もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のち晴れ

合戦五百三十三
5月25日久喜菖蒲公園春祭り

去年の今頃は暑かったな
今年は肌寒いくらいじゃ

太鼓打つには丁度良い気温ではあるが
季節がおかしくなりよるな
まあ季節なんざ人間の世界で定めたカテゴリであるからにして
自然界においてはいつ崩れてもおかしく無いのかもしれぬが。

雨の予報であったが屋根付き憩い広場があったので
昨日の借りを返すかのように決行。
見事に晴れた。

想ひは天に通ず

スポンサーサイト

この国に捧ぐ

この時期の天気は本当に気まぐれだ
晴れてたのに突然雨降り出したり
雨だったのに晴れたり。

そんなわけで前日90%の予報を間に受けて中止にした
『芸忍祭2008』

夕方まで晴れたり曇ったりで終わってみれば出来てたじゃねえか^^
という結果になってしまったが誰が悪いわけでも無い。

おかげで時間が出来たのでトレーニングに没頭。
人間アタマの切り替えが大切^-^
そして休みに本当に休んでるようじゃ一流にはなれないって
誰かが言ってた

太鼓打ちもある意味アスリートなのだよ
全身を使って音を鳴らすには全身の機能を発達させねばならぬ。
で実はアタマもフルに使う。
全身に命令するのは脳やし
太鼓と語り合うためには細かい技術も必要だ

適当に打ってたら適当な音しかしてくれぬ
一打一打魂込めて打たぬと響いてくれぬのだ

それこそ一心同体になれば本当に無の境地なのだろうが・・・

今世界が揺れ動いちょる
政界も凄い事になっちょる
福田総理は今の国民の象徴やなかろうか
他人の非難する前に自分ば見つめなおさなイカンばい

俺たちゃ自分の事しか考えとらんし
国を守る事もしちょらん
『国任せの天任せの運任せ』
福田総理はそんな国民の波動の集合体みたいなもんやなかろうかね

友を愛し家族を愛し国を愛す

国民一人一人がこういう気持ちになれば
自然と国も変わって行く。
不景気になると心も荒んでしまいがちやが
一人一人が立ち上がって助けあう時でもある。
出演者が助け合い力を合わせて一つのものを創りあげる
芸忍座はこんな時代に相応しいスタイルやと思う。

まあ偉そうな事言っても俺に出来る事は歌う事や太鼓打つ事しか能(脳も)が無いが
危機感はもっちょるし変わらないかんと思っちょる
変えていかないかんと思っちょる

何をどうすりゃいいのかわからんし
答えもまだわからん。
しかし何かを極めるという事はほかに通ずる極意がある。
そこに答えがあるやもしれぬ

今は芸忍座守りつつ世界中の人の心を震撼させる太鼓打ちに一歩でも近付く。
この夏流した汗の量と増やした脳のシワの数だけ

風となりて

合戦五百三十二
5月18日川口駅前ふれあいフェスタ

皐月晴れ

頬吹く風も心地よい

風にたなびく幡印

是が噂の芸忍座!!

まちに笑顔の花咲く芸の種を乗せて運ぶ風也

イキ・カエル

合戦五百三十一
5月17日浅草三社祭り



≪粋≫




だね

粋~いきはあっても帰りはねえ

後ろの≪神≫には退かれても

我が響きは明日に向かって打つ!!

おやすみだ

5月5日すみだ鯉のぼりフェア
すみだでおやすみだ。
この日は現場監督に徹した。

たまにはいいんじゃない
zzz13.gif


よくねえねえな(笑)

やっぱライブは観るよりやる方が楽しいわ
2003_1001live00061.jpg

イベント後、仕事直行。
ライブで発散できぬままにGWの暇人相手に走りまわった
オヌシらGWくらいパチンコ打つんじゃねえよ

男の節句にゃドドンがドン

合戦五百三十
5月4日合併記念見沼公園皐月まつり

5月5日は子供の日
言わずとしれた
【男の節句】

一日ばかり気がはええ

 鯉も昇ってそよいで躍る
  カラッと晴れた皐月の空に

今日も太鼓がドドン!と響く
男一匹ゆめのしん!!

BONカレー

『カレー』
古インドより伝わりしこの食物は
栄養満点暑、夏バテ対策にこれからの季節にピッタリな逸品である。
オヌシのカレーはどんなカレー?
俺が作るのは人参、たまねぎ、じゃがいもにボンカレーという
もっともオーソドックスなカレー。
これが本当の【凡】カレー
(スプーンは無いので箸で喰うが)

しかし幼い頃は
キウイカレー
バナナカレー
リンゴカレー
つくだにカレー
梅酢大根入りカレー
etc・・・

様々な珍カレーを喰わされたものだ^^
え、『リンゴなんか普通じゃん』
だって?
甘いな
キミは大甘だ。
ウチのは『具』として入ってるのじゃよ^-^
丸ごと。
最初大根かとおもって尋ねたら
『あ、それリンゴよ』
とサラリと応えたので
『かあちゃん、普通こんなもんカレーに入れんぞ』p8.gif

と言うと
『西城秀樹がCMで歌いよるやろ。
♪リンゴとはちミーツって』
参照:西城秀樹 実演
『かあちゃん・・・そりゃ具じゃのうて普通スリおろしてエキスとしてわかんなくなっちょるぞ』P24.gif

『ありょ・・・』

ちなみに梅酢大根も佃煮も
キウイもバナナも丸ごと具として入っておりました。
中でも梅酢大根カレーは想像を絶する味で伝説となっておる。

今でこそ納豆カレーやおくらカレーなど珍妙なカレーもあるが20年以上も前に
ココイチも真っ青な珍メニューが我が家にはあった。
残さず食べたのは俺だけであった
正確に言うと変な味がするとは思いつつ気付かず食べて兄者が気付いて
『なんだと~どうりで・・・』
というパターンが多かった。
今では懐かしい『お袋の味』って奴じゃな。

当時は週に一度は必ずカレーの日があったので
料理番組などを見た日にはオリジナルメニューが増える可能性が高かったので
かあちゃんにはテレビは見せないようにしていた。

オヌシは凡カレー? 珍カレー?
ドッチが好み?

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。