞(第2位)受賞!!!

昨年のコンテストより一年
己の信念を見事カタチにした菅原殿
ささやかながら心から祝福を贈りたい
おめでとうございます!!
第八話『自由への翼に向って・・・の巻』
10月19日
朝からチャリンコを漕ぐ一人の男

ドカチンずぼんにジャンバー。
一見職人である
そのまま現場へ行ける
まさかこの男が裁判所に向かっているとは誰も思うまい

問い
次の中から

裁判所に行く適切な服を選びなさい
①忍び装束
②作業服
③ダボダボGパンにエリもとのたるんだTシャツ


ようはまともな服を持ち合わせていないのである
だからパチンコ屋の面接(※伝記2005年二月参照)だろうと
引越し屋の面接※だろうと裁判所であろうと
ドカチンスタイル なのである

弁護士との食費など細部に渡って綿密な打ち合わせ
『食費は?』
『一食100円一日300円を心掛けてござる』
『月当たりの食費は?』
『う~む1まんえんくらい?』
『そんなわきゃねーでしょあんた。それじゃ普通じゃないよ』
そんな事言われても普通じゃ無い人なんだからしょうがない


出来上がった書類を裁判所に届けに行く
『電車で行くでしょうから裁判所への行き道を・・』
『チャリでござる』
『どっちでもいいけど、あと30分で裁判所おひるやすみだよ』
『なんと!?急がねば!!』
車載ナビ(東京23区地図 昭文社出版)片手にペダルを漕ぐゆめのしん
昨日の雨で車載ナビは濡れて波打って張り付いているので大変読みづらい(涙)

それでもなんとか裁判所に到着!!
7分前

門前には番人がおり放置自転車は断固阻止の姿勢をあらわにしていた
少し周って公園前に駐車
ドカチンスタイルは拒絶されそうなくらい立派な建物に
早足でズカズカ入門
5分前


クラシック音楽が良く似合う優雅な建物内は
走ってはいけません
の雰囲気を醸しだしていたので音を立てない忍者走り。
 ninja05.gif
なんと一旦地下までいって書類提出に必要な印紙を買わねばならなかった
3分前



売店のおばちゃんが超マイペース人間であった
『ちょっと待ってね。1まい 2まい 3まい 4まい 
え~ともう一度 、1まい 2まい 3まい 4まい・・・』


時計は12時を回ってしまった
一応走る(忍者走り)
ninja05.gif
そして!!!
『休憩なので1時間後にまたお越しください』
と感情の一切篭ってない追い返しにあい敗退。。。

貴重な1時間のために戦ったが無残に敗れたゆめのしん君は
お弁当(自作)を持って近くの公園へ

山林を思わせる緑の多さである
『都心にこんなに莫大な緑があるとは・・』
仲良くウオーキングする老人夫婦。
はしゃぎまわる子供に後から子供をせわしなく叱る母親の姿。
コンクリートジャングルの住人達が安らぎを求めてここにやってくるのだ

ザッザッザッザッザ!!
突如 只ならぬ足音に振り返ってみればサラリーマンの行列である
付近のオフィスから昼休憩に抜け出て来たのであろう
何百、もしかしたら何千だろうか
周囲の巨大高層ビルから溢れでる雲霞の如くそれはいつ途絶える事なく続く

都心の真の昼休みを介間みた気がする

午後1時
午後イチを確保し無事書類を提出。
これで国にゆめのしんの申し立てが受理された事になる
三週間後に裁判官と調停員を前に正当性を主張して通れば・・・
ともかく11月が決戦の月である
第九話『本日の白洲はいかに・・・?の巻』
裁判終わってその足で桜田門一家に出頭。
愛馬ちゃべ号乗馬券(免許)剥奪において桜田門の再三に渡る出頭申し立てに
対し仕事を休んで行く事が難儀なので電話で処分を問い正したところ
『電話で教える事まからぬ。直接来ないと沙汰を出す事は出来ぬ』
との事。博多であれば教えてくれたのになんとも冷たいものよ

免停か取り消しか白黒ハッキリさせねばならぬ
今日済ませば一石二鳥ということで再びチャリちゃべ号発進!!!

ペダルを漕ぐ事一時間弱
桜田門一家免許センターへ到着。
案内人に免許を提出し、沙汰を待つ

10秒もせぬうちに沙汰がくだる
『取り消し処分ですね』
わかっちゃいたがやはりショックである
もう一度イチから免許を取り直さなければならない
更に1年間車に乗れない上に三万えん近く払って取り消し講習を受けねば
免許を取る事が出来ないのだ

気を取り直し
『それで講習はいつでござる?』
と問うと
『それがまことに申しあげにくいのですが・・』
と案内人は顔をしかめ返答を濁す

嫌な雲行きである
これ以上大変な事態に発展するのであろうか?
『いかがなされた?』
と問いただすが案内人はなおも言いにくそうにするが不意に
『来なくていいです』
と言う

『は?』
意味がわからず困惑するゆめのしんに
免許の効力が残ってれば早く免許を復活させるために
取り消し処分を受けて再び免許を取る事が良いかもしれないけど
不幸中の幸いであなたは今年が免許の更新ですでに有効期限切れなんで
≪失効≫させた方が良いかもしれない』

『しかし・・』
『オススメすると立場上問題あるんであくまでも意見として聞いて欲しいんだけど
お金を払った上に仕事休んで講習受けて1年免許失うのと
なにもしないで1年免許失うのドッチがいい?』

答えは一つ
この親切な案内人に深々とアタマを下げその場を後にした
いやはや桜田門一家も捨てたものでは無い

これから一年
まことに不便であるが気分は晴れやかであった
考え方を換えれば免許の無い子供の頃はまったく平気であった訳である
そして昨年の今頃はといえば免停中で
移動もチャリ、家もチャリ?のバリバリのチャリダ-だったわけで※伝記2004参照
健康的かつ地球に優しいチャリダ-として1年頑張る事を誓うゆめのしんであった
第十話『勝利を得るために・・・の巻』
裁判で勝利を掴むためには安定した収入
しっかりとした立場でなければならない

裁判所や債権者に不安を与えないためである
従って
引越し屋
パチンコ屋
掛け持ちでバイトするのではなく一本化して収入の安定
職の安定が必要とされてくる

突然ではあるが来月からどちらか辞めなければならなくなった
となると収入の高い引越し屋という事になってくる

東京進出してすでに8ヶ月
将来
引越し屋になるつもりもパチンコ屋になるつもりもない
が見慣れた職場
共に働いて来た仲間と離れるのは感慨深いものがある

現在の状況が状況なために朝は時間ギリギリ
そして仕事が終わればすぐさま帰る
プライベートではまったく付き合いをしてこなかったのだが
皆本当にイイ人々である。

のため
勝利のため
またしても大きな代償を迫られるのであった

第十一話『波乱万丈・・・の巻』
パチンコ屋に退職願いを出し受理も決まったある日
一本の電話


『じつは会社の規定で30歳以上の者は月10日以内の勤務か
ドライバーにならなければならないので明日は11日目になるから出勤出来ないんだよ』
なんとも無神経で非常識な電話であった 
前日の夜九時に『明日は来ないでいい』と言われる
ありえない事だ

そもそも30歳過ぎたら出勤制限というのが馬鹿馬鹿しいと思った
18歳で老人のような奴もいれば30歳過ぎても元気一杯の奴もいる
むしろ30歳はまだ働き盛りだろ!!

今年の九月に30歳になる事はとうにわかっていたはずである
というよりこんな重要な事項を
『知りませんでした』『伝えるの忘れてました』
で済まされてはコッチはなんのために会社に貢献してきたのかわかったものではない

会社が悪いのか上司がアホなのか
引越し一本に絞ってやる気満々だっただけに
急激に会社に対する忠義の心が無くなってしまったのは言うまでも無い

無念なのは突然挨拶も無しに辞める事になりそうな事
会社はアホだが素晴らしい仲間達に挨拶も無しにお別れするのが心苦しい
いつか時間をみて突撃しようとおもう
上司の顔なんざ観たくも無いのだが仲間には一言いいたい
と思っていたら直後に仲間が全員懲戒免職。
会社の仲間うちで飲んではいけない規定で
飲み会をしたのがバレたらしい。
人生
波乱万丈である
だが俺は転んでもタダでは起きぬよ^-^
第十二話『博多ビバノンの巻』
双子の誕生である
しぇいむれす56男 博多エンやコラ♪
しぇいむれす57男 博多ビバノン♪

11月6日横浜山下公園で初披露となる

横浜生まれの曲は初やな
初期の曲はほとんど中津 
風林火山は湯の国豊後 七福ソングやしぇいむれす体操は大阪 
松風忍法帳や新選組曲など最近の曲は江戸 
40男の時代の夜明けは浜松 
35男のしぇいむれす音頭が尾張名古屋
レアもんとして大和は大和の国にちなんで奈良生まれ(タイミングよく生まれたものだ) 

タイトルから内容は想像つくと思うが
そこはやっぱり夢之進としぇいむれすのやる事である
思いっきりいじってある
自分の曲だといっても過言でないくらいに(笑

もとは民謡であったものをド○フが個性豊かで感性溢れる名曲に育てあげたのである
き○しのズンドコ節も元はド○フのズンドコ節やし
そもそもド○フの曲自体世界中の民謡曲などを彼等の色に染め上げたものがほとんどである
そう、ドリ○ターズって実はバンドなんやぞ!!知っちょるか?
ビートルズの前座勤めたんだぞ
まあ余が生まれもの心ついた時はすでにコメディーの世界だったので観た事無いのだが
曲を創る前にテーマについてある程度調べるのでその時改めて彼等の偉大さを知った
今日本で全盛のラップの原型を創ったのは実はドリフなんやぞ!!
かとちゃんがドラマーだって事知っちょるか?
いかりや長さんはウッドベース弾いてたんぞ!!!
たまがった(方言かのう。ビックリしたの意)


この日記で曲誕生の際にちょくちょく書いてきたが曲は意思を持っている
生まれるべき時に自らの意思を持って生まれてくるのである
今回のこの2曲は半ば強引すぎるくらいに生まれたかったようだ

突然引越し屋に出勤制限(半リストラ)されなければこの曲は生まれなかった※前回参照
また免許取り消しになり和太鼓が使用出来なくならなければこの曲は生まれなかった
ライブハウスと祭りや野外イベントのニーズの違いにきづかなければこの曲は生まれなかった
(この辺りは後日語る)
そして11月6日某プロダクション主催イベントに参戦!!
果たして大衆の目と耳と心を釘付けに出来るのであろうか???

11月6日以下続報を待て!!
第十三話『山にクマを倒しに・・の巻』

2005年5月8日 
今まで勤めた近所のパチンコ屋を辞め
時給の高い激戦区のパチンコ屋に勤める事になったゆめのしん君
しかし何故か社内では
山にクマを倒しに行くため
に辞める事になっていた
真顔で『クマ倒しに行くんだよね?噂になってるよ』
言われた時には答えに困った(笑

いつも和気あいあい
辞めるには惜しい素晴らしい店だ

最後だと思うと感慨深い
最近入って来た新人の子をみよると
なんだか自分の入って来た頃が思い出されて目頭が熱くなる


仕事をするにあたって
皆で稼働目標というのを立ててそれに達成するようそれぞれ意識を持って仕事に当たるのだが
団結して目標到達出来た時は素直に嬉しいものである
最終前日と最終日
どちらも達成、憂愁の美で終える事が出来たのも素晴らしい仲間のおかげである


そして
声が太すぎるのと個性を強めすぎて店舗側から数ヶ月マイク使用禁止になっていたのだが(笑
今月に入ってようやく解禁
そして最後となるこの日、仲間の『思う存分入れてやって下さい』
という心遣いが心に染みる

おかげさまで思い残す事は無い

終礼で一人一人から別れの言葉があり
『マイク面白かったです』
『気合い貰いました』
『いなくなると淋しくなるけど頑張ってね』
『もっと色々教えたかったけど夢に向かって頑張って下さい』
『悔いの無いように頑張って下さい』
言葉を貰う度に走馬灯のように想いが駆け巡る
堪えていたものがブワッと溢れ出しとめどなく流れる

男子たるもの涙を流して良いのは親が死んだ時だけなのだが止められなかった
最後に店長から
『オマエの良い所は一本気で男ギ溢れる真っ直ぐな所なんだから
これからもそれを貫き通してくれ』
と言う言葉を戴き固い握手をして八ヶ月間に渡るこの店での勤務に幕を閉じた


余韻に浸る間もなく明日からまた新しいイチページが始まる
果たしてなにが待構えている事やら???
edo5.gif  

次項 其の四、大空に解き放たれし夢!!へ進む

松風幕府江戸上洛二〇〇五、TOPへ戻る

総合目次へ戻る

大空に解き放たれし夢!!

松風幕府江戸上洛二〇〇五

其の四、大空に解き放たれし夢!!

_IGP9921111.jpg  撮影:かずさんぐ 

ライブハウス中心に活動してきたゆめのしんであるが

野外に飛び出す!!!大空に向って^-^

翼はなくとも夢は追える!!空だって飛べる!!

11月

第一話『新人さんの巻』

さいたま県のとあるパチンコ屋。
ココに今日から新人さんがやってきます

性別:九州男児
なまえ 松風夢之進
前職:引越し屋さんとパチンコ屋さん※諸事情により退職、先月の日記参照
本職:将軍職
特技:親指だけで腕立て伏せが出来る
※注 パチンコ屋さんには役に立ちません

元気よく挨拶するゆめのしん君に早速
『前職は自衛隊さん?』
というツッコミ
『いえ自分は近藤勇 武士です』
『あ・・・ソッチ系・・^^』

イベント案内は自動音声。大好きなマイクパフォーマンスは×
ホールは今までの倍近くありますが 
前の店と違って店内を走るのはご法度です

さてさて
この新人さん
今後どう育っていくのでしょう

第二話『畳を持っていざ!!開国!!の巻』

_IGP9898.jpg 

平穏な日曜日

忍び装束に身を纏い自転車を漕ぐ男
荷台には何故か畳??

目指すは日本の文化の港≪横浜≫
いざ!!開国!!
オープン ザ ニッポン!!
a_yukimi01.gif  

まずやるべき事は!!!!
自転車をタダで停めれる場所探し!!!!
『こんな高い志を掲げてるくせしてセコイ男である』Byキートン山打


駐輪場所を発見し停めようとすると周囲の視線。
それもそのはず荷台に畳、その他小道具を積み忍び装束を纏った男
目立ち過ぎなのだ
そこへ管理人オヤジ登場!!

くるりときびすを返すゆめのしん
場所変更!!
ninja05.gif 
次に目につけたのはパチンコ屋
とスタンドを立て畳や荷物を降ろし終えた直後、
ガチャ!!と横の扉が開きました
『あ~さみい。さみい。』
といいながらパチンコ屋さんの従業員さんがソロゾロ出てきます
どうやら開店前の表の掃除に出て来たようです

そしてゆめのしん君を見て一瞬固まります
自然を装いながら会話を続けていますが
明らかに≪不審者≫扱いしています
この場は何も言われずとも帰って来た頃にはチャリチャべ号は没収されるかもしれません
夢之進クンの勤めているパチンコ屋さんも
放置自転車は回収業者に持って行ってもらう事になってます

諦めて駐輪場に停めるしかなさそうです
※僅か200円ですが彼にとってはご飯ニ食分の価値があるのです

ようやく停めていざ!!
ところが・・・
ズシッ!!
小道具とワイヤレスマイクの受信機だけで20キロ。 
小道具の畳が風に煽られてブワブワ。
実は結構大変だったりします

でもそんな事言ってる場合じゃありません
現地入りに遅刻しそうです

急いで電車に乗ろうとするのですが
ガシッ!!
改札口が通れません
仕方無いので一旦荷物だけ向こう側に置いて通過。
なんとか電車に乗り込みました。

都心に近付くにつれて電車内は混み混みになっていきます
横浜まで行くのに三回乗り換えなければなりません
次は乗り換えの駅です 

満員電車の中で棚上に上げた畳を降ろすのは至難の業でした
あらら・・・おばあちゃんのアタマにぶつかってしまいました
『ごめんなさい』
電車に乗って畳がアタマに振ってくるとは夢にも思わなかっただろうbyキートン山田

急がないとドアが閉まってしまいます
なんとか人の波をかぎわけて降りる事が出来ました

さて
田舎と違って都会は駅が広い
階段登って端まで歩いて階段登って端まで歩いて
【改札口→】の案内を頼りに歩いて行くわけだが
オイ!!本当に改札口あるんかい!
と叫びたくなるくらい広い
免許の大切さが身にしみてわかる。
ドライバーの皆さん、渋滞くらいでイライラしちゃいかんよ(笑)

ようやく電車に乗り込む頃には汗だくである

さてようやく目的地の横浜山下公園についたものの・・・
駅のすぐそばに山下公園があると思っていたゆめのしん君。
看板を頼りに進んで行きますが行けども行けどもありません

そしてようやく見つけた青看板で彼が見たのは・・・!!
山下公園まで1.6キロ

なんと・・・まだそんなにあるんかい!!!

しかし悠長に歩いてる時間はありません
すでに会場入り時間は過ぎています
いくっきゃ無い!!
早足で駆け出します。ところが・・・

チャリン!!ボトボトボト
羽織りの袖※に入れてた財布やら鍵やらが落下
(和服はポケットが無い為、袖に入れるか巾着を腰に下げる。
お金が無い時に『無い袖は振れやせん』と言うのはココから来ている)


時折り吹きつける浜風にを煽られつつ
デッカイ巾着(福助入り)と刀袋とワイヤレスを背負った忍びが商店街を駆け抜ける
 ninja05.gif

ようやく目的地に到着!!
本番前に充分過ぎる程のウォーミングアップであった
だがそんな疲れを吹き飛ばす事件が起きた


『しぇいむれすさんですよね??覚えてます?』
なんと2001年の風雲桶狭間ツアーで姫路で対バンしたトミQであった
姫路での合戦は2001年11月9日
実に四年ぶりの再会である
2005年11月6日
縁とはどこで繋がるかわからないものである

さて感動の再会を果たしたところで
これより先は容量の関係上
(携帯から見れなくなる)明日の日記にてお伝えしよう

第三話『横浜で博多・・の巻』

横浜
日本で一番異国に近い港

古くから貿易が盛んで異国との文化交流の玄関口である
オシャレな建物が建ち並び小粋な感じである

そして山下公園
トムソーヤピーターパンが歩いてても可笑しく無い雰囲気漂う
和とは程遠い横浜の観光スポット。 

ナカナカ開国しがいのある街である

博多名物しぇいむれすの合戦
一番槍を勤めるは
あの名曲北島三郎の≪与作≫

水平線の広がる中で、カモメが飛び交う中で、 汽笛が鳴る中で

≪与作は木~を斬る!!≫
のである。手に持つのは斧では無く刀。
かなり強引である(笑)
でも好評であった

2曲目はしぇいむれす57男 
この日初登場の新曲≪博多えんやコラ≫
なんと言っても目玉はXジャンプ(ばってんジャンプと読む)
博多弁をふんだんに取り入れた歌詞とコミカルな踊りに観衆の顔もほころぶ

そして松風忍法帳
ニンニン
子供も大人も大喜び。

新撰組曲

最後はしぇいむれす58男
新曲≪博多ビバノン≫  
ではプロデューサーの平川氏の計らいでオールキャスト、
とみQ殿 美波輝美殿 梅村紀之殿 Miya殿が
バックダンサーとして乱入!!!
2005年11月7日 

最後のMiya殿の時に雨が強くなって来たのが残念ではあったが
無事終了する事が出来た

雨は夜に連れ強くなり駅に戻ると土砂降り。

駐輪場のオジサンがとても良い人で
『商売道具濡れたらアカンやろ』 とゴミ袋をくれ
『これも持っていきなさい』 と傘もくれた
『ありがとうございました』
と深々とアタマを下げる

前が見えない程の荷物、片手に傘をさし
後ろに畳を縛って運転。
横を通り過ぎるパトカーに
『危ないよ』
とマイクで注意されながらもなんとか無事幕府に到着。

観衆の視線を集める事、集めた視線を逃さない事を学べた貴重な一日であった

第四話『松風捌き・・の巻』

二度目の裁判所

相も変わらずドカチンスタイルのゆめのしんはチャべ号のペダルを漕ぐ
この日、調停員に現状を告げ受理されれば
ほぼ勝ったも同然だ

ん?なんの裁判かって? 

幕府運営のためサラ金に金を借りた(ヤミ金じゃないぞよ)
27~29%元金は減らず。
bbs25.jpg 

よ~く考えよう♪お金は大事だよ♪


毎月毎日休み無しで働いても元金はほとんど減らず
夢のために借りたお金が夢の妨げになっちょった

そんな時に特定調停制度の事を知った。 
利子が無くなり払い過ぎた利子が元金に還元される
長く借金に苦しんでる人を救済する国が設けた制度。
その結果
借金が利子無しで三分の一以下。

借金さえなくなれば
幕府は再建され天下盗りに専念出来る

しかし
究極の選択が待ってた
借金を返す事を第一、調停員や弁護士はこう問い正します
『楽団(バンド)辞められますか?』
裁判に勝つためには答えは一つ

しかしこればっかりは偽る事もクビを縦に振る事も出来ませんでした
『楽団は我が人生であり生き甲斐。どんな状況になっても続けて行きたいです』
はじめは呆れてたが
『悪い事を聞いたね。でも其の分他を節約して貰わなければならないし
活動も制限しなきゃダメだよ』


志ざした夢街道、くねりくねりと曲がっちゃいるが
曲げられないのは男の意地  

浮世絵 チョン♪イヨォ~!!(何故か歌舞伎調)


第五話『男の手料理・・・の巻』

昼休み(20分しかないが)
弁当食ってると必ず聞かれるのが
『結婚してんの?』

『親と住んでんの?』
である

まあ男がわざわざ自分で弁当作るのは珍しいわな
そんでトドメが

『それで女が作った弁当ならちょっとビックリやけど』

余計なお世話だ

見かけは悪いが味はそこまで悪くないぞ

そんで二回見た者は
『毎日同じモン喰ってない?』
と来る 

安売りで大量に仕入れ
適当な大きさに斬って分量にわけて冷凍保存し
朝パパッと炒めるだけで済むようにしているのだ

『それ、何弁当?』
と聞かれると
『しいたけニラ豚肉ピーマン人参さつまいもごぼう弁当』
とかいうと
『材料全部並べただけやんか』
と言われたので引越し屋に勤めてる時咄嗟に

『引越し丼』

と答えるとツボにハマッて大うけしていた
今はさしずめ『パチ弁』

夜は大抵
余った野菜をサッと鍋に入れ
超マイナーな会社のインスタントラーメン(でも五食で148円の破格)
を喰う 

なぬ?味気ない?

男の料理はみかけより中身で勝負よ
  

『中身も薄い』Byキートン山田

第六話『自爆・・・の巻』

手加減無用の真剣勝負(素手)

一撃も貰わなかった
しかし・・・
蹴りどころが悪く・・あんよ負傷。
組手中は興奮状態で痛みが麻痺して痛めた足でまた蹴る

帰りに段々痛くなってきて
家に帰り着く頃には見事に腫れ!!

一晩寝れば治るだろう 
前向き風呂に浸かりインドメタシン配合のサロンパスを貼り
保冷効果を強めるため包帯巻いて靴下履いて寝る

第七話『限定合戦・・・の巻』

次の日

一歩踏み出したら電気がビビビビ

インドメタシンの馬鹿野朗!!!
治ってねえやんか!!!
と怒ってみても現実は目の前に迫っており
メシ喰って出陣!!
しかし・・・いつものようにチャリを漕げるはずもなく
しかも駅構内の移動速度がカメ並ノコノコなので電車を乗り過ごした 

そして
これに乗り遅れたら完全に遅刻という電車がいまにもホームを出ようとしている
痛いの痛いの飛んでケ!!!
と階段を駆け上がりギリギリセーフ!!
そこでポン!!と肩を叩かれて振り返ると主君の姿。
『いかがいたした?』
と聞かれ
とりあえずまだ入ったばかりの職場にあって
『空手で怪我しました』
なんていうのは不安材料の元なので階段を踏み外した事にした

勤務中 筆頭ご家老の温情により
稼働の低いコースに回して貰ったものの
痛いもんは痛い
しかし働ける所をみせておかないと使いモンにならない人間に給料払ってまで
働かせるほど甘く無い

そして
仕事後ライブのリハ
片足スキップしながらいざスタジオへ

急遽決まったのだが18日の合戦は
asuka.jpg 沢本あすか、くの一で乱入!!
モデルや女子プロレスに歌手とバラエティーに富んだ才能持ち
バックダンサーにありながら主役を喰うくらいの演技の持ち主

11月18日 げんてい合戦
将軍ゆめのしん VS くのいちアスカ
軍配はどちらに??

 

第八話『インドメタシンの巻』

次の日
まだ紫色に腫れてはいるが
起きたら普通に歩けるようになっていた

『足大丈夫?』
と聞かれて
『もう全然平気ですよ』
と答えると
『いや・・・回復早すぎやろ!!!』
言われた

インドメタシンの力は偉大である

第九話『再会・・の巻』

前パチンコ屋、涙のお別れからわずか8日後・・・(つまり11月8日からね)
店舗応援で定期的にまた入る事に。

『あの涙はなんだったんだよ』
と言われるがまさかこんな早く再会するなんて思っておらなんだ

そんな訳で昼間今の店で思いっきり走りまわり
その後、夜は店舗応援で前の店を駆けまわる事に。

どっちも人が辞めて人員足りないから大変だ
わはは

第十話『戦慄の一番槍・・・の巻』

合戦三百八十五
戦場 渋谷エイジぁP
一番槍。
一曲目、与作
雰囲気的にはピッタリ(笑)
存分に木を斬った後は新曲博多えんやコラ
くの一アスカここでくの一アスカ登場!!

今回の新曲
博多ビバノン♪博多えんやコラ♪
実は舞妓ありきの曲である
複数で踊ってこそ説得力を増す
これは11月6日に山下公園の戦で実証済みで
そんなわけで急遽くの一アスカに援軍を頼んだのだ

この日一番の見せ場は松風忍法帳≪殺陣バージョン≫
あすかは殺陣初挑戦、本番前ビルの隙間で殺陣の確認。
外人は『ワォ!!』
酔っ払いは『おいおい、こんな所で喧嘩はいけねえよ』 

その後ゆめのしんソロでの長男しぇいむれすを
久方ぶりにご披露

最後に博多ビバノン
『一件落着』なのであった

あすかくの一初挑戦にてお見事 !!
本当に有難う&お疲れ様
第十一話『ゆめのしん怒る!!の巻』
合戦の次の日(19日)
風邪悪化

仕事出陣。
汚染空気、騒音環境。
食事休憩時にたまらずインカムで
『頭痛にバファリン持ってる方、ください』
『どうなさいました?』
『忍び修行で・・』
・・・沈黙・・・・
そして・・・≪笑≫

以後ホール内で走れば
『忍法影走りですか?それは』
と言われリモコンの電池が切れたと言えば
『忍法充電の術でなんとかして下さい』
と突っ込まれるのであった

この後
他店舗応援。 
前半約一時間は駅前でイベント告知

ノド痛いが黙って立ってては給料泥棒なので
ひたすら叫び続ける
そんで戻れば人員足りないので休む間も無く動き続ける
(そのために呼ばれているのだから当然である)
終わってみれば薬局もすっかり店じまい
『おいおい、明日はもっと忙しいのにこんな状況じゃヤバイやろ』
近所に薬局屋さんがあったのを思い出し
一発で効く強力な風邪薬を購入。
『さあ!!帰ってメシ喰ってバファリン※飲んで寝るぞ』
※面倒くさいので彼の中では風邪薬は全部バファリンという事になってる

そして疲れ果てて幕府に戻ってみればいつもと様子が違っていた

五月蝿い

音の根源は隣の部屋からであった
男女5、6人。土曜の夜で皆明日は休みなのだろう
ところがドッコいコッチは残業のオマケつきで
期間限定もれなく風邪の特典までついてる身である

安アパートでカラオケボックスのような騒ぎよう。
住人は幕府下の配送屋のあんちゃんを除いて年寄りばかり
もっと周囲を考えるべきである

もうドア蹴破ってかちこんでやろうかと思ったが
一つ問題があった
隣は大家の息子
あまり派手にやると追い出される可能性

にしても実はこの息子、ゆめのしんと同じ年である
いい年して常識の判断がつかないのであろうか?
アンタに言われちゃオシマイであるByキートン山田

まあ気持ちはわからなくもない
防音効いてるわけじゃなし
人間生きてるわけだからまるっきり音も立てずに
コソコソと生きる事など出来ぬであろう
いわゆる生活音って奴だな
しかしこれは明らかに論外だ
しばらく我慢してみたが一向におさまる気配もない

ゴンゴンゴン
『すんません』良く通る八百屋のような声
それまでとうって変わって
シ~んと静まりかえる
ここで無視されてはタダの一人言親父になってしまうので
ゴンゴンボコ?ゴン!!
『す・ん・ま・せ・ん!!』
『はい!!』
『明日も仕事なんですわ』何故か関西風口調
『ごめんなさい、静かにします~』


そして幕府に静寂が戻った
寝れないから電話してたと思われる下の配送屋のあんちゃんもなぜか電話終了。
ともあれ平和?を取り戻したゆめのしんは眠りにつくのであった


今宵、幕府の壁に穴が空いたのは大家には内緒である
第十二話『北極が見える・・の巻』
江戸は日に日に寒くなる
そんで風邪ひきさんには益々しばれる


朝出勤前に大家さんが謝りに来た
『昨日は息子がご迷惑をおかけしましてすいません』
いやいや、もう良い年なんだし普通こういう場合は本人が謝るべきじゃないかな^^
しかもお隣さんなのに・・・
などと出勤前にお話する時間はあるはずも無く
『いえいえ風邪ひいてるもんですから』
と意味不明な返事を返しチャリにまたがってペダルを漕ぐ
昼間バリバリホールを走るゆめのしん。
しかし強力薬で散らした熱も夜になればスッカリ元気を取り戻し
喉もバリバリ痛いんだがそんな時に限って
『今日イベントだからバリバリマイクアピール頼む』(知らないから無理ないが)
なんて事言われて調子にのってマイクを入れる

仕事終わる頃には身体がポッポと火照ってる

外に出ると北風がぴゅ~
そんで身体は寒気で唇ガチガチいってる
口元に野菜持ってったら千切り簡単に出来そうなどと戯けた発想がよぎりつつ
日本にいながら北極にいる気がするのであった
そんで喉は砂漠

帰りにスーパーよってタダ水と
牛乳と豆腐が安かったので買って帰る(マメな奴)
幕府に帰り着き炊事洗濯済ませ
ちゃんとメシ喰って薬飲まないと治るもんも治らないので
とりあえず冷凍してあった野菜に火をかける。
 
沸騰するまでの間、熱を計ると39度・・・
う~む。病人だな
そういえば小さい頃親父殿が風邪ひいたら
カボス汁を温めた奴に蜂蜜を溶かした奴を飲ませてくれたな
スゲエ身体暖まるし栄養万点のドリンクだ^-^
茹であがった野菜に安売り山芋をオロシて
豆腐にカツオぶしをかけてすする

う~む
美味^-^
余は満足じゃ!!

明日も頑張るぞ!!!
第十三話『日本海・・・の巻』
パチンコやらない人は知らないと思うが
P500.jpg 今『大海物語』という機種が流行ってる
通称≪うみ≫

P100.jpg マリンというヒロインがグッズ化され
(ライターやキーホルダーは勿論ジェットバスまであるのだ)
パチンコやるものは知らない者がいないくらいのブームを巻き起こしている

ゲームでいうドラクエやファイナルファンタジーみたいなもので
シリーズ化されて何年かに一度続編が出るカタチだ

我が店舗にも無論この大海があるわけだが
パチンコ屋さんにとっては全席埋まる事が望ましい
この状態がゆめのしん曰く
≪日本海≫
なのである
大平洋じゃ駄目なんですか?』
という問いんい対し
といえば日本海です!!』
と答えるこだわり?ようである


日々彼は≪日本海≫を夢みてホールを駆け巡るのであった

ちなみに
人数が増えることに
湘南海岸→東京湾→瀬戸内海→日本海
といった具合にステップアップしていく

『なにが基準で湘南海岸なんですか?』
『どこからどこまでが瀬戸内海でどこからどこまでが日本海なのですか?』

という問いに対しては
『満席状態が日本海で後は気分です』
という答え。
すなわち日本海以外にはそれほどのこだわりは無い
湘南海岸でもワイキキビーチでも東京湾でもリアス式海岸でも良いのである

ただし!!!
満席の所だけは
≪日本海≫ 
 
彼が新装開店時に読み挙げた句である
リニューアル 皆で目指そう 日本海
仕事中にインカムで。何故か皆が笑った
実は本人は至って真面目である

『なんでそんなに日本海フェチなんですか?』
という新たな単語まで生み出しつつ
奇妙な新人さんが入って一ヶ月が経とうとしていた


読者諸君は海と言って思い浮かぶのはどこの

12月
第一話『シーズン到来!!の巻』
ついにやって来ました
シーズン到来!!^-^
福助『スキーでぷか?』
ゆめのしん『違うわ!!』

『クリスマス?』
夢『違う違う』

福助『忘年会?』
夢『お?いいねえ 酒にご馳走・・・じゅるる』

『ヨダレ出てまぷよ』
夢『おっとイカン。間違っちゃねえがこの時期のシーズンと言ったらあれだろ?』
『あ~^0^あれでぷか』
夢『ようやくわかったか^-^』
『わかったでぷ!!』
ゆめ『よし!!言ってみろ!!』
『こたつでミカン!!』
ゆめ『バカ者!!!』
バキッ!!
『アイタッ!!』
ゆめ『幕府では昔から冬は自身発電※と決まっておろう』
※幕府には暖房器具が一切無いので腕立てなどして身体を温める

『オイラ・・出来ないのに。。。』
ゆめ『まったく前振りだけで日記の容量オーバーしてしまうではないか』

と長い前振りはさておき冬と言えば
納豆シーズン
である
????
となったソコのアナタ!!
なにゆえ納豆なのかお教えしよう


納豆
それは
古代ニッポン人が編み出した
栄養タップリ
経済的
美味い
と三拍子揃った食材である

しかし
冷蔵食品のため夏場や春秋に弁当として持って行くと実は腐る
元々腐ってるから腐らないと思いがちだが本当に腐る
納豆は元元臭い食べ物だが腐った納豆?はヤバイくらいに臭い。
『これは危険だ・・・』という香りを放つのだ

しかし!!!
冬場であれば常温でも充分鮮度を保つ事が出来るのだ
納豆
生タマゴ
鰹節
三種の神器?ともいえるこの三つをお弁当出来る季節。

だからこそワタシはこそ
納豆シーズン!!!!
と声を高らかにして叫びたい

納豆(タマゴやら含めても50円) 
焼きソバ(78円)
ラーメン(栄養バランス考えて野菜と肉入り60円くらい?)
そんで朝果物を取るようにしちょるがそれが50円(秋冬はべらぼうに安い)

スゲエ・・・一日食費250円行かんもんな

お弁当の時間に納豆を出して食べよると皆ビックリするけん。
『なんで納豆?』
昔は当たり前やったんにねえ
今じゃ珍しいんかねぇ

毎日同じメニューっちゅうのもなんやけん
ノリ買って来た
これやと一食20円くらいやもん
和食っちゃ本当に素晴らしいもんやねぇ^-

第二話『フジヤマ・・・の巻』

フジヤマを表現する時によく≪日本イチ≫の山と表現される
やけんが俺は違うと思うね
どげん考えても≪世界イチ≫やろう
高さではチョモランマの方が3倍近くあって上かも知れんが
デカけりゃイイってもんやないやろうもん

チョモランマもかなり神秘的やけんが
山の姿を想い浮かべてみたらわかる
なんてたって青い山脈やぞ(意味不明)
あれはホント謎やけん
近くで見ると緑と茶色やが
遠くから見ると下は青く上は白に見える
雄雄しい姿。 風格
美しいフォーム。まさに芸術やな


高さでは譲っても観る者を魅了してやまない美しさ、神秘性、
フジヤマに軍配があがる
だからフジヤマは世界イチの山やろ

あ・でもやっぱりニッポンイチのほうがいいかもしれん
ニッポンイチの方が世界イチより響きが良く聞こえるのは俺だけか?(笑


ミスターフジヤマ↓

yosiya2.jpg 

 

第四話『スナヤマ・・・の巻』
前回はフジヤマで今回は砂山かい(笑)
山ネタが続くが
前回の日記の画像は我が師である
松風夢之進という男の性格にあって師という存在は生涯にただ一人。
(師との出会いは全国巡業二〇〇三1月参照)

その撥から繰り出される響きは力強く雄雄しい
そして武士の鑑のような御仁である
男として
武士として
芸人として
尊敬出来る人物だ

師といっても住んでる場所も離れてるし滅多に会えない 
離れていても見守られ導く
これが師という存在では無いかと思う

今ふと思ったが師走ってなんで≪師≫が走るんだろう?
まあそれはともかく
師に比べるとまだまだ俺は砂山のようなものだ
でも水かけたくらいじゃ壊れんぞ、この砂山は(笑
踏みつけられても壊れんし。
砂山がフジヤマに育つ過程がまたドラマではないか^-^
いつしか自称では無く周囲からフジヤマと称されるような男になりたいものよ

という事でミスター砂山(笑)↓
2005年4月22日  
第五話『今年やり残したこと・・の巻』
師走だ
俺は本当に毎日走り回りよる

師走に相応しい師走

やけんが
俺は負けん!!

2005年もあと20日!!
悔いの残らんごと
精一杯走り抜けるけん!!

今年やり残した事
悔いの残ったんは
九州地震で駆け付ける事も出来んかった事

そして
2月に結婚した
元メンバー
二代目EG《SHO》

11月に結婚した
博多のギター侍
卓左衛門
おめでとう!!!

友の結婚式にすら駆け付ける事の出来んかったが

こげな事が二度と無いよう今走り回りよる

まずは一人前
そしてニ人前、三人前
さらには千人前
億人前へと成長しちゃる!
第六話『勝訴!!!の巻』
勝った
正義は勝つ!!
これで借金三分のイチだ

頑張れば来年一杯で完済出来る
2007年こそ
いよいよしぇいむれすが超飛躍
大暴れする年だ

そのために2006年
そして残り僅かな2005年
確かな基盤を創る

名実と共に日の丸を背負える楽団となるために
第七話『財布も心も寒いから!!!の巻

災害 不景気 凶悪化する犯罪
ガソリンやガスなどもドンドン値上がりする一方
消費税10%化は免れず
税金も保険料もドンドン値上がりするだろう

寒波で体感温度が寒いだけでなく
財布も心も寒い2005年冬

歌と太鼓で暖まろう
身体の芯まで暖まろう


合戦三百八十六平和島競艇場
この日大きなレースがあったため入場者は二万人!?
場内はこの人数でもまだ余裕あるくらいに滅茶苦茶広い
この日はこの冬一番の寒さでほとんどの来場者は屋内に固まった

外にある特設ステージ付近にいたのは300人くらい
だがライブハウスで考えたら超満員の人数である
相手に不足無し!!
僅か5メートルくらいのライブハウスでは2尺の太鼓も迫力があるが
20メートルもある大ステージになると物足りないくらいである
演者は舞台を広いと感じさせてはいけない
言い方を代えると舞台に飲まれてはいけないのだ


曲陣形(曲順)

君が世
博多名物
大和武士
君が世~ニッポン創生曲

博多えんやコラ
楽暖四季≪冬≫
博多ビバノン


パチンコ屋は大衆化しているため女性の姿も多いが
競艇や競馬は女性は皆無に等しく男性陣が9割以上
平均年齢は50歳くらい。であるから女性は注目の的である
そんな状況の中援軍来てくれた恥団のみんなホントに有難う 

沢山の方に『有難う!!元気貰ったよ』
という声をかけて貰った事は何よりの励みだ

これから気温も財布も心もまだまだ寒くなるニッポン
観る人々の身体の芯まで暖め得る舞台を届けたい

 

第八話『天国と地獄・・・の巻』

一ヶ月の中で一番楽しみな日
それはなんといっても給料日である

明細書を開ける瞬間。
ある程度金額はわかっているのだがやっぱりドキドキする瞬間やね

明細書に並んでいる数字は文字どおり一ヶ月の自分の頑張りやけん
『ああ・・・今月頑張ったなあ・・・』
と浸る瞬間が極楽である

しかしその数時間後にはドンドン減少し
残高はあっという間に僅か・・・
いきなり地獄に突き落とされた気分だ

ま、しょうがないの。
また一ヶ月がんばりまひょ^-^

第九話『一日百円!!・・・の巻』

来る所まで来たな
去年は食費一日五百円とか言ってた気がする
そんで今年に入って三百円とか二百円とか。

それで今回は
来月の給料日まで一日百円で過ごさなければならない事が判明した

給料日から僅か二日・・・
月参十万近く稼いでるのに有り得ない話だ(涙)
まあ今月は支払いが集中したけんしょうがないっちゃしょうがないか

食費よりスタジオ代のほうが高い(笑)
夜中でもめい一杯音が出せる所まで行くには交通費と時間も喰うし
しょうがない

一時間五百円やけん普通に生活しちょればそげん高いもんでも無いんやが。
食費月三千円て考えればエらい贅沢なもんに思えてくるわい
一分一秒無駄にはでけんよ^-^

今の勤務先までの交通費がバスと電車で一日千円かかるけんね(無論会社から支給)
これを定期と徒歩で浮かせて半額以下にしちょる
俺は酒(晩酌ね。)もタバコも娯楽もせんけん
その分普通の人より金かからんはずやが
今までそのぶん楽団につぎ込んで来たんよね
そんで挙句の果てには借金こさえて今に至るんやが。

一日百円やと一食辺り約33円
納豆
のり
ふりかけ
たまご
ラーメン
和食の王道!!

まあ先月の食料まだ貯蓄してあるので当分は問題無い^-^
というわけで年末年始はあらゆる意味で戦いだ

第十話『ゆめサンタ・・の巻』

クリスマス

それは
世界中に夢が溢れる日
おとうさんもサンタさん
おかあさんもサンタさん
もちろん子供達も大人に元気をくれるサンタさん

夢を与え
夢を受け取り
夢を交換する日

ゆめのしんのクリスマスは曲づくり^-^
これを聴く人が笑顔になる事
心暖まる事
想いながら・・
デッカイ夢袋に詰め込むのでした

クリスマスの今夜
シャンパンの代わりに水
ケーキの代わりに豆腐
幕府でささやかに祝杯
貧乏ではありますが心は潤っています

さてさて
そんなゆめサンタの戦場での贈り物
お楽しみに^-^

第十一話『ごはんがオカズ・・・の巻』

松風ゆめのしんのご飯の食べ方が密かに問題になっている

といいてもカップ焼ソバにご飯をぶっかけて喰う
ただそれだけの事だ

『そんな喰い方、はぢめてみた』
『炭水化物を炭水化物で喰うなんて・・』
『もはやご飯の方がオカズやな』
『ある意味ソバメシやね』


とまあ色んな意見が飛び交う中
本人の言い分はこうである

『焼ソバだけでは腹の足しにならんのでメシと一緒に喰う』

では何故焼ソバにご飯をぶっかけるのか?

それについては過去にさかのぼる
以前初代EG暴の家で焼肉パーティーをした時に
『オマエの使ったご飯茶碗は汚い』
と言われた

具体的に説明するとゆめのしんは必ず一旦ごはんの上に乗せてから食べる
本人はこれがあたり前なのだが周囲からすると≪変わった食べ方≫らしい
だからオカズが油ものだったりするとご飯茶碗まで汚れてしまう


焼ソバをご飯容器に乗せて食べては油まみれになり洗うのが困難になる事は明白
冬場の洗物はただでさえ辛い

だったらどうせ捨てる焼ソバ容器の方に入れちまえ!!!


という発想なのだ
この異様な食べ方は
誰にもわかるはずもない彼だけの彼なりの工夫なのであった

第十二『博多どんちゃか大忘年祭・・・の巻』

博多どんちゃか
松風幕府主催のお祭りである
2005年1月23日に第七回目が開催された
(この模様はDVD化され発売中)


第八回博多どんちゃかは 
息を潜め爆発の時期を伺っている
2006年間違い無く蘇る
あの感動が・・・・


皮切りというか2005年12月29日
博多どんちゃかIN居酒屋
忘年祭編が開催された
どんちゃか番外編である

別名
芸人忘年祭
同窓会みたいなものだ
お互い日々の活動でナカナカ会う事の出来ない仲間と語り合う場
僅か三時間という儚い夢の宴

音楽 俳優 タレント
芸という一つの共通な道を歩む仲間に会える慶び

THEパーフェクトブルー
新地雅之助
流華
骨皮スジ夫
ハマック柳田
レイパー佐藤
ケンジュークBOX
こおりまさお
CHU!★Lips

皆様ご多忙な中
お集まり戴き有難うございました

沢山の元気を貰い仲間とは大切な存在であると改めて認識したのであった
学校で習えない事、
お金で買えないものを沢山得たよ^-^

第十三話『天下餅・・・の巻』

深夜、残業から帰って来ると見知らぬ小包が
『はて??買った覚えは無いが??』
と首をかしげてると偉大なる師匠の名が!!

急いで開けてみるとが入っていた

二日後
ふるさとから小包が届いた
開けてみるとが入っていた

今年は雑煮は諦めていたのに・・・

暖かい心遣いに両手を合わせ
早速ありあわせの材料で雑煮創りにとりかかった

親がつき師匠がついた
これはまさしく天下餅

天下餅といえば
織田がこね羽柴がつきし天下餅 寝たまま喰らうは徳川
という有名な狂歌がある
家康は何もしないで天下を盗ったとあるがそれほど天下は甘く無いと思う
家康はタヌキとかあまり良い印象を持たれていないが
世界史上類をみない267年にも渡る徳川幕府を築いた実力は伊達ではない


ともあれ
俺も天下餅を喰らうからには
盗らねば天下!!


第十四話『年越しラーメン・・・の巻』

2005年最後に戦
千葉津田沼ジャスコ カウントダウンライブ

主催:イオングループ
企画:タワーレコード 日本アーティストユニオン

どえりゃ~広いがね
こんな所でやってええんんかのう


案内されるがままに進む
店内は大勢の人で賑わっている
しかし案内する御仁は中央を突き進み段々人の少ない方へ

辿り着いたのは店内の一番ハジッコ
一番人が寄り付かない場所であった
そりゃそうだよな
営業の邪魔しちゃいかんよ
レジとか店が密集してるとこでできんわな

お客さんは10名ほど。
まあそんな美味しい話はあるわけないわ
やけんが一年最後の大事な日に
わざわざ我等のライブ観に来てくれた大事なお客さんやけんね
ガッカリさせるような舞台は見せられんわ
と思いよったらやっぱり音楽の力は凄い
ほんの数メートル離れただけで
店内BGMに飲まれてしまうようなボリュームにも関わらず
演奏始まれば一人、また一人と集まってくる

司会:よしゑ

司会者のよしゑ殿はなんと和太鼓をやってて意気投合。

燐としてメチャカッコいい姐さんであった

この日の出演者は
11月に四年ぶりの再会を果たした≪とみQ≫
去年(2005年)デビューした剣道三段アーチスト姓(しょうと読むらしい)
ちゃんべび 豚丼の歌でタイアップされたチャンベビ

売れちょるアーティストだけあって

三人ともめちゃノリのええ、

今度イベント一緒にやるかもしれん。

奥華子 そして奥華子
キレイな吸い込まれるような声。

どこかで聴いた事あると思ったら引越し屋で働きよる時ラジオで聴いたんやわ
なんと路上ライブでCD2万枚も売ったらしい。CMソングとかも創りよるみたい
この娘の時一番人がようけ(沢山の意)集まってのう
CD買うために行列が出来とった
サイン会もやっとった

そんで案の定この娘が終わった後は人が引いてゆく
大半がCDを買ってサインを貰う行列に転向。
ゆめのしんの舞台が始まった時もまだサイン会の最中であった
意地でもこっち向かせたくなるよな

始まってみればガラガラだった客席にいつのまにか人だかりが出来て
拍手と歓声
異様な盛り上がりを見せた

一番人気は松風忍法帳やった
とみQとコラボした博多えんやコラとビバノンも大好評。
子供にも大人気で
ある父親は
『この子兄さんの事気に入ったみたいでこの場から離れようとせんのやわ』
とステッカーを買ってくれた
なんとも嬉しい事である
ある男性は
『突き抜けた馬鹿さに感動しました。あそこまでやってくれると気持ちええわ』
などなど感極まる言葉

ステッカー1枚300円
ゆめのしんの三日分の食費である(笑)
14枚売れた
交通費を差し引いても10日分は・・・^-^

終演後
この企画の元締めであるミッキー親分)

『年越しそば喰おう』
と誘われた

食堂に行ったらソバが無い
麺類はラーメンのみ
『ま、いっか。ラーメンで』
という事で皆で≪年越しラーメン≫
皆しょう油であったがゆめのしんは勿論、博多トンコツ

ご馳走になって食器を片付けてると
『早く、早く、カウントダウン始まるよ』
と親分に呼ばれ急いで舞台に戻る

お客さんとこの日の出演者全員で(といってもほとんど帰ってたが)
クラッカーを鳴らし2006年を迎えた

2005年色々な事があったが気分最高の締めであった



という事で二〇〇五年。

なんかタイトルはメチャ重いのに内容は楽観的やったり・・・・

いや実際大変なんよ。でもね、人生楽しまんと損。

さあていっちょ借金返して免許も取り返しちゃろうかね!!!

次項バトルIs桜田門&サラ金へ二〇〇六へ進む

松風幕府江戸上洛二〇〇五~TOPへ戻る

総合目次へ戻る

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。