もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人ののりもの

とある日のことです
けりんちょ出勤するゆめのしん君に子供が
『あ、大人なのに(けりんちょに)乗ってる!』と指を差しました。

そしてまたある日のことです
けりんちょ帰宅するゆめのしん君に桜田門一家が立ちふさがりました
『ご無礼ですが年齢は幾つでござるか?』
『三十三でごわす!!』
『結構イってますな、失礼しました』

このように誰が決めたか、
【けりんちょ=子供ののりもの】
という定義があるようなのである

今回は、けりんちょが大人ののりものである事を説きたいと思う

けりんちょの大人の魅力その壱
【驚くべき経済性】
zz123.gif
自転車だと乗れない(過去に毎日乗ってた人もいるが・・)

その点けりんちょなら駅まで蹴ってそのまま電車に乗れる
駅に放置すると持っていかれ罰金を盗られ
駐輪場に停めると平均100円~200円かかってしまう
車に積んでおけば少々遠いPでも安いところを選ぶ事が出来る
(名付けてアグライア ドラマー魔王殺法!!!)
う~む
なんと財布に優しいのりものなんだ。
まさしくこの不景気の救世主!!

けりんちょの大人の魅力その弐
【感嘆の機動性】

edo11.gif

蹴って目的地に着いたらそのままスイッチ一つで折りたためる
自転車にスピードでは劣るものの徒歩より早い
荷物を持ってる場合 走ると荷物に不可がかかるが
けりんちょであれば一定のバランスを保つので
お弁当や荷物が偏ったりグチャグチャになってたりする事もない

けりんちょの大人の魅力その参
【衝撃の運動性】
3.gif
けりんちょは見かけより遥かに運動性の高いのりものである
初心者だとものの数十秒で筋肉に負荷を感じるはずだ
鍛えられる個所は大臀筋(お尻)や裏腿など普段鍛えるのが困難な場所が
移動しながら鍛えられるという時間の無い日本人にとって夢のようなのりものなのだ

乗ってる姿勢は空手の前屈立ち、和太鼓のおがみ打ちの際の構えと共通しており
武道やスポーツや芸事の要である下半身も強化できる。
始めは勿論 目的地に着いたら真っ直ぐ歩け無いくらい辛い。
だが総てにおいて苦痛を伴なわない力など得てないに等しい

例えば飲むだけで一日で世界最強の筋肉を付けられる薬があったとしよう
最高の筋肉を持ってはいても使い方を知らないのでは宝の持ち腐れで意味が無い。
地道にコツコツつけた活きた筋肉こそ力を発揮し
伸縮自在に動くのである

物質が豊かになり
『誰でも簡単』
『お手軽』
は日常生活、芸事、アイドルやスターは勿論 恋愛にまで及ぶ昨今であるが
やはり困難を乗り越えてきたものほど強く輝きを放ち
時代が変わっても愛される


話が逸れたがけりんちょ
弱点はある

p1.gif
一つ目は羞恥心
大人として乗るのはちょっぴり恥かしい
経費削減、肉体強化、
『大人のクセにあんなの乗って格好悪い』
という周囲の冷ややかな視線の嵐に耐え得る精神も強化する事が大切である。

ninja03.gif
二つ目は雨の日
傘差し運転は自殺行為なので絶対辞めた方が良いが
カッパをきれば問題無い(暑いけどね)
が羞恥心を克服出来ないものはココでも脱落する

hp17.gif
三つ目は
段差と上り坂に弱い
段差は前輪をほんの少し浮かせる要領で蹴れば
クリア出来る。失敗するとけりんちょもろとも宙を舞うので
常に道路の状態に注意する事と慣れるまでの練習が必要だ

上り坂は鍛錬だと思えば虹の道。


公安委員会は速やかにけりんちょ安全協会を設立し
けりんちょ安全講習を行い
このけりんちょを
子供の玩具からこの不況を乗りきる『優れた乗り物』として
認めるべきである


以上けりんちょが齎す希望の光でごわした
スポンサーサイト

<< 皐の空に弾け!! | ホーム | 傷ついたキミを・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。