もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍術修業の学び舎

忍務五百八十二
9月28日都筑区総合庁舎 三味線民謡コンサート

これまで日記でちょこちょこ三味線のことが出て参りましたが
今回丁度良い機会だと思いご紹介したいと思います

習い始めたきっかけは昨年の秋にふと
天下無双の和太鼓打ち語り
に加え
弾き語り
吹き語り

三拍子揃ったら最強やな

などと想い
思い立ったら即行動、
まずは弾き語りから実践に移していく

弾く楽器といえばギターが王道
やけんが俺は和の世界が好いとうけんやっぱ
三味線しかなかろうもん
やるなら三味線の中でも一番大きくて抑揚と緩急兼ね備えた津軽三味線がええ
と思いサイトを調べて値段を見てこらとても手が出る代もんじゃねえな・・・
と思っていたのだが太鼓も激安ショップがあるけん三味線も絶対あるはず・・・
と調べるうちに超激安で三味線を打ってるショップを発見!!

楽器は手に入れた

あとは奏法やが・・・
太鼓の稽古量は減らしたく無いのでケチって我流でやろうと思ったが
やっぱり一流の先生に師事して貰う事が一番なので
いろいろ調べた結果、一番自分に合いそうな教室を発見、
早速問い合わせて
2008年12月より
小山流小山正貴先生の三味線教室
の門を叩いた。

先生はイケ面で三味線の腕前も超一流
奥さんはとても優しく綺麗で三味線も上手くて
娘さんも二人いて二人揃ってすでに三味線の仕事をしている天才少女。
天は二物どころか沢山のものを自分で勝ち取っているカッコいい大人の道の在り方を実践されちょる

高額な教室も多い中で確かな実績と指導力、を兼ね備えて
広い落ち着いた雰囲気の中マンツーマンで教えて貰えて
三味線も貸して貰えて
駅からのアクセスも良く値段もリーズナブルで非常に良心的な教室。

それはやはり単に利だけではなく三味線の普及をビジョンに入れた先生の方針の成せる業やと思う。

三味線をするにあたってもう一つの目的は
太鼓打ちとしての幅を広げるためであった。
話をするにしても
セッションするにしても
何かをする際には相手の気持ちを理解する事が一番大切。

どれだけ共感ゾーンを持てるかで共鳴し呼応し
それが増幅して良い波動を生み出す。
同じ目線で同じビジョンで話たり思考するには実践するのが一番。
実際に自分がやった事はリアルな体験としてビジョンとなり
自分を置き換えて相手の立場に立って考える事が出来る。

スキルを増やし
体験が増えれば増えるほど引き出しは無限大に広がる

・・でやるうちにその最初の目的すら忘れ魅力にとりつかれて
没頭するんやけどね
欲張りやけん一流の太鼓打ちであり一流の三味線奏者
を目指して修業しております

そういう意味でも小山先生のもとに弟子入りできたのはまことに幸運でした

指導力や理に叶った奏法は感嘆するばかりで
拙者のような三十過ぎて三味線に初めて触れた
ド素人の不器用男でも必ず上達できる教室でござる。

そして先生の人望に集まって来る人柄。
本当にすばらしい方ばかりで
今回のコンサートで特にそれを感じさせられた。
太鼓打ちとしてその【和】の中に加えて戴いたことを光栄に想います

イベントは
開幕陣太鼓に始まり
三味線合奏&太鼓
三味線&太鼓に載せての民謡歌
三味線と民謡歌
先生プロデュ-スの抑揚と緩急のついたプログラムに
感動して拍手と歓声が絶えんかった。

やっぱ一番印象に残ったんは11分にも及ぶ先生とコラボ。
『本日のメインイベントです!!!!』
なんて司会の時に紹介されて
先生はわかるが俺はそげな大したもんやなかけんが・・・
ちゅうより チャレンジャー VS チャンピョンつう感じなんやが
なんて少し思ったが
いや、そげんこと考えたら俺に真剣に太鼓の極意教えてくれよる藤舎先生に失礼ばい
自信持って打たんといかん。
こりゃ緊張しちょる場合やない。

とにかく楽しまなきゃ損ですよ。

集中力とは凄いもんで11分あっというま。
アドリブなんで何やったか覚えてないが俺的にはせっかく『三味線と太鼓の熱い共鳴』
というような紹介を戴いたのでもう少し先生の三味線に絡んで行きたかったが
いかんせん力不足で及ばんかった。
もっと太鼓も三味線も勉強してそこは次やるときの課題にしよう

あっと言う間の60分やったですが
お客さんも大喜びで帰りの車で号泣してるお客さんも
大勢いたとのことで嬉しい限り。

太鼓打ちとして
沢山のことを学びまた新しい一歩が踏み出せましたばい!!

小山正貴先生
先生の奥さんみちよさん
民謡歌手のみつなさん
そして小山流三味線 社中のみなさん
本当に色々ご迷惑おかけしました
これからもよろしくお願いします

主催の株式会社ニチイケアパレス様
お客様としてお越し戴いた有料老人ホーム桜湯園の皆様

ありがとうございました
また皆様にお会い出来る日を楽しみにしてます
スポンサーサイト

<< 皆で創った芸術の秋 | ホーム | 忍馬 新たなる展開 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。