もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真紅に染まった初監督舞台

合戦四百六十四
6月23日東京多摩永山健康ランド竹取の湯

ゆめのしんは燃えていた
燃える眼前には車の行列。
そうアホな彼は
いきなり大渋滞にはまっていた
『だって休日の朝っぱらからこんなに多いなんて聞いてないよ』
は本人談

会場下見の時に平日の夕方帰宅ラッシュに割とスイスイ行けたので
プラス30、40分余裕見ておけば大丈夫と思ってたのが甘かった

会場に着いて通って来たルートを話すと
『それ自殺行為ルートじゃん^^』
東京に来て2年も経つのに・・・


さておき主催が遅刻という惨事に見舞われたが
ケンさん始め皆さんソコはやり手揃い
パパパと搬入すませて楽屋で全員お出迎え

いやあ本当にごめんなさい


~そして迎える本番~
静寂の中に響き渡るあゆみの笛
客席はまばたきも忘れ真剣に聴いている

そこへ巨大日の丸背負ったゆめのしん登場
拍手が巻き起こる

そして和太鼓打ち語り代表曲
夢のススメ
再び客席は食べる事も忘れて舞台に集中する

そして松風忍法帳
『劇場版』
今回は地獄丸なる謎の極悪忍者が乱入!!!
博多忍者大ピンチ・・・
しかし
多摩忍者のご加勢あってこの地獄丸を撃破!!!

戦い終わってゲイシャのやよい洗練された三味線をご披露
そこへ旅芸人とみQ登場
洋弦ギター芸人とみQ 対 和弦三味線芸人やよい
のチョッピリ滑稽で愉快な漫才

終ってとみQのオリジナルソングへ

歌い終わって挨拶して帰ろうとするとみQの眼前に現れたのは
新撰組局長 近藤ゆめのしん
鬼の副長 土方十九郎

無理やりとみQを新入隊士として勧誘する土方
そして更に強引に客席のお客さんを新入隊士として迎えいれる近藤
客席一体となった剣術指南や万歳三唱
で舞台は進行して行く

そして舞台は一転
池田屋突入の章

再びシリアスな場面に・・・
苦闘の末 戦いに勝利した新撰組は勝利の宴を始める

そこへ芸者の愛理登場。
自慢の歌を披露
更にその後は全員で和太鼓体験コーナー

会場も一体となって舞台は最高潮を迎える
ハッピーな空気に包まれる中
突如鳴り響く銃声

ゆめのしんを庇って狙撃される福助
ゆめのしんの献身の介護もむなしく息絶える福助

非業の死を遂げた福助の仇討ち
主君が家臣の仇討ち
『逆忠臣蔵』へと突入

そして舞台は最高のクライマックスへと突入していく



一見なんの繋がりも無いバラバラなテーマ
時代背景
これが見事に調和して一本のドラマになっている

そして個性豊かなCAST
それぞれがぞれぞれの役割に集中して
一つの舞台が創られていく


時間も無い中、本当に僅かな時間で
よくココまで出来たと思う


しかしゆめのしん初監督舞台にして
このままタダで終るはずもなく
第二部も中盤の盛り上がりに差し掛かったトコでまたもやハプニング。

ガツンという鈍い音
頭部に走る痛み
『ゆめさんが流血した』
という声に手をあてがうと真っ赤に染まる赤い血・・・

だが出番直前
舞台を止める訳にも行かぬ

そのまま飛び出るゆめのしん
誠一文字の白いハチマキが真紅に染まってゆく

丁度池田屋突入の章の前であった
終えて『リアル新撰組でしたよ』と幸之丞。
『いつ倒れるか心配やったよ』とやよい殿
『遅刻してバチが当ったんだよ』とケンさん
『うふふふふ』消毒液ドバっとかけすぎてツボにハマルあゆみ殿

多摩は新撰組の前身ともいえる試衛館発祥の地
きっとこの地に宿る彼等の魂に気合を入れられたのだと思う

本番後
舞台最後にシメもせずに主役が消えるのも寒いし
己のために集まってくれた皆を放置して行くのも気が引けたので
そのまま・・・・打ち上げ!!!


そしてすべて終った深夜
救急病院へ

幸い傷口は大した事なく頭にホチキス(医療用)されてオシマイ

最初から最後までみんなに心配かける
人騒がせな舞台となってしまったけれど
無事成功に納める事が出来ました
本当にみなさま有り難うございました


『芸忍THE舞台』
プロデュ-ス 博多名物しぇいむれす
脚本・演出 ゆめのしん
舞台監督ケンジュークボックス
照明・音響 幸之丞 MEGUMI

CAST
ゆめのしん
拳十九郎
やよい
あゆみ
とみQ
千原愛理

スペシャルサンクス
日本太鼓道場 
すみだカット倶楽部 坂井氏
竹取りの湯 三條氏
スポンサーサイト

<< 公開ラジオ | ホーム | サヨナラは言わない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。