もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其の一、生誕の刻1991年~1993年


1991年 MOON LIGHTでBANDデビュー
Image008.jpg
VO ゆめのしん EG イサオ EB ちゃぎ Dr 的場 (91年構成)

11月某日 文化祭 
本当はエックスがやりたかったのだが
譜面や技術が普及した今でこそ
普通にコピーやるプレイヤーも多いかもしれんが
当時はまだ
『あげな早や弾き誰が出来るか!!』
『あのツーバスは人間技じゃでけん』
てな具合でなかなかメンバーが見つからず
BOOWYのコピーバンドで参戦。
校内プレハブが練習場で授業が終わる前から
カッ飛んで入り浸った。
この頃からドラムには関心があり
メンバーが一服休憩中、
プレハブ内に残りDrを叩いて楽しんでいた


1992年 ANGEL BLOOD 加入
Image011.jpg
Vo ゆめのしん EG 暴 EB ちゃぎ Dr タカヨシ EG ユウジ (92年構成)


ANGELBLOODはしぇいむれすの前身BANDである。
VOしげ EG ゆうじ EB ちゃぎ Dr まとば
のリーダーのEBちゃぎを中心に四人で活動をしていたのだが
ゆめのしんがVOで加入後、しげはEGに転向のち脱退。
デートで度重なる遅刻を重ねていたEBちゃぎ
『オマエじゃリーダーは勤まらん』とリーダーに自ら志願。
更にはちゃぎの脱退を機にバンド名までソックリ変えてしまうという
まさしく戦国乱世の下克上乗っ取り状態であった。

エックスはツインギターが売りにも関わらずうちは一人、
当初はエフェクターを使ってユウジ一人でハモリをカバーしていた
そんな折、ユウジから『エックス弾けるギターの人がおる』
と聴かされ胸が弾むゆめのしん。
初代EG暴は最初加入する気はサラサラなかったのだが
ゆめのしんの働くガソリンスタンドにユウジと一緒に給油しに来たのが運のツキ。

『ガソリン満タン』
とぶきらぼうに
『あ、エックスのギター弾ける人ですか?
うち今ギター一人でこまっちょったんですよ』

対して超ハイテンションなゆめ
『ふ~ん。ガソリンレギュラーで満タンね』
とあくまでクールな

『やっぱエックスはツインやないと格好つかんですけん』
とまったく意に介さぬゆめ

『ふ~ん。時間無いけ、早く給油して。』
コメカミに怒りマークの

『ず~っとエックス弾けるEG探しよったけ
今日来てくれて嬉しいでたまらんですよ』
と全然空気読めないゆめ

『わかった!!わかった入る(加入)け、頼むけガソリン急いで入れて!!』
ゆめのしん満面の笑顔
『ハイ、レギュラー満タンですね!!ありがとうございます!』


こうして単に仕事前にガソリンを給油しにいったつもりが
オリジナルの作曲を一手に受けるコンポーザーから
デモテープやチラシのキャラクターデザインまで
その後約8年にも及ぶバンド活動にドップリ浸かる羽目になるのである。
これは狙ったわけでも意地悪したわけでもなく
ゆめのしんには大歓迎の気持ちしか心になく
が怒ってるのも眼中なかったし
怒りマークを込めた言葉もまったく耳に入ってなかった
最後の『加入する』と『ガソリン入れて』のみ
当時のゆめのしんの耳は聴き取れたのである
天然、恐るべし・・・

ちなみにしぇいむれすの名付け親は
当時ゆめのしんの付き合っていたリサ(ファン倶楽部恥団総会長)
が当時のメンバーたちの素行から命名したもので
直訳するとはじしらず、図々しいの意。



9月27日 中津POWER STATION
ゆめのしん加入後 初ライブ
今では恥かしげもなくニンニンなんてやっておりますが
いやはやこの時はお客さんの方を向いて歌うことが出来んかった。
なんで曲中もMC中も常に横顔(笑)
ある意味格好つけてるようにも見えるのだがシャイなあん畜生やったんですよ。
このシャイなボーカル君が
後に全国相手に一人で挑むことになるとは誰も想わなんだろう。


11月1日 中津港 PLAYER楽器店 みんなの音楽祭
まだミスター横顔君。
ちょっとナウくサイドフェイサーとでも呼んでおこう。
この頃まだバンドが沢山おったけん待ち時間の長いこと。
じっとしちょったら寒いけん
公園が近くにあったけ滑り台とか鉄棒でみんなで猿化して遊んだ


11月某日 築上北高等学校 文化祭

EGユウジの家にみんなで泊まり込み。
俺ハ喉のことを考えて早めに眠りたかったのだが
メンバー超ハイテンションで宴たけなわ。

結局騒ぎ疲れて全員イビキをかく頃
目が冴えて眠れなくなってしまったのだが
草木も眠るウシみつどき・・・
それは突然起こった。

眠るユウジの腰が突然高速ピストン運動。

カクカクカクカクカクカクカク

思わず目が点になりポルターガイスト!?
と想うくらいに不思議な現象でしばし呆然と見つめちょった。
相手もおらんのに・・・
一体どんな夢やったんやろ?


11月29日 POWER STATION
ゆめのしん のみ出演。
ライブハウスに遊びにいったらステージに
突然あげられてBOOWYを熱唱。
うちのお客さんも遊びに来てたんで拍手喝采。


12月13日 POWER STATION
1992年12月ゆめ&ユウジ
この頃になると丸出しになってくる
なにがって?勿論『バカ』ですよ。
メンバー全員揃ってバカ。マルコメの○出汁。
1992年12月ゆめ&ちゃぎ

12月27日 POWER STATION

1992年パワーステーションGIG


1993年~
1月17日 POWER STATION
1月31日 POWER STATION
2月14日 POWER STATION
1992年冬ANGELBLOOD


3月07日 POWER STATION
3月14日 POWER STATION
1993年1月17日パワーステーションGIG
4月11日 PLAYER楽器 リニューアルOPEN
記念ライブ 吉富フォーユー会館

EB ちゃぎ脱退 & ANGEL BLOOD 解散ライブ。
一応リーダー勤めただけあってムードメーカーで
『エックスも博多からメジャーになったけん
俺達も福岡からメジャーになろう』 
 
という大嘘を間に受け『おおお、Xは博多出身なんや!!』
と信じ、プロフィール見たら『おもいっきり千葉やんけ!!このタコ!!』
とメンバーからド突かれる。
この日で解散といいつつもバンド名変えるメドは
メンバー内ではスッカリ立っていた。
涙する本人とは裏腹にメンバー一同笑顔で送り出した。
そういうキャラなのだコヤツは。



1993年 しぇいむれす誕生
1993年TOP
Vo ゆめのしん EG 暴 EB イサオ DR タカヨシ EG ユウジ (93年構成)


6月20日XビルB1 しぇいむれす誕生ライブ
新ベース いさお加入。新といいつつも
入学初日からず~っとつるんできた悪友である。
一緒に停学喰らったり
夜遊びで締め出し喰らって神社の境内に停まったり(バチ辺りな若者である)
三年間クラスは違ったのだが常に一緒で
『どっちがどっちかわからんくなる』
と担任教師から間違えられるほど気の合う男であった。
一年の時から『X一緒にやろうや!!』と誘いつづけ
フラレ続けたがようやく夢叶ったカタチである。

肝心のライブの方はリハーサルの出来があまりに良過ぎて
本番前に飲みまくり
本番はまるで駄目
(まあそれでも本人達含め異様にハイテンションで大盛況やったが)
以来出番前は禁酒することを誓うのであった。

この日は初のオリジナルソング
『しぇいむれす』デビューでもあり
このライブの直前にNHK BSヤングバトル応募。

レコーディングの時にDrのタカヨシと衝突しあわや中止。 
締め切り前日ギリギリ間に合い
見事!!予選敗退・・・


8月1日(日) サマーホットGIG 吉冨フォーユー会館
1993年11月3日イサオ
メンバー全員でお揃いの特攻服を創り参戦。
遠くは大分、別府、更には東京の方からも観に来る騒ぎになった。
ビシッとキメるつもりがゆめのしんの社会の窓が全開バリバリで
ファンのコがコッソリ『チャック開いてるよ』と教えてくれたにも関わらず
『チャック全開だったぜぇ~』とマイクで公表し笑いを誘い
反省会で『リーダー、あれじゃコミックバンドやんか!!』と攻めたてられ懺悔。

8月25日(水)大分ドラムTOPs
出演 しぇいむれす スケアリー ドア-フ
地元を飛び出して遠征。
初ライブハウス。
地元から異様な出で立ちの援軍が駆けつけ
目立つのは目立ったしぇいむれす御一行

1993年大分にてファンの集い
なんせ初めてですから田舎もん丸出しで
ウロウロ、キョロキョロ。
見かねた店長から
『出演者があまりウロウロするんじゃない』
と怒られたり
その後、二回目の出演となった時のバンドの説明の下りには
【派手派手でドカドカ五月蝿いしぇいむれす】
と書かれるなどナカナカ コウ印象だったようだ(笑)

9月5日XビルB1 
ゆめのしんバースデーLIVE
『偶然ライブと誕生日が重なっっちまったぜぇ~』
などといいつつも下心みえみえでメンバーから指摘を喰らう


11月3日PLAYER楽器5周年記念ライブ

ゆめのしん初の司会者。
1993年11月3日司会極悪ブラザーズ
喋る内容を忘れないようにメモっていたのだが
字が汚すぎて読めない
というアクシデントに見舞われそのままネタにして
強引に笑いを誘う。
1993年11月3日字が読めないの図


11月某日 築上北高等学校文化祭
例によって前日からメンバー揃ってハイテンションのどんちゃん騒ぎ。
1993年11月学祭前夜祭

そしてまた例によって草木も眠るウシみつどき。
眠り損ねたゆめのしんの眼前で例の不思議な現象が起った


カクカクカクカクカクカクカクカク
とユウジの腰が再び高速ピストンを始めたのである。

今度は冷静にイサオを揺り起こす
『・・・は~ん?』と寝ぼけマナコで起きたイサオだが
『うお!?なんじゃコリャ!?』と仰天。
『これどげな夢みよるんやろ?』
『さあ・・・?』
呆然と見つめる二人であった。



はた迷惑にも建前上ANGEL BLOODを出演させて
しぇいむれすと二本立てライブ。
1993年11月学祭

最善列では長髪ねえちゃんズがヘッドバンキング。
みんなの文化祭で1時間以上演奏。 ほぼ占拠状態。
呆れる教師と生徒を尻目に
次の日 疲れ果てて爆睡するほど勝手に盛り上がった。
1993年11月学祭イサオ

本人達の中では過去最高の出来映えのライブとなったのであるが
こののちにゆめのしんとイサオの間にすれ違いが生じ
修正が出来ない状態になり素直に言葉を交わせぬ日が続き
こののち数日後
・・・EBイサオと校内で乱闘 EB イサオ脱退
バンド人生の中でも最も大きなショッキングな事件であった。

12月23日 吉富フォーユー会館PLAYER楽器クリスマスLIVE
EB イサオ脱退でベース不在なままライブ。
一旦解散という事になり
『俺達、クリスマスにめでたく解散だあ!!』
1993年ゆめゴジラ
と叫ぶゆめのしんの顔は笑ってなかった
年の瀬から新年にかけてメンバー内で会議が繰り返される。
(EG ユウジはこの日を境に脱退が決定)
『これまでの俺達の人気は決して俺達の実力ではなく
Xのおかげや。X離れせんと絶対上にはいけんき。』
というDrのタカヨシの一言でXのコピーバンドを
卒業しXの兄弟バンド、レディースルームのコピーバンドとして(ってオイ!!)
歩むことになる。
いきなり完全オリジナル化は無理やし色んなバンドをやって勉強しながら
オリジナルを創っていこうという形で意見がまとまった。

12月31日 ゆめのしん飛び入りLIVE
ベース不在なのでカウントダウンは断念ということになったのだが
コタツで正月を迎える気などサラサラなくLIVE会場へ。
案の定飛び入りを要求され参戦。
やはり会場には仲間が遊びに来てて楽しい年越しとなった。

次項、其の二、 混沌の刻へ進む
第一期≪創生≫TOPへ戻る
目次へ戻る





スポンサーサイト

<< 第一期≪創生≫1991年~1999年 | ホーム | 其の二、混沌の刻1994年~1995年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。