もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其の二、混沌の刻1994年~1995年

1994年~エックスのコピーからレディースルームのコピー
そしてオリジナルに移行

Image007.jpg
3月20日 ニュー泉
ニューベシストたかぼうを迎え新生しぇいむれすで臨む。
レディースルームをはじめ
洋楽のモトリークルー、SKID ROWなどの
バッドボーイズROCKに傾倒してた頃で
楽曲にその影響が出ちょる。
1994年3月20日すぷりんぐLIVE

5月3日 大分TOPs
なぜかウチはベースで苦労する傾向があるらしく
本番前に楽屋でEBたかぼうを巡ってゆめのしんとタカヨシが喧嘩。
レスラー並に逞しい暴の『こげな時に喧嘩してもしょうなかろうが!!』
一括仲裁でことなきを得たが
本人はシレっとしてた。
毎度のことながら無事本番は終了。
1994年5月3日大分TOPs

5月5日 POWER STATION
ゆめのしん風邪をひく
それまでバンド練習だけは休んだことが無かったが
大事をとって前日のリハで初黒星
・・・にも関わらず熱がひかず
点滴を打って参戦。
1994年5月5日馬鹿だから風邪ひいた男
EG暴から『コイツ馬鹿やけ風邪ひかんと思ったらひきよるけん。
そんで今日来んでいいのに点滴打ってきよるき。ホント馬鹿やろ?』
と愛情タップリの紹介を受けて客席から黄色い歓声を貰う。

1994年5月5日捕らわれの風邪ひき馬鹿
無事終わって大人しくするよう捕えられたサルの図↑

6月12日 中津XビルB1
三代目問題児ベーシストたかぼう君脱退。
作曲担当の暴の苦心の努力で
オリジナルが出揃ってきてこの頃から
しぇいむれすはコピーBANDからオリジナルBANDとなった。
しかし不安材料山積みであった。
1994年6月12日の馬鹿

7月4日 大分TOPs

覇叉羅 
出演 しぇいむれす 覇叉羅ほか 
夏の暑い日だった。
ライブ前からハイテンションで盛り上がりまくり。
当然本番もハイテンション、
覇叉羅の皆さんと意気投合。
『打ち上げいかねっスか?』
そして車も仲良くオーバーヒート
仕方無いので近所の駐車場に避難。
するとこわ~いお兄さんとオジサン達が現れて
『おめえら誰にココに断わって車停めちょんのじゃぁ』
と怒鳴られ慌てて車を押しがけで
避難。とこらがオートマ車なんで相当大変。
見かねたこわ~いオジサマ達は
『しょうがないのう、うちの車でチャージしちゃるわ』
と親切にちゃべ号を黄泉がえらせてくれたのである。

しかし喜びも束の間、相当バッテリーが弱ってるらしく
エンジンを切るとエンジンがかからなくなてしまう。
まさか真夜中の飲み屋街でエンジンかけたまま離れるなんて
危険な真似はできず
せっかくの楽しい打ち上げにもいけず途方に暮れてたところに
さきほどのこわ~いオジサン再び登場。
『にいちゃん困っちょるんならうちの駐車場停めてけや?
車はちゃんと面倒みちゃる』

なんとやさしいオジサマなんだろう

こうして無事打ち上げに参加。
ゆめのしんは寒いギャグを連発。
そのたびに覇叉羅のメンバーから『リーダー飲みが足んねえッスよ』
と飲まされるのであった


7月10日 中津Xビル
二代目超悪太郎ベーシスト イサオ復活
1994年6月高度なお馬鹿×3
↑必殺人間トーテムポール。
ストロング暴ならではの力技。
1994年6月馬鹿×3
スタジオ休憩中さらに疲れる遊びをする馬鹿者達の図。

8月7日 宇佐市七夕祭り
主催 宇佐市
タカヨシのコネだったか
良く行ってた飲み屋のね~ちゃんの紹介だったか
定かで無いが公共の祭りに参加。
イサオ ばっくれ

1994年8月宇佐七夕祭り
↑ライブ中は厳つい顔が多いが珍しくめちゃ笑顔の暴。

8月15日 大分TOPs

出演 しぇいむれす マリスミゼル
VOはガクトでは無かった。
前回の覇叉羅に続き人気も実力も桁違いのまさかの対バン。

二代目超悪太郎EBイサオが時間になっても現れないので
自宅に電話。弟が出て『お兄ちゃん友達とキャンプに出かけました』

・・・・・・・と言う事で
大物バンド相手にベース抜きのふざけたライブを敢行。
打ち上げで8人乗りワゴンに機材+12人の
超強引観光を敢行。

1994年8月大分港



9月25日 中津アート花館
POWER STATION GIG

1994年9月アート花館
今まではコピーだったため自分達に力は無くとも
そのバンドのブランド力で集客できたがオリジナルに移行すると
自分達を売り込んでいくしかない。
この頃から街頭チラシによる宣伝に力を注ぎ始めた。
ファンが作ってくれた手作りチラシ。
1994年ファンの手作りチラシ
そしてメンバー手作りのチラシ
1994年メンバー手作りチラシ
名付けて『しぇいむれすを有名にしちゃろうや計画』
をファンとメンバーで手分けして展開した。
ちなみに文字はゆめのしんが書こうとしたら
『オマエは字が汚いから書くな!!』
と満場一致で止められ字のキレイなタカヨシが書いた。

ちなみにゆめのしんが真心込めて作った手書きチラシ↓
落書きのような手作りチラシ
間違い無く3秒でクズカゴか迷惑物撒き散らし罪でお縄である



10月14日 大分TOPs
出演 しぇいむれす ジャンキーママ ほか
しぇいむれすを見兼ねたEB具茶が助っ人加入。
『お前等の根性ワシが叩きなおしてやる』
毒舌ぶりは右に出るものはおらず
口クセは『バカ野狼!!』
この口クセは関係者の間では流行語大賞ばりに流行った。
一見変態だが中身は超ド変態(アレ?)
『ワシは男も女も両方いけるぞ!!』
不良グループに数人がかりで襲われても
『なんだその殴り方は?奥歯の一本くらい折ってみろ!』
勿論音楽に関してもド変態級
音楽理論からプレイまで徹底してこだわってるのだ。
好き勝手やりたい放題やってきたしぇいむれすだが
この具茶の加入できつ~いお灸を据えられることになる。


11月15日 大分TOPs
出演 しぇいむれす ジェノサイド ほか
1994年MC中ポーズするおちゃめなタカヨシ
人がMCしてる最中にポーズ決めて写真撮影するお茶目なドラーマーの図。

11月18日 中津アート花館
POWER STATION GIG

出演 しぇいむれす レザー ほか
『コマした女は100人以上じゃえ』
自称遊び忍Drのタカヨシ脱退。
タカヨシは1992年の暮れエックスのドラムを叩ける男がいるらしいとの
情報を得て対バンとして出会ったのがはじまり。
4つくらいバンドを掛け持ちしていたが
ゆめのしんのラブコールを受けて最初ヘルパーで参加。
そして例によってゆめのしんの執拗な誘いで正式メンバーになるわけだが
レコーディングや練習、メンバーのことなど
活動の中で多分一番衝突したのがこのタカヨシである。
そして実は一番脱退と復活が多いのも彼である。
喧嘩しても次ぎに逢えば当然のように
普通に会話出来る不思議なオーラの持ち主なのだ。
ゆえにこの後もまた復活と脱退を繰り返すのであった。


12月31日 築城ウッドハウス

対バン レザーほか多数
具茶の加入により
『ぐっさん入るなら俺も手伝ってやる』
ターミネ-ターばりの肉体を持ちパワープレイから繊細な技巧プレイをこなす
ドラマーシンイチ助っ人加入。
とはいっても実は出会いはメンバーの中でもかなり古く
1992年の夏 二輪免許教習所で意気投合し
『バンドやるなら俺に言え!!手伝ってやるぞ』
ということで早速
92年の11月1日 中津港 PLAYER楽器店 みんなの音楽祭
以降タカヨシが参加するまでの期間
何度もドラムがいない時に叩いて貰ってたりする。
見かけは恐いが中身も恐い・・いや優しいお兄さんなのだ。

1995年 コピーでお勉強
1995年TOP
Vo ゆめのしん EG 暴 EB 具茶 DR シンイチ
2月14日 中津アート花館
POWER STATION GIG
一転してマイケルシェンカーやオジ-のコピーを
交えてオリジナル制作やアレンジに勤しむ。
まだこの頃はEG暴に作曲は任せきりで
作詞はゆめのしんが行っていたのだが
いかんせんセンスがなく日本語のままだと
かっこ悪いので英語教師(以外だが)でもある具茶に
英詩にして貰いよった。
ちなみにしぇいむれす
リサの『ゆめのしんたちの素行をそのままバンド名にして
はじしらずを英語にしたら・・・?』
というアイデアを受け
はじ=shame(シェイム)に
打ち消し系のLESS〔例:ワイヤレスなど〕をくっつけた具茶の造語で
当時和英辞典には掲載されていなかったのだが
最近調べたら
shameless〔シェイムレス〕
恥が無い 図々しい
として記載されてあった。

後から出来たのだろうか?
それともたまたま?


3月21日 中津アート花館
POWER STATION GIG

この頃
大工の棟梁の若頭として仕事が多忙になってきたシンイチの後任ドラマー
みや
新EGかずが加入している
スタジオで何度か合わせて本番に向けて団結を図ったが
みやはしぇいむれすのアニキ分バンドであるレザーに加入。
かずは単身赴任で名古屋に渡り金を稼ぎ後に20代後半でコンビニやカーショップ、バーなどを
経営するオ-ナーに成長する。
恐らく歴代しぇいむれすメンバーで一番の出世頭の男だ。
ちなみにEGユウジは借金作って港に沈められたとの噂があったが
全身刺青のトラック野朗やってるらしい。


8月27日 築城ウッドハウス
POWER STATION GIG

POWER ATATION店長 中山さん
通称ちゅうさんがこの日限りのヘルパーでDrを叩いてくれた。
客席からほろ酔い気分で野次が飛んだのだが
突如ステージ後方から『今言った奴誰かコラッあ!!ステージ出ろ』
と怒鳴り声。ちゅうさんであった。
場内は静まり返ったのは言うまでもない。


11月05日 中津レストハウス南山
POWER STATION GIG
ウッドハウスもステーキハウス
アート花館に至ってはお花屋さんである。
どこでもライブハウス化してしまうのが
POWER STATIONの中山さんの恐ろしい所である。

11月12日 小倉WOW
北九州小倉といえば九州の中核都市で
町のキャッチフレーズが

~教育薫る豊かな田園都市~

家の横も田んぼ
前も田んぼ
お祭タンボの
Uhoo~タンボウ
な環境で育ったゆめのしんたちにとって
大都会であった。
そげなこってこの日のライブは
大都会への第一歩 (BGM ♪大都会)
なのであった。

次項、其の三修業の刻へ進む

第一期≪創生≫TOPへ戻る
目次へ戻る

スポンサーサイト

<< 其の一、生誕の刻1991年~1993年 | ホーム | 其の三、修業の刻1996年~1997年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。