もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷底に吹く清涼の風

履歴書送付の書類審査のとこは全敗。

直接面接を受けた所は全勝。

履歴書とか職務経歴書とか細かな書類を求める割には
ざっとしか見て無いわけだ。
年齢とか学歴で判断する。
ふっ愚かな事よのう。

直接話をすれば其の者の在り方と成りが見えて来る。

声と目を通じて覇気がわかる
言葉を通じて思考や人生構想が読める。

熱気が伝わる
たかだか紙切れで採決を決める会社などしれておるわ!!

で、この不景気に内定を貰えた事はとても在り難い事ではあるが
やはり働く以上
単に給料を貰うのではなく
働く上で何かを得る事が出来て己の向上に繋がり
周囲を幸せに出来て
尚且つ新入社員でも下克上を狙える会社がいい。
其の上で修業も続行出来る会社。

勿論どの会社も立身出世は出来る
・・・が
せっかく訪れた人生の岐路。
簡単に飛びつかずによくよく考えて忍務に着こうと思う。

俺の年齢にもなると周りはみんな責任者とか役職なんよな。
そろそろ一国一城の主になってもイイ頃や。
不意に谷底に落とされはしたがなんとも心地良い風が吹いておるわ。

まだまだココから這い上がれる。
逆転狙える。

今年は本当に忍耐の年になりそうやが
夢と仕事両立しちゃる

天下は遠ざかりよるようで実は近付きよるたい



スポンサーサイト

忍法でも止められないもの

パチンコ店に勤めてはや5年
思えば俺の江戸に来てからの歩み。

仕事忍として
パチンコ店と共に成長を遂げたといっても過言ではない

そして共にホールを駆け巡った仲間たち。
コレが忙しい時でも力湧いて来るような
みんなイイ面構えの忍士なんよね

コヤツらと戦うのもこれで最後かと思うと
目頭が熱い

男子たるもの人前で涙を晒すべからず!!

ましてや接客業務やけん
live4.jpg←こんな顔したオトコに
涙顔で対応されても暑苦しいだけやん

なんとか堪えた所に先に勤務を終えた仲間が
『お疲れ様でした』と次々に声をかけてゆく
『う・・ぐ・・』
なんとも切ないのう
前を向いて歩けんかった。
お客サンや仲間の顔をまともに見れんかった。
格闘する事一時間半。

ようやく抑える事に成功し
後はひたすら夢中でホールを駆け抜けた。
コンビニや通常の店舗では
声がでかすぎて抑えんとイカンが
パチンコ店の騒音ならいくらデカイ声を出しても
大丈夫。
コレが出し収めと思いきり『っらっしゃあせ~~~~~~~~~~』
と叫んだ。

迎えた終礼。
営業中に出せるもんは出したので一安心。
最後は潔く、そして男らしく締め括りたいけんね。


『今はこんな涼しい顔しちょりますが仕事中やばかったです』
と切り出したはいいが
突然火山の噴火のように体内から熱いものが込みあげ
後は言葉にならず、

必死に堪えるが
堪えれば堪えるほど激流の如くソレは溢れようと氾濫し
忍法を以ってしても抑えるのは困難やった

しかしこのままでは終礼が終わらない
『忍!!!!』
と心の中で一括し
『辞・・める時に・・・涙を流せるような・・職場に巡り会えた事を誇りに思います』
『明日からみ・・な・さんの・・・・・いない人生が始りますが
ここで学んだ事を活かして明日から頑張っていきます』
とヨレヨレの声でなんとか言い切り
最後の力を振り絞って
『ありがとうござぁしたァ~』
と大声で叫んだ。

僅か数秒でスピーチ出来る言葉をこれほどまでに
切なく時間がかかってしまったんは
俺がそんだけこん店を愛しとうけん。
そんで
苦しい時も楽しい時も一緒に笑える仲間がおったけん。


グランドリニューアルして滅茶苦茶忙しい中、
いつのまに用意したのか
お礼に貰ったみんなからのメッセージ入りオリジナルTシャツ。

これまで
会社の都合や己を貫いたがために
サヨナラすら言えずに退職させられた事が沢山沢山あった。

俺は芸忍貧乏でやる事沢山あったけ歓送迎会とか飲み会とか全然参加出来んやったし
自分の仕事に自信を持てるよう
そんで来場してくれたお客サンをもてなせるよう
受けもった島は自分の城くらいの勢いで働きよったけん
言う事はいっちょん聞かんかったけど
想いは通じちょったんやな・・・

と嬉しかった

今回
沢山の仲間や
ご城主様、上忍様からも直々に有り難い言葉を戴き
最後に同期のくの一から涙の挨拶も貰い
歴代最長に近い長さの終礼となり
たかが派遣の辞める時とは思えんくらい
皆から惜しまれつつ九州男児は5年間のパチンコ店の歴史に幕を閉じる事が出来た。

もう本当これだけで冥利に尽きる。
でも欲張りな俺は
最後に一つだけワガママ言わせて貰って
博多忍者流三本締めで締めくくった。
端から端まで※全力で走っても20秒(※韋駄天忍者走り)はかかるホール全体に響き渡る
人生最大のデカイ声で。

みんな本当にありがとう!!!

新たなスタート、
力強く踏み出しよるばい
みんなも達者でな!!!!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。