もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深まりて夢染まる


夏の巡業から大暴れしている拳十九朗に加え
語り部ゆうゆが新登場。
live2.jpg



ナレーション
語り
MC
台詞

お見事!!
本場海外で身につけた英語と本業の声優で培った良く透る声

また世界が広がった

そして迎える合戦四百二十六
ちば大道芸まつり

前回高評を戴いた商工会の会長さんも三人に増えて吃驚
『今日はデラックスバージョンですか^^』
と一言

大道芸だ
エンターテイメントだ
『盗り』だ
『魅こう氣』だ
博多名物しぇいむれすだ!!


今日も子供も若者も年配の方も大喜び
天さえも涙を流して喜んだとさ

と思ったら雨、
慌てて撤収となったが気分は最高であった
スポンサーサイト

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

≪夢≫の種から芽が吹いた


このたび博多名物しぇいむれす及びゆめのしん後援会が出来る事になりました

立ち上げて下さるのは東京青年文化協会の会長さん。
主に福祉活動をされておられ
これまでに
北島三郎氏 坂本九氏 ミッキーマウス 佐々木イサオ氏
をはじめ多くの有名人芸人を招いてのチャリティーイベントや
年に一回、日本の芸人団を中国に連れての日中交流イベント
などこれまでに多くの福祉イベントを催してこられ
社会に大きく貢献されておられる御仁です

この事変により
『博多名物しぇいむれす』
が社会に貢献し町興し、ひいては国創りする機会を与えて戴ける事になりそうです(大袈裟)
ともあれ自分がやってる事が社会のために役立つなんて
なんとも素敵な事ではないか!!



『そのバイタリティーと一人で頑張る姿に感動したよ』
『アンタは必ず伸びる!!!応援してやるから頑張りなさい』

会長から直にそのお言葉を戴いたとき膝が震え感動で涙が溢れそうになった
自分のやってきた事が認められたのだ
こんな嬉しい事はない


結成十三年
今年は色んな意味で地の底からの浮上を彷彿させる年

十三年前に蒔いた種。13年間蒔きつづけた種。
夢の種からようやく芽が吹いた
博多名物しぇいむれす、近い将来必ずや夢の華咲かせます!!!!

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

卍~闘いの纏い~卍


博多名物しぇいむれす闘いの纏い
けんゆめとみ 

モデルは 拳十九朗 ゆめのしん とみQ

ファイアーパターンをあしらった将軍ゆめのしん自らデザインしたもので数量限定のプレミアアイテム
この法被、実は買えます。
6200円です
高い?
何をおっしゃいます!!
原価6000円なのです。

普段着によし
戦闘服によし
正装にもよし
兄上の結婚式もこれでイケました^-^

アンタだけだBYキートン山田
どこにでも着ていける万能なこの法被!!!一枚いかが??

これを着てあるけば有名になれます!!!
しぇいむれすが!!!
そしてあなたも(笑)



さてさてCMが終わった所でこれより本編をお楽しみ下さい
live1.jpg

合戦四百二十六~十月14日江東区区民まつり
延べ50万人もの人が集まるドデカイ祭り

見事な秋晴れ!!!

飛び入り参加が決定したとみQ殿
そして謎の助っ人サムライ拳十九朗が客席ところ狭しと大暴れ!!

『元気のねえごはいねが?』
という秋田のなまはげばりに客席の子供達を煽り
巧みに戦場へと招き合戦に強制参加


大会場にて大混戦の大合戦!!!


この日はプロの歌手もや芸人も出演しており
寅さんのソックリさんの原一平氏も出演しておられた
寅さん譲りの啖呵と口上は見事であった
ありがとやんした
live1.jpg

この『おひけえやすって!!』のポーズが様になっっちょる^-^

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

あとがき~刮目の三日間


この三日間
実に刮目する三日間であった

『男子三日あわざれば刮目してみよ』
というコトワザがある

小者も三日経てば何かを発見し成長を遂げてるかもしれない
あなどるなかれ

という事なのであるが
実際は何かをするにあたって学ぶにあたって三日という時間は
あまりに短い時間である

しかし
素晴らしい仲間にめぐり合えて
また共に一つのものを創り上げるという慶び
VA4.jpg

※1

自分に無いものを持つアーティスト達の素晴らしさ
そして動きを貪欲に勉強させてもらい
僅か三日で沢山の感動と発見を体験した
VA5.jpg
※2



何をするにも勉強勉強のハングリー精神剥き出しで臨ませてもらった
この公演が決まった三ヶ月前
三ヵ月後には違う自分に成長する事を誓い
この公演が始まった時、三日後には成長した自分になると誓った

そしてこの公演を終えた今
胸を張って言える
『俺は成長しました』
と。
VA3.jpg

※3


この三日間
実に刮目する三日間であった


本当に出演者の皆様、運営スタッフの皆様
ご来場くださったお客様、有り難うございました
※4VA.jpg




※1 本番合い間の戯れ^-^これはこれで見事なコラボ(笑)
※2 剣舞衆伽琉羅の虎徹殿と
※3 集合写真
※4 打ち上げにて。

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

千秋楽

合戦四百二十四10月9日
ザムザ阿佐ヶ谷



千秋楽の朝
最終日に相応しい日本晴れ
そして将軍ゆめのしんの瞳も天気に負けじと爛々と輝いていた

昨晩の大失敗で落ち込んでたんじゃないかって??
こん人に悩みは無用。
一時間後には明日の攻め方を考えよったくさ

まあ立ち直りの早い人やけん

上司に『ライブと仕事ドッチとるんんだ?』と問われ
『ライブです!!』って答えたら『明日から来なくていいよ』
とクビになった時も
夢と引き換えに最愛の人を失った時も
テレビ出演決まって皆に宣伝してアッサリ覆された時も
全国に飛び出して自分よりスゴイ奴がいて己の未熟さを思い知らされた時も
ワンマン前にメンバー全員脱退した時も
免停になった時も取り消しになった時も
そして風雨にさらされ野宿してた時も
収入あてにしてたバイト先を突然半リストラになった時も
一日68円で生活せねばならなかったあの時も

常に前に進んで来たのだ


まあ今回どん底から抜け出す事が出来たのは師匠の一言があったおかげでもある
というよりそれこそが起爆スイッチだ
帰りの電車
遠く離れた越前の地から有り難いお言葉を戴く
あたかも一部始終みていたかのような

そして読み終えた彼のアタマにはもはや明日の公演を、
千秋楽をいかに飾るかという事しか無かった

和太鼓だけで勝負?
やったろうやんけ!!
残された僅かな時間でどんくらい出来るか
そして・・・・帰ってすぐに寝た

オイ!!!BYキートン山田

違う違う
夜中にゴソゴソやっても近所迷惑やし効率悪い
まずは疲れをサッパリ取ってリフレッシュせんと^-^

そんで寝つきが良く寝覚めの良い長所を活かして早起き。

朝から研究。
機材を出すのは公演終了後になっているので太鼓は全部会場にある
ので入念にイメージを固めて行く
いつもより更に早く現場入り
出演者の中じゃ一番ノリ


でやっぱり太鼓は音デカイんで近所迷惑や
他の出演者やスッタフの打ち合わせの邪魔にならぬよう
抑えて抑えて叩かんとアカンのやけど
イメージを明確にして行く



そして迎えた最終公演

出演者のスタッフの様々な想いが会場にはちきれんばかりに膨らんでいた

すっかりお馴染みになったチンドン屋交じりの前口上。
本当に巧みにお客さんの注意をひきつけ笑いへ引き込み
自分の言い分を脳裏に叩き込む鮮やかな口上には思わず拍手してしまう

この日は楽日だけあっていつもより熱が入り
お客様も大笑い


オープニング
やよい殿の琴と可奈子殿のピアノにのって氏神氏切々と歌いあげる

ゆうゆ殿のナレーション
見事な英語、聴いてるだけで心地良い声にのって
舞台~桜蓮楓椿の最後の幕開け

春の演 今日は平田殿の笛の音も潤殿のバイオリンも
雪殿の舞いも
夏の演・・・いつも準備で見れず残念な限りなのだが
ジョー殿と虎徹殿の想いが幕越しにビンビンに伝わってきた
そして聴こえて来る加奈子殿のピアノとやよい殿の三味線

言葉では無く全身で、音で、
皆それぞれのありったけの想いを舞台上で放出する

そして嵐の演
いよいよ
この三日間で得たものをカタチにする時が来た

ぶっつけ本番
ソロも千秋楽とあって熱が入りいつもより長くなった
そして氏神一番氏の歌舞伎との共演
舞いも毛振りもいつもより鮮やかにそしてこの舞台にかける想い、
背面打ちで大太鼓を打ってるので姿は見えずとも
横からビンビンに伝わってきた

最後の一音を打ち鳴らす
シーン
静寂
拍手が起きない
他の演では拍手があったのに。

だが
やるべき事はやった
客席にどう映ったかは別として自分なりに満足だ

そして優雅で儚い秋の演
可奈子殿のピアノと潤殿のバイオリンの絶妙な調和に
洗練されたアスナ殿の鮮やかな舞踏
芸術の秋に相応しい

そして冬の演。やよい殿の琴とやよい殿の母上さまの
儚くも美しい旋律にのり藤永殿の剣舞もいつもより研ぎ澄まされた鋭さを感じた

エンディング
氏神氏と可奈子殿による感動のフィナーレ

この時は全員で舞台袖待機しているのだが
それぞれ『いよいよ最後だね』と笑顔で挨拶を交わしながらも
どことなく淋しげである
『もう一回やっちゃおう』と誰かが言った
本当にそう想う

時は無常・・・
あっという間に最後のごあいさつ
可奈子殿の癒しのピアノとゆめのしんの太鼓にのって
出演者登場

千秋楽だけあっていつもより長めで和やかな空気の中
笑顔と盛大な拍手に包まれてこの舞台は幕を閉じた


そして終演後。。。。
大御所
プロヂューサー
『今日は成功だったよ』
成功?拍手も貰えなかったのに?
『あれはお客さんが拍手も出来ないほど見入ってたんだよ』
『あれが今回の舞台コンセプトで≪成功≫のカタチなんだ』


最後は大太鼓の背面打ちでフィニッシュでそのまま振り向かずに舞台を立ち去るので
お客さんの表情や客席の様子は確認出来ない

だから
本当の所はわからない
ひょっとしたら昨日の事があったから慰めで言ってるのかもしれない
でも素直に嬉しい
そして終了後の舞台裏で共演者の皆から『今日のは良かったよ』
って声をかけられたのも事実。


結果オーライかな

終わったらスグに舞台バラシが始まる
先ほどまでソコにあった夢の空間が消えてゆく


今までソコにソレがあったのがウソのように
何も無くなりひっそりとたたずむ舞台


でも我々の頭にはシッカリと焼き付いている
皆で共に創った夢の空間。
いつまでも
いつまでも

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

木の葉は見えても山が見えぬ男


合戦四百二十三 10月8日
ザムザ阿佐ヶ谷


婆裟羅まつり2006~桜 蓮 楓 椿
公演二日目

この日はビデオカメラ三台入り
模様がDVD化されるという熱の入った日


しかし一般的に
中日は初日の緊張が取れて緩むと言われる
だが一回目より二回目
二回目より三回目
そして千秋楽は大きな成長を遂げていたいものである


全五公演
毎回手を変え品を変え
演じた
同じ舞台はやりたくなかった
とはいえ
共演の部分は兼ね合いもあるので
コロコロ内容を変えるわけにもいかない

冒頭の部分は
プロジェクターのイメージを崩さず繋いでいかねばならぬ
後はクライマックスは歌舞伎との共演になるので
コチラも。

だが間のソロの部分は
ある程度は自由空間である


初日が終わって
悩んだ事

俺ハコレデヨイノカ?
和太鼓だけなら俺より上手い人は山ほどいる
ならば俺が出演した意味とは???


往古知新
古きを愛しみ新しきを探す

このイベントのテーマである

今博多名物しぇいむれすがやってる事はまさしくソレである
和太鼓という日本の伝統格式ある楽器を使いながらも
これまでに無い斬新なカタチ

当たり前に和太鼓ソロをやるだけなら
このテーマに当てはまらないのでわ??
在り得ない予想外の出来事、すなわち新しい風
他に無いこの舞台だけでの風

そもそも
緊張した空気も和みの空間があってこそ引き立つのでわ?

強弱と緩急
静と動

う~む。。。。。
と想いをめぐらせるのであった
プロヂューサーの思惑と外れた方に進んでいると知らずに。


そして一晩悩んだ挙句
次の朝
カウベル※知らない人は調べるように
と首に笛をぶら下げたゆめのしんの姿があった

『なんですか?これ?』
と皆に聴かれたがあくまで極秘。
予想外の出来事であるためには。

プロヂューサーと大御所にはソロが長くなると旨だけ伝える

さて迎える三回目
本番
始まってみればカメラの存在など忘れ目の前の太鼓と
戯れる
・・が例の部分は迷いが生じ例の部分を演ずる事が出来なかった


むううう
これで良かったのだろうか??
①から③公演までは少々巻き気味で終わってる

本番直前でボリュームを増やせるとしたら
ソロパートの和太鼓部分くらい

そして終わった後読んだアンケート
お客様の『皆静かで淋しい』という声。
(他にも沢山ご意見あったが
この時のゆめのしんの頭にはこれだけ残ったのね)

そして三公演目が終えた後の大御所のご挨拶で
往古知新
古きを愛しみ新しきを探す
の事が告げられ
『我々は新しい事をやっております。そしてまだ模索中であります
色々失敗もあるかと思いますが・・・・』

と言う言葉を聴き
そうだ!!失敗を恐れちゃいかん

俺ハやるぞォ!!!
と俄然闘志を燃やすのであった
プロヂューサーの思惑と外れた方に進んでいると知らずに。


そして迎える四公演目

緊迫した和太鼓ソロ
静から動へと移り音が激しくなり
テンションが最高潮に上がった所に・・・・

不意に演奏を止めるゆめのしん
お客サンは『????』

そして高らかに鳴る笛の音
ピッピッピ~
無論お客サンは呆然、何が起こったのか把握出来ずにいる

そこへピピピピピ~
と教育的指導、
あえて言葉を使わずゼスチャーで手拍子を促す
その身振りはぶりなコミカルな様に会場に笑い声が響く

ソ~レ!!
ピッピッピ~!!
ピッピッピ~!!


サンサン七拍子をやった

会場総立ち!!の勢い
凄く盛り上がった

他の出演者も大いに喜んでくれた

よ~し明日の千秋楽も盛り上げるぞ~と意気揚揚とするゆめのしん

が・・・
その日の公演終了後の反省会
『ゆめさん、あれはなんですか
なんであそこでサンサン七拍子やる必要があるんですか
しかもなんの相談も無しに
たまたま盛り上がったから良かったものの
その後の雰囲気全部ぶち壊しじゃないですか』
プロヂューサーは怒りを露に涙目で訴えてきた

咄嗟に返す言葉が浮かばなかった
プロヂュサーのこのイベントに対する真剣な想いを茶化したように想えた

後で大御所が来て
『もっと場の空気考え無いとダメだよ。舞台なんだから皆で一つのものを創るんだからさ。
オマエのソロであればあれで良いと思うけど皆でやってんだからさ。
一人が勝手な事やると皆が勝手な事始めて収拾つかなくなるだろ?
盛り上がったからイイってもんじゃないんだよ。成功だと思うのは間違いだぞ。
あれは今回の舞台で考えれば失敗だ』

と穏やかな口調でアドバイスくれた
一人で調子に乗って浮かれてた自分が恥ずかしい存在に想えた

最後に大御所は
『俺だって笑い取ろうと思ったらいくらでも取れるけど我慢してやってんだよ
オマエも和太鼓だけで勝負してみろよ』
と告げて去っていった


和太鼓だけで
和太鼓だけで
和太鼓だけで

頭に強く木霊した

そう
俺ハ和太鼓だけで魅せる事の出来ない中途半端な男デス・・・

帰りの電車
朝とは違ってドップリ落ち込んだゆめのしんの姿があった
メイク取るのも忘れ.......※


自分のせいで舞台をぶち壊してしまった
しかもカメラが入った大切な時に...
俺はどうすべきか....

そんな想いがグルグル頭を廻る


こんな状態で明日の千秋楽迎える事が出来るのだろうか
果たしてハッピーエンドか?バッドエンドか?
そんな彼を時は待つはずもなく
泣いても笑ってもいよいよ次回千秋楽!!!


※今回メイクさんがいたので良い機会だからと歌舞伎のような隈取を書いて貰ったのだ

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

天、祝う爽やかな秋晴れ

合戦四百二十二~10月7日
阿佐ヶ谷ザムザ

昨日の嵐がウソのような雲ひとつ無い秋晴れ

どこまでも広がる青空は
これから始まる芸術の嵐への期待を現しているかのようだ

舞台は2002年今井雅之氏主演監督のMAKOTO以来
四年ぶり。
本番前の舞台裏での緊張感がたまらなく好きだ
ほんの些細な物音一つタブーな世界

ひとたび舞台が始まると皆それまでとは別人となり
演者の顔になる

舞台に出てスポットライトを浴びると
さらに輝きを増してゆく

オープニングO P     曲:天上の星
   〔歌 × ピアノ〕

壱演 春 「天仰ぐ 都の杜に 桜舞う」

   〔日本舞踊 × バイオリン × 横笛〕

弐演 夏 「蓮揺れし 水辺の苑に 風薫る」

   〔剣舞 × ピアノ × 三味線〕

参演 嵐 「婆娑羅者 嵐の中の 艶姿」

   〔獅子の舞い × 和太鼓〕

四演 秋 「楓散り 水面を彩る 星月夜 」

   〔舞踏 × ピアノ × バイオリン〕

伍演 冬 「故郷の 雪解け道に 咲く椿 」

   〔剣舞 × 琴(二連) × ユーフォニウム〕

E D     曲:永遠へ

   〔歌 × ピアノ〕



このプログラムで三日間
そんで拙者が出演したのわ
嵐の章~婆裟羅者 嵐の中の 艶姿


この舞台のテーマは春夏秋冬
それをそのまんまタイトルにしたのでは芸が無いという事で

桜~
蓮~
楓~
椿~

というそれぞれの季節の花で飾ったわけだ
う~む
プロヂューサーのセンスが光るね

そんじゃ
俺も!!!

毛虫~
セミ~
鈴虫~
ゴキブリ~


タイトルにならんでしょ~がBYキートン山田

季節の虫で現してみたんだが^^
冬の虫っておるのか???
ゴキブリなら冬の寒い中でもチョロチョロしてそうだったんで。

誰もみにこねえだろ!!BYキートン山田


まあこんな緊張感ないこの日記であるが
初日は
緊張の嵐
もう本当皆の緊迫したテンションが劇場細部にビンビンに張り詰めて
それがまた良いものを産み出すわけで^-^


小学生の書いたラブレターのような不器用さと初初しさでお届けした
和太鼓のみでの合戦!!!

いや
今となっては何やったか覚えておりませぬ(笑)
真っ白でござった

で一日2公演あるのね^-^
一回目と同じものはやりたくないので
二回目との合い間に一生懸命次ぎのソロ考える

※※※

んであんまり音出すと

(≧◇≦;)ゆめさん、静かにお願いします!!
って皆から怒られる

ハッ!Σ( ̄□ ̄;スンマソン

和太鼓はどうしても音大きいからねえ^^
打ち合わせもやりよるし
各出演者のみんなも音合わせとかやってるのさ
そこに和太鼓の音がドンドンドン!!って入ると
なんにも聴こえ無くなるわけで^^

そんで暫らくはオトナシクやってるのだが
段々エキサイティングしてきて
トントンドンドン!!

( -.-)ノ-=≡≡≡卍卍(シュ)夢さん!!!お願いします!!

あ・・・こりゃまた失礼しました(; ̄Д ̄)!


そんな所へお弁当の登場!!!!
メシメシメシヾ(*^-^*)ゞヾ(*・0・*)〃ヾ(*^o^*)ゞヾ(*゜▽^*)〃タ
喜び勇んでむさぼる

さて・・・
腹いっぱいなった所で
やる事は一つ!!!

そんで※※※地点に戻る↑

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

嵐の前の嵐

10月6日

和洋折衷・往古知新
和文化と洋文化を融合させ古きを愛しみ新しきを創る

バサラ祭り2006~桜蓮楓椿は
そんな試みをもとに
10月7日から9日まで三日間開催された

10月6日ゲネプロ

台風の影響で激しい風雨の中
アーティスト達が集結した

各々の才能を活かし舞台という一つの芸術を創るため
VA1.jpg



運営スタッフ
メイクさん
照明さん
PAさん
各出演者
プロヂューサー

VA2.jpg



それぞれの想いが一つになって行く


芸術の秋に相応しい

芸術の風、いや嵐だ
そんな嵐を前にして『天』は激しく動いていた
静けさを保つ事は『天』とて出来ぬ、
嵐の前の嵐


※写真は本番合い間の戯れ風景^-^

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

タイタニックを越える純愛物語

9月30日

いつもとは違う凛々しい兄の姿があった
花嫁の手をひく兄の姿は逞しい若武者のようであった

契りを交わし
自分の大切な最愛の人を護るという決意の表れが彼の顔を
『男』にしたのであろうか

何故かその姿を見て涙が止まらなかった
嬉し涙というやつだろうか

見つめあい微笑む二人は本当に幸せそうであった
数々の困難があったのだ
花嫁は海外で挙式を挙げるのが夢であった
5月に親族も含め海外での挙式が決まっていた

しかし急遽体調を崩した花嫁の身体を考え結婚は延期となった
この時の兄の献身は半端で無かった
人一人支えるというのは想像以上に大変な事であり本人も痩せたが
諦めず精神的にもダメージを受け弱っていた花嫁を支え、励まし
なんとか9月に挙式の運びとなった

だが時期も近く
海外まで親族が移動となると手間と莫大なお金がかかるため
当初の予定とおり海外というわけには行かなかった

しかし花嫁の夢は一生一度の儚いもの
憧れであり最高の晴れ舞台

そんな花嫁の夢を叶えるために
海外での挙式を強引に海外で二人だけで挙げて来たのだ

そして無論皆の前でちゃんと挙式を挙げる事も
重要であるので親族の前でも改めて結婚式を挙げた

強引なまでの一生二度の結婚式も
こんなカタチであれば決して悪くない
むしろ最高である

このリアルな純愛感動物語に比べたら
全米1位を獲得した制作費二億円(ドル?)かけたタイタニックも
遠く及ばぬ^^


この結婚披露宴もまた趣向を凝らしてあった
伝統芸能の神楽をパロッたオープニングに始まり
町長挨拶(兄の上司)
お笑い弾き語り
生バンド演奏
そして
弟からの貧乏芸人からの贈りもの
和太鼓打ち語りバラード。
バラードなのに何故か手拍子。そしてバラードなのに黄色い声援
『ええどええどオイ!!!』『ゆめのしん頑張れェ!!』
みたいな。

あの・・・・バラードなんですけど^^
といいたかったが、らしいかな

演奏中にアニキに酒を注ぐ不届きモンがおって
前半部肝心な二人に聴いてもらえんかった
リハでやった音量より小さくて
最後部の花嫁花婿席まで聞こえづらかったんやろね

そんな不届きモンにも和太鼓一発ドーン!!!
で静まり返った
良い音で鳴ってくれたよ本当。

前日に本家で眠ってホコリだらけになっちょったのを
磨いてくれた親父殿との二人三脚やね

バラードなのに和太鼓。
やっぱ祝い事には和太鼓は欠かせんけんね
この一見アンバランスな二つを融合させるには苦労したよ
少々強引やけど兄に捧げる曲として完成した

最後の締め言葉は親父殿

堅苦しい挨拶は他の偉い人がやってくれたからと
『ほ~ほけきょ♪』zzz112.jpg


本物も吃驚のウグイスの鳴き真似
更に難易度Cのウグイスの谷渡りも披露。

この親にしてこの子というべきか(笑)


『想い出のアルバム』も感動したな
今結婚式で当たり前にあるサービスやけど
やっぱりね、会場任せじゃなく
二人で一生懸命考えたっちゅうのが伝わってきた

一生一度の想い出
二人で本当一生懸命考えたのであろう
ここ数日あんまり寝てないっち言いよったし^^


訪れる人
そして何より二人が一番楽しそうで幸せ溢れる結婚式であった
兄上そして義姉上、感動を有り難う
末永くお幸せに!!!!




次にもし結婚式ソングを創る時が来るとしたら
それは俺の花嫁に贈る時かな

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

ふるさと

9月29日
広がる大地
穏やかな空気
ゆっくりと流れる時間


帰って来た

我がふるさとに!!

一年半ぶり
羽田空港から昨年開通した北九州空港へ
何度乗っても飛び立つ瞬間から雲の上に着くまでは
窓にへばりついてしまう(笑)
僅か一時間半で九州まで着く

親父殿とお袋殿が迎えに来てくれた
一年半も会ってなかったけん老けてないか心配やったけど
あんまり老けてなくてちょっと安心。

しかし
な~んもかわっちょらんねェ^-^
田舎んままバイ

荷物も出ていった時のまんま
山積み(笑)
俺ん部屋も落書きもそんまま


以外な人物?が迎えてくれた
福助八代目と三代目である


三代目は大阪で烈死
八代目は豊後で斬死
殉職して戦線離脱したのだが
『まだ戦えるぷ~』と必死に訴えかけてるように思えた

いってへんいってへんBYキートン山田

という事で緊急治療
車内に放置すると熱でふにゃふにゃになる
カタチを整えてアロンアルファー
後はゴムで固定して光合成!!
もといヒナタボッコ。

こんな所にじっとしちょっても退屈やろ?
江戸に連れていって思う存分暴れさせちゃる^-^
これぞ、ありがた迷惑であるBYキートン山田

さてさて
スタジオに入らんと不安や
っつう事で地元のなつかしのスタジオへ!!!

ここは※ファーストを創った想い出の場所
ここもな~んもかわっちょらん!!

マスターおらんけん勝手に入って
練習開始(笑)
一応連絡はしちょるけどね

終わったら帰ってきちょったマスターに挨拶
いやホント何年ぶりやろ

帰ったらアニキが帰ってきちょった
これまた久しぶり
一緒にメシ喰った

やっぱ九州の喰いモンはうまか!!
いやお袋さんの手料理が美味いちゅうべきかな(笑)

いよいよ明日は兄の晴れの門出
なにを言えばいいのか浮かばず声もろくにかけれぬまま
結婚前夜は更けてゆく







※2000年発表
11曲入り2200円
初期の名曲ち~ずば~が~
3rdにも収録されてる元祖長男坊しぇいむれす収録
完全自主制作やったけん音は悪いけど中身は・・・若い(笑)

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

ストリートの王者への挑戦!!

合戦四百十九ちば大道芸まつり
ストリートの王者への挑戦

ストリートの王者
それは大道芸

客寄せが最も上手く巧みで知らず知らずのうちに
魅き寄せられ、人だかりが出来
身体を張ったパフォーマンスに心奪われる
凄い人は年収ン千万。へたな神社よりスゴイ


そんな大道芸人と音楽人が混じっての合戦
交互に。

大道芸側は
太平洋don100.jpg

Labydon102.jpg

番台屋謝don103.jpg


皆様大道芸として輝かしい功績をお持ちである

だが音楽とてストリートでやれば立派な大道芸である
全国各地でストリートが普及しすぎて
珍しく無いので見向きもしないで通り過ぎて行く輩が多い

しかしそれは大道芸とて同じ事。
大道芸はストリートが流行るずっと前から大道を沸かせて来た
当然見慣れたモノもある。彼等はそこから工夫を重ね個性を加え

1どうやれば人が立ち止まるか?
2どうやれば人が離れずに最後まで観ていってくれるか?
3どうやれば人が感動してくれるか?
4どうやれば人がおひねりくれるか?

結論は最後のおひねりが一番大事である
生活の糧である
これが無いと活動していけないし身体を張ってまでやった意味が無い
しかし
このおひねりを貰うためには3があって2がなくてはならないし
2に辿り着くためには1が無くてはならない

そのための技を彼らは心得ている

おんなじだ
やってる事は違えど考えてる事はおんなじだ

通行人に
そして立ち止まり観客となってくれた人々に想いが届くか届かぬか
それは演者の魂次第

芸人魂
音魂(おとだま)

こん二つは重要。
おれん魂ばぶつけちゃる!!!
投げつけちゃる!!
食わしちゃる!!!



そんなわけで秋晴れの空の中
VS大道芸の火花が切って落とされたのであった


三本勝負!!!
ラウンド①20061003021757.gif


FAITO!!!

ゆめのしんの先制攻撃!!

波動!!
波動!!
波動!!
竜巻旋風客lound8.gif


ハイライトは東京から自転車で応援に駆けつけてくれた70歳のおじいちゃん。
ハッスルして手裏剣投げる姿が微笑ましい
子供らも楽しそうに手裏剣投げとった
でも後半が和太鼓体験コーナーで失敗してちょっとしらけた

さあ
勝負じゃチャンピョン!!

なぜか大道芸の時だけアナウンスが流れるの^^
『只今より○○前、○○横、○○付近で大道芸が行なわれます
みなさま是非お集まりください』

ずるいやずるいやP23.gif


玉乗り
話術
一発芸!!
お手玉
lound8.gif



lound4.gif


まだまだァ
リセットじゃい!!!!
二本目こそ俺が勝ァァァァァァァァつ!!!
ラウンド②lound2.gif


FAITO!!!

波動!!
波動!!
波動!!
竜巻旋風客lound8.gif


ふははははは
今度はどうでい!!!!

今度は子供に大人気^^
松風ようちえん再び!!
スゲエ、かたなだァ
『それ持っていっちゃいかん』
うわ~い^0^手裏剣みっけ
『コラコラ!!おにいさんの手裏剣が無くなるやろ』
ドンドコドンドンドン♪どんどんどん
『あああああああセッティングした太鼓がずれてしまうT0T』


子供になつかれるとこういう事もよくある
福助もヤル前にヤラレてもうた^^
lound4.gif



まだまだァ!!!
三本目があるわい!!!
ラウンド③lound3.gif


FAITO!!!

波動!!
波動!!
波動!!
竜巻旋風客lound8.gif


うはははははは
三本目にしてこの元気一杯の改心の技!!!


三本目は戦場変わって公園内のオープンカフェ
それまでイベントやりよってお客サンようけおったんに終わった途端帰りやがった
人数減ってもうて大丈夫やろか?の心配を他所に
会場は大はしゃぎの大騒ぎ♪
浮浪者みたいなオジサン
酔っ払いのおやっさん
お兄さんオネエサン
対バン諸君!!
み~んなまとめてノリノリじゃァ
これがほんとのオープンカフェじゃい^-^

まるでライブハウスのやうだ^^
俺ん勝ちやろ?

lound4.gif


ってなんでやねん^^
俺ハ負けとらんぞお

でも一本目がイマイチやったけんね
次ぎは負けんバイlound6.gif




今日もニンニン♪仲間とばってん仲間が増えました^-^

9月10日に一緒だった沖縄の歌人『わっせ』
ダンスユニットの『ジェリーピアス』
12人による合唱とタップダンスの『ワイルドオルガン』

みんなで楽しくニンニンしました
×(ばってん)ジャンプもしました

この日の良き出会いと再会に謝謝

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。