もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆で創った芸術の秋

忍務五百八十三10月3日第34回すみだまつり

すみだまつりも今年で三回目のお招きとなった
東京下町風情の残る墨田区の祭りで毎年30万を越える来場があり
秋の墨田の風物詩のひとつ。
昨年30分ステージのところを今年は45分も戴いた。
感謝の意を込めて今年は昨年までとはカタチを変え
向太郎と杏を招いて3者三様のステージが一つになったステージを贈ることにした。

今年のすみだまつりは
絆を身体に深く刻まれる日となった


ひとつの小さな目標を達成し星を掴まえたあと
不覚にも両足に直径12~13センチの火傷を負ってしまった
仕事や太鼓の稽古にもそのまま出ていたのだが
水膨れが破れて血が出て
痛みが増し炎症を起こして悪寒と発熱と節々の痛みまで束になって襲ってきやがった

土曜の本番までに退治せねば!!

修業に使う金はあっても
病院に行く金は無いので自力で治す。
何か役に立つもんは無いか物色しておると
カット綿と痛み止めと皮膚形成ホルモン剤と消毒液が束になって出てきた

いつどこで持ってきたのか渡されてたか覚えていない。
しかしこの救急セットたちはまるでこの日が来ることを予測されてたかのように
傍で見守ってくれていたのだ。
持つべきものは看護婦の母、

かあちゃんありがとう!!!

幼少の頃 ちっともじっとしちょらん子で
よく怪我してたので要領は身体で覚えちょる
ちいとシミルが消毒してホルモン剤塗り込んで綿をあて
後は定期的に取り替えればよい。


朝起きると
予報雨
空は見事な秋晴れ
晴れ男の力は偉大だ^-^
と飛び起きると
キリ♪キリキリキリ♪
胃が鳴いておった
う~む我が胃も秋に鳴くとは
流石芸術を心得ておる
bbs19.gif



いやそんなこと言うちょる場合じゃない

いた~い
いた~い
どれくらい痛いかというと
腕立て500回に耐えうる忍耐を持つ男が立ってられない痛さである


う~む。痛み止めはメッチャ効くが副作用もデカイ。
心当たりがあり過ぎてわからんが食中毒かもしれん。

ともかく着替え等 準備だけ済ませて
出発までまだ余裕がかなりあるので寝てみる
寝転がると少し楽。
起きて治ってる事を祈りつつ
のびた並に寝るのが早い必殺技をつかって10分後へとGO!!

よし!!治った
と立ち上がると
キリキリキリキリ!!!
なんやこの音は・・・・鳴るんわ目覚ましだけで充分じゃい!!


ともかく出発までまだちょっとだけあるので寝てみる
寝転がると少し楽。
起きて治ってる事を祈りつつ
のびた並に寝るのが早い必殺技をつかって10分後へとGO!!

よし!!治った
と立ち上がると
キリキリキリキリ!!!
なんやこの音は・・・・キサマがその気ならもうしらん!!

と逆ギレしてとりあえず朝飯は食えそうに無いが
何も腹にいれないのもやばそうだったので
99ショップで偽ファイブミニ(食物繊維系)とバナナを買って出発。

気持ちを切り替えてライブのことなど考えを巡らせてると
何か大切なものがいない気が・・・
ふ、ふくすけェ!!!!

どうやら一番忘れてはならぬ相方を置き去りにしてきたようである。
手裏剣ものぼりも見事に忘れちょる

戻ると約束の時間を大幅に過ぎてしまうが
腹は減っても戦になるが彼等がいなくては合戦にならぬ。

とりあえずお詫びメールを入れて取りに戻る

30分大幅に遅刻してようやく現地到着。
しかし雨が降り出し
天候によりステージ準備がギリギリになる模様。

待ち時間

出来ることだけはやっておこうと胃が痛いのも我慢して濡れたステージを拭く
すると雨。
あがったのをみてまたステージを拭く
すると雨。
おのれぃちょこざいな・・・・・

こんな感じでナカナカステージ準備もするに出来ず
開演30分前
多分あがったのではないかという事で準備開始。

ところが思わぬアクシデント。
向太郎のギターが使用出来ない事に。
朝早くから遠くから駆けつけてくれたのに
ライブが出来ないことになった無念さもあるであろうに
快くサポート側に気持ちを切り替えたところは流石である

音確認や動作確認も満足に出来ない状態であったが
なんとか開演15分押しでスタート。
ハプニング続きの中 落ち着いて出来たのは傍にいる友の存在があったから。

開幕陣太鼓
打ち終わって振り向くとお客サンが増えていた

久ぶりの和太鼓打ち語り

出番終わって杏に繋いで舞台袖、楽屋に引っ込んだ
途端に痛みが再発、思わずガクっと片膝をついてしまったが
ステージから杏の歌声が聴こえてきた
心地良い優しい歌声。

そして
朝早くから遠くから駆けつけてくれたのに
ライブが出来ないことになった無念さもあるであろうに
快くサポートしてくれてる向太郎。

痛みが吹き飛んでゆく
『俺はこんな所で休んでおる場合ではないわ!!』
と気持ちを切り替え準備にかかる

そして
杏が見事にお客さんを感動させて繋いでくれた
ここで俺がしらけさせるわけにはいかぬ

続いて福助との忍者コント
元気一杯に飛び出す。
ひさびさともあって呼吸が全然あってないとこがなんとも言えぬが^^
そのまま忍者ソングへ

不思議なことにそれまで年配の方ばかりであったのであるが
どこからともなく子供達が集まってきた
そのままフィナーレへ

途中雨がぱらついたが晴れ男パワーもあって無事終わる事が出来た

カット倶楽部坂井さん
今回もお世話になりました。
すみだまつり実行委員会の皆様
天候の悪い中最後までお付き合いいただいたお客様
有難うございました。
晴れ男 向太郎 杏
おけげで無事完遂できたよ、ありがとう!!! 


第34回すみだまつり 錦糸町駅前ステージ
出演
博多名物しぇいむれす(芸★忍★座)
【松風夢之進 向太郎 杏 】

紅林太鼓 白鳩太鼓 菊一太鼓 あづま太鼓
まとい太鼓 東七太鼓クラブ
みぞれ流太鼓保存会

美月優、五条哲也
三山ひろし、浪花亭友歌 

主催 すみだまつり実行委員会 墨田区 一般社団法人墨田区観光協会


祭りを終えて機材を撤収。
同じく錦糸町公園ステージで熱唱する田原みどりさんの応援に行く事にした。
みどりさんは素人のど自慢の審査員とゲストをかねての出演となっていて
生憎の雨でテントで様子をみている状態。

せっかくだから戴いた弁当を食べようという事になり
弁当を広げる
いつもなら嬉しいとこだが胃が痛い今日は少々重かったり・・・
でも気持ちの問題ですから!!!美味しくいただきました。
そこへ親切な杏さんがやってきて
『しぇいむれす、お腹すいたでしょ?アタシのご飯わけてあげる!!』
杏さん、それはイジメです・・・と夢ちゃんはちょっぴり心の中で思ったそうな

いやいやそんな、気持ちの問題ですから!!勿論残さず美味しく戴きました。

食べ終わってほどなくして雨天によりその後のイベントの中止が決定された。
残念だが仕方ない

『この4人が集まる事なんか滅多に無いしせっかくやから会場散策しようよ』
とみどりさんらしい素敵な提案。胃と足が痛い今日は
みどりさん、それはイジメです・・・と夢ちゃんはちょっぴり心の中で思ったそうな

いやいやでもまさしくこのすみだまつり去年も一昨年も終わったら楽しむ間もなく
仕事や打ち合わせでバタバタ会場を去ったので
この4人で会場を散策できるなんて楽しまなきゃ損ですよ

会話がはずみあっと言う間に時間が経って
坂井さんから連絡が入っていよいよ待ちにまった打ち上げ。


ステージに立つ以上
体調不良とか言い訳にならんと常々思っている
だから全力で務める。
打ち上げは各々の判断に委ねられると思う。
はめを外すと次の日以降の予定に差し支えるし
今回大切なコンテストが控えちょるわけやし
コンテストに向けて治療に専念するのが正しい判断であるに違いない。
でもね
今回の打ち上げはすみだまつりが終了する10月4日に行われる予定であったにも関わらず
わざわざ坂井さんもみどりさんも予定を合わせてくれた
俺は今日だけの出演やがみどりさんは明日もあるし坂井さんも実行委員として
次の日も一日中帆走しなければならない大変な状況であるにもかかわらず・・・
イベントのために向君も杏も駆けつけてくれた。

これはやっぱりライブと同じくらい価値あるもので自業自得の体調不良を理由に欠席したり
『今日体調悪いんで・・・』とかいって場の空気を濁すわけにはいかん

俺はそう判断した

やけん車を一旦置きに帰って戻ることにした。

しかしここからがまた己との戦いやったんよね
やっとの想いで荷物を一旦降ろして
打ち上げ会場に戻るまでの一歩一歩がめちゃくちゃしんどい。

電車乗り遅れて
20分駅のホームで待つはめになるが
立っちょられんけん屈みこむ。

やっぱり参加辞退したほうがいいんやろか?
これで俺笑顔を貫き通せるやろか?
場の空気濁すんやなかろうか?

そんな想いがアタマを巡る。

やけんがあんまり遅いんで向君から心配して電話がかかってきて
1時間半くらい経過しちょるのに『みんなまだ待ってます』
『荷物降ろすのが遅くなってしもた。今から行くけん^-^』
みんな待ってくれちょった
こりゃ行くしかなかろうもん

もう冗談抜きで本当やっとの想いで会場に着いたんやけど
みんなの声と笑顔みたら痛みも疲れも吹っ飛んだ。

俺は本当に不器用かもしれん
馬鹿者かもしれん

Image0411.jpg
今年のすみだまつりのポスターに描かれた謎の忍者
近代的な景色の公園に仲良しの親子が笑顔で歩いてる傍らに何故か忍者がいる
坂井さんは
『これは絶対アンタだよ。
去年と一昨年出演したのが子供心に残ってこの絵に描かれたんだ』


こんな俺のやってきた事が子供達の心に残り
そして笑顔で迎えてくれる人達がいる

自分の身体がこんな状態であるからこそ
それを何倍も感じることが出来た

今年のすみだまつり
深く身体に刻みこまれた
痛みと共に
絆の大切さが・・・・

打ち上げの最中、疲れて眠ってしまった坂井さん
本当にお疲れ様です
このすばらしい絆
コンテストに負けたときの言い訳じゃなく
勝ったときのエピソードとして残すのだ^-^

いつまでもいつまでも
何年経っても忘れないためにも
今日この日記に留めておくことにした


おかげさまで火傷も胃痛も悪寒も熱も無事快復。
力が入りっぱなしだったせいか身体が軽い軽い。
お腹がぐ~っと鳴る喜び、
カサブタが取れて綺麗な素肌が見えたときの喜び。

普段当たり前に過ごしていることの中で
改めて味わえない感動を味わいました。

決戦まで2週間!!!
最低優勝!!
絶対優勝!!

スポンサーサイト

<< 写真館 | ホーム | 忍術修業の学び舎 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。