もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから免許を取ろうとする人のための免許取得方法講座




さて
免許を取得しようとする場合
その手段は以下の二通りである

①一発免許
独学で臨む方法。
費用は安く学校の都合に縛られず自分の空いた時間で勉強し
何度も通わなくて済む。
というのは甘い考えで実際は最も困難な道。

挫折や壁、逆境という言葉が好きという変わり者にはオススメ

②自動車学校
注意すべきは公認と非公認があり
公認だと相場が30万、日数で平均30日前後
非公認だと安くて早いを売りに15万くらいで最短16日などという所があるらしいが
やはり美味しい話には裏があり、実はよほど上手くいかない限り結果的に費用と手間と日数がかかり公認と変わらぬかそれ以上の費用になる。


自動車学校に通うのであれば
ある程度お金を用意してある程度通って
ある程度運転技術があれば必ず合格できる

お金を払う代わりに運転免許に必要な知識を訓え込み
合格させるための機関なので
合格するためのノウハウと『答え』を教えてくれる

昔はお金や女生徒には身体を要求したりで試験官の胸先三寸的な部分もあったらしいが
すぐマスコミ沙汰になる現在では不正もなく
クリーンな教官、クリーンな方針の学校がほとんどだといえる。

【一発試験】はこれほど大胆に大ウソ表記して良いのだろうかと思うくらい大ウソだ。
まあ本当に一発で取れるとは思ってはおらぬが
施工当初は其の名の通り
本免学科と実技のみの一発狙いの試験であったが

仮免制度が導入され
自主練習制度が導入され
取得時講習が導入され

最低でも三発免許という表記に変更すべきでは???
というくらい複雑化している

一発試験の詳しい段階は以下の通り。

①仮免学科
50問中45問で合格

この時点では一般受験者とほぼ変わり無い

②仮免実技
持ち点100点
70点以上で合格
しかし合格させる事を目的とする自動車学校の『仮免検定』と違い
運転免許試験場での『仮免試験』はあくまでも落とす事を目的としたもので
『一発受験者は合格させない』は
実際に受けてみて、あるいは内部情報からしてやはり真実らしい

③自主練習
免許を取って三年以上の者を助手席に乗せ一日2時間で10時間
最低5日は練習しなさいという新しい制度。
今は自主申告だが恐らく数年のうちに自動車学校等で実際に練習する事が義務付けられるだろう

④本免学科
100問中90問で合格
しかしここまで来ると前歴なんかも明らかになり

まったく素性が知られていない仮免学科の時とは違い
前科者と新規受験者に完全に分断され
試験場側の『落とそう』という魂胆が見え見えになってくる

⑤本免実技
やはり仮免と同じく自動車学校の『卒業検定』と
運転免許センターの『路上試験』は難易度が異なる。
何度も書くが自動車学校は免許取得を手助けする機関なので
根本的には『合格させる』事が目的なので
ある程度の事には目をつぶるし合格のための補助もしてくれる

しかし運転免許試験場は
あくまでも『試験』
減点もシビアであるし、よしんば上手くいっても
減点項目に無い理由まで出してまでも
落とそうという傾向がある

⑥取得時講習
応急措置
学科講習
高速教習
合計7時間を本免合格後に受講し終了証明書を貰わなければ
免許は発行して貰え無い

三年前までは三時間の受講であったが今では倍以上に増えている

⑦免許の交付
これは近所の警察署ではダメで
運転免許試験場に受け取りにいかねばならない



このように最低7回も通わなければならず
東京都の場合
各都道府県で学科と実技を同日に行なう地域もあり弱冠異なる


運よくストレートに合格したとしても
30日は余裕でかかるし
ウッカリ失効者はまだ良いとして前歴がある者であればまず間違い無く落とされるので60日はみておいた方がよいだろう

更に年末年始などの混雑期と重なると今回の自分のように更に日数がかかる。
自動車学校で最短30日。

費用にして
受験料ざっと5万円
人件費(仕事を休まなければならないので)10万
自動車学校で30万。

料金倍払って日数半分を取るか
料金半額で日数倍かけるか
究極の二択である

精神的な部分も入れると明らかに自動車学校に分配が上がる

今後益々法令が強化され
数年後には恐らく一発免許は乱発免許化されていくであろう
要は免許取るなら自動車学校に入らざるを得ない状況になりつつあるのだ


これから運転免許を取ろうとするソコのアナタ!!!
さあ、アナタならドッチを選ぶ?
スポンサーサイト

テーマ : ●●●時代をl揺るがす★平成の黒船●●● - ジャンル : 音楽

<< 夢も歩けば望に当たる | ホーム | 飛翔への勲章 >>


コメント

ご無礼お詫び申しあげます

カンパネルラ殿
実に返信が半年以上も経ってしまいました。
ご無礼お許し下さい。
いやはや今やガソリンもとんでも無い値段になってしまいました。
医療費も全額になり年金は消え消費税は上がる事も確実・・・

国民一人一人が危機感を持たねば
どうにもなりませんね^^
我々アーティストにとってもツライ時代ですが
こんな時代だからこそ我々の力が役立つのではないかと
修業に勤しむ日々であります^-^

おっしゃるとおりで

私が免許を取得した当時は、主婦や学生数も多かったので、教習所もウハウハ状態だったんでしょうけれど、少子化で教習所も危ういかな。なんて思っていたらとんでもない。
教習所が繁栄するのはかまわないんですけれど、天下り的な試験場で働く警察官の私腹を肥やす(?)のはどうも・・・。
たばこ税や酒税もそうですが、とれるとこからとる精神はどうにかならないんでしょうかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。