もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山あり谷あり

落ちたり上がったり忙しいこっちゃ^^

本免学科

桜田門の陰謀を免れなんとか撃破しました

だって聞いておくれよ
四輪の免許取るために四輪のベンキョウばかりしたにも関わらず
二輪問題ばっか出るんやもん

いや実際二輪取る時も四輪と混同された問題が出るんやけどね
免停通算六回
原付免許取って
二輪取って
四輪取ったけん
無駄に人より試験は受けまくりやけんその辺りはわかる

でも二輪に関しての問題はもっと簡単で解かりやすい問題しか出題されんはずなんよね
こんなん自動車学校でも習ってねえぞ?
ちゅうような問題ばっか^^

挙句の果てには
通常ソックリ問題集やれば
そのまんまの問題が出て楽勝のはずが
表現やらなんやらかんやら違うヒネくれ問題ばっかりでさ
前回の仮免の時ちょっと危うかったんでウッカリは許されんと思って
移動時間とかの合い間みつけてソックリ問題集眠い目こすりながら頑張って
ベンキョウしたんよ。
いくらなんでも600問もソックリ問題集やったんに一つくらいそのままんまがあってもよさげやろ?
無いんやもん。

それもそのはず・・・
俺の列は全員免許失効とか取り消しとかなった奴ばっかり^^
要は篩いにかけよるわけよね

カンニング防止のため列ごとに問題が違う


よっぽど試験管捕まえて文句言ってやろうかと思ったけど
考えを改めて50分間真剣に考えましたとも!!!
いつもは20分くらい前には見直しも終わって悠々やけど
今回50分めいっぱい使い果たしました。
そんで合格しました
見事。


これで後は本免実技。
同じ日にやってくれればいいんやけどね
別の日にまたこんといかんのよ

予約だけ取って帰る
そんでそのまま仕事

秋から冬にかけて
十月のバサラ祭り11月の芸人バトル
そして今回の免許取得とかなり職場に無理いっちょるけん
これ以上は休んだりできん
やけん遅番で出勤

実は遅番の方がハードなんよ
ウチの店は特に怒涛の如くやね


そんなこんなで
一周間後

本免実技
まず試験官の指示通りに約2,5キロ走り
自分でルートを検索して約2キロ走る自主課題コース
そして最後に場内での縦列駐車となる
持ち点100点で減点30オーバーすると検定中止のサドンデス方式


俺の前の人はね
緊張のためかかなりミスやったのよ
右左折で顔をむけて確認しなかったり(-10点)
はみ出し禁止のところで車線変更したり(?点)
カーブの途中で加速したり(?点)
傷害物との側方間隔不十分(-20点)
ふらついたり(-10点)

でも検定中止にならずに最後まで行ったんよ

よ~し
これなら俺も大丈夫!!!
と意気揚揚と試験に望んだんやが・・・・

試験場の近くまで行った時に試験管が
『左に入ってください』
と言う

まさか検定中止とは夢にも思ってなかったんで
自主経路の特別課大題に突入したと思い
『停車でいいんですよね?』
と聴くと
『いえ、試験場の中に入ってください』
という

自主課題コースをまだ行なっていないにも関わらず
試験場に帰れという事は検定中止を意味する


『そんな馬鹿な・・・・』
検定中止?
納得いかぬままに試験が終わる

終わった後
ご丁寧に敗因を教えてくれる

『アナタはウインカーを出してからの進路変更が早すぎます。
規定どおり3秒経ってから進路変更してください。
後は・・・・・・』
と言いかけて思いつかなかったのか
『まあ、それだけなんだけどね』
と言う

なんだと!?
なら落とすんじゃねえ!!!
と思った矢先思い出したようにというか付け加えるように
『緊張して運転が※固かったですよ。もっとリラックスしてください』

注※そんな減点品目はありません


緊張?
緊張してへん奴の方が少ないんちゃうか?
第一
安全確認もシッカリやったしそんな緊張したつもりも無いんやが^^
ちょっとノッキングもしたけど中止になるほどの事じゃあ・・

と言っても所詮は負け犬の遠吠え

試験管は万民に対して公平なはず
万民に対してね!!!

前科者とか新規な人とか優良ドライバーとか
そんな事は関係無いはずだ

だから落ちたには落ちたなりの理由があるんだよ
などという建前を並べつつ無理矢理納得しました
自分の中で。

ちなみに俺の前の人は合格でした
なんと言おうとボクの目と耳と判断が誤っていたのです

試験管は神さまです

ちきしょう!!!
次回みてやがれ!!!!

という事でいい加減ケリをつけたいこのシリーズ、
まだ続きます
スポンサーサイト

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

<< 前代未聞の温泉付きライブ | ホーム | 60年に一度の親孝行 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。