もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其の二、2001年、大海に挑む負けず嫌いなオタマジャクシ

博多名物しぇいむれす第二期≪動乱≫

其の二、大海に挑む負けず嫌いなオタマジャクシ

2月11日(日) 天神徒楽夢
出演 しぇいむれす サンフィッシュほか

この日を境に松風幕府 博多に拠点を移す
と同時に就職もめでたく決まり怪しい新聞勧誘員となる。
しかし先に就職が決まったため10日間
車内泊で過ごし
ようやく博多での城が見つかった後も
何分 本家まで 片道3時間
生活そっちのけで広報やメンバー探しや職探しなど他の活動も忙しく
荷物が全然準備出来ず
暫らくの間
荷物もねえ布団も無え吉幾三

しばれる冬期にフローリングでジャンバー羽織って寝る日が続く
そして博多に拠点を移して17日後の2月28日
ようやく訪れた休日に荷物を運び
ようやく家らしくなった牙城で眠る(当時平均睡眠3時間)

また初博多ライブとなったこの時のサンフィッシュ(現バグハイパー)
のかずぽりとは共に衰退の傾向にあった九州のバンドシーンを盛り上げた生涯の盟友である


2月17日(日) 大分フォーラス
EG 九州男児 脱退

入社したてでいきなり仕事に遅刻して
ホモ男にソックリの社長から会社居残り説教。


2月24日(土) 中津ファイアーハウス
出演 しぇいむれす 自家発電 ほか
翌日の小倉と勘違いして大遅刻。
Sho初登場、ゆめハシャギすぎてマイク&機材破壊。


2月25日(日) 小倉WOW
前日の中津と勘違いして大遅刻。
開場オシオシで出番最後に。お客サンお帰りになる。
ところがカムバックで盛り上がり。
EB狼志加入


3月3日(土) 福岡ドラム参
福岡であると認識していたにも関わらずまた遅刻。
また同時期 
就職がきまったばかりの当時勤務していた会社社長から
休日希望がライブばかりだったので
『キミは仕事を取るのバンドを取るのかどっちなんだ?』
正直に『バンドです』と答ええてめでたくクビ。

若気の至りである。

EG 木藤こうじ 脱退。


3月24日(土) ラジオ出演
地元ローカルラジオ番組。



3月25日(日) 中津ファイアーハウス

出演 しぇいむれす ルーシー ジーマ ほか
EB 狼志 初登場
この当時は95年頃にプロモ制作用に買った8ミリで
自主プロモビデオを制作してて
ライブの合い間を縫っては集まっては
テレビ局に潜入したり(別にキャンセルの仕返しではない)
廃工場や線路に侵入したり高速道路でゲリラ撮影して機動隊に怒られたり
ライブ終了後にゆめのしんがパトカーに収容されて取り調べを受け
その模様をShoカメラに収めたりとお茶目な小僧集団であった。
2001年プロモテレビ局刀
刀持ってこんな事やってツマミ出されなかったのはテレビ局ならでは。

3月29日(木)小倉WOW
出演 しぇいむれす オリバース 低空飛行 ほか
Sho & 狼志 加入したてで都合つかずぼっち一人。
でも楽し。

4月20日(金) ドラム参

4月22日(日) 大分フォーラス

4月29日(日) 小倉WOW

同時期、拠点を移して早々に資金繰りで親に迷惑かける親不孝息子、
職探しの後にめでたく何でも屋に就職が決まる。

5月04日(金) 小倉WOW
長崎からの援軍が駆けつけこの日限りの3年ぶりのフルBAND。
Vo ゆめのしん EG Sho EB 狼志 に加え
EG ヒロキ(Shoの兄) Dr テリオ(Shoの友達)
あまりに楽しかったためにハシャギ過ぎて標識を見落とし
警察にお縄を喰らう


5月20日(日) 中津ファイアーハウス
中津城に潜入ロケ。

5月27日(日) 福岡ドラムSON
出演 しぇいむれす フルアヘッド マックスフィールドパリッシュ
Shoが地元長崎の友人軍団を引き連れてきた。
この中に後にマネージャーとなり
陰ながら激動のゆめのしんの活動を四年間に渡って支え続けるまねじゅんの姿があった



風雲桶狭間ツアー~予告編スタート
メンバーが集まったところで作曲合宿
そして『土産が無いとあかんやろ』ということでレコーディング
さらにいきなりツアーである。
メンバーは仕事を休んだりして必死についてきてくれたわけだが
とにかくこの頃は攻撃性が強く
火中に飛び込め!!焼かれて強くなれ!!
渦中に飛び込め、揉まれて強くなれ!!
的な精神であった。
そしてしぇいむれすの名を九州全土、全国に轟かす事に夢中であった
2001年春ゆめ


6月9日(土)中津ファイアーハウス
チラシを配布するために前日深夜乗り込み
朝一でこの地区のSHOPに挨拶まわりとチラシの配布。
昼過ぎにライブハウス入り。
というのが日常茶飯事。
資金繰りと広報はゆめのしんが一手に引き受けていたため
自身の仕事だけでは追いつかず
親にアタマを下げて工面して貰い
SHOPにアタマを下げて店頭に貼らせてもらい
街頭ではキャバクラの兄ちゃんみたいに陽気にチラシを配布した。

よせばいいのにサラ金に手を出してしまうのであった。
後にこの利息でクビが回らなくなりこのツアーは終了するのであるが
それはまだ三年も先のことである。


6月23日(土) 天神徒楽夢
大フィーバー
よほど盛り上がったらしく当時の日記には
まもなくブレイクの予感??
なんて書かれちょる(笑)

2001年プロモ海岸
ライブが多い上に各自仕事があるので
プロモ撮影も集まれるときにまとめて収録された。
この日は朝3時くらいから早起きして海岸ロケ。

6月24日(日) 小倉WOW
出演 しぇいむれす バッファロー7 ファイクモア
この時期全国のライブハウス宛にあつ~いラブレターを送りつけている。
通常チケットノルマというのが発生し
このチケットをさばくために世のバンドマン達は
あくせくと働いたり友人知人にアタマ下げまくったりしてるわけで
動員とノルマは活動する上で最大の悩みの種である

しかし他地方のバンドにはツアーバンド制度というものがあり
チケットノルマが免除されるシステムになっている。

当然ライブハウス側としては
無料で場所を提供するわけであるから実力を伴なわないと実現しない。
●自分で売り込む面接、オーディション パターン
●ライブハウスからの推薦状を貰う推薦パターン
もちろん後者のほうが圧倒的に説得力がある。
・・・がずっと通って実績のあったPOWER STATIONが無くなり
いわゆる古巣、とかホームグランドが無いホームレス状態での挑戦であったので
ゆめのしんに残された選択は一つ※
前進あるのみ!!なのであった

※賢明な人ならココで無理せず力を蓄えてから挑むんやけどね^^
バンドデビュー適齢期を過ぎた若干26歳、若気の至りでやんす。


7月1日(日) 中津ファイアーハウス
ボクらはさんにん♪
おっきゃくさ~ん一人(涙)
お?
おきゃくさんふたり(笑)
おお♪
おっきゃくさ~んさんにんで仲良しこよし(笑顔)

確かみんな予定が入ってこれんかった。
そんなこと気にせず『三対三でタメだ。賑やかに派手にいくぜ~』
ちなみにこのお客サンは
広報活動で回ってたショップの店員サン。
営業妨害で空き足らずライブにまで連れ出すとは・・・


7月5日(木) 広島バッドランズ
出演 しぇいむれす おそまⅡ TRST
遂に本州上陸。初とあってテンションも高い
車も仲良くテンション上がってオーバーヒート。
ありょ~ 入り時間間に合わん。
バッテリーをチャージしてくれる心優しい広島人を探して
メンバー揃ってヒッチハイク
しかし充電ケーブルを携帯してる人がおらず難儀してたところに
『タクシー捕まえて頼んでみ?1000円でやってくれるけん』
なんと!?タクシーにそんな裏メニューがあったとは・・・
(このときの旅の知恵にはその後何度も助けられた)

早速
『へい!!タクシー!!』
『はい、毎度!!』
『バッテリーチャージいっちょう』
『ありやとやんした』

初にも関わらず1時間半も遅刻してしまった。
しかしライブのつかみはOK!!
お客さんもついてその後広島でライブがある度
観に来てくれちょる

広報活動も怠らず商店街を練り歩きチラシ配布とチケット売り。
そしてCDを置かせて貰うSHOP探しするあたり抜け目ない。


7月7日(土) 大分スタジオCOZY
ツアーや仕事の合間にスーパーから廃棄ダンボールを山のように貰ってきて
せっせとチラシを貼り付け工作し
夜中にセミのように電柱にへばりついて
しつこいくらいアチコチ貼ってまわった公害のようなチラシが
虎洲斗豊後の国のパンク界の首領
豊後激核最終兵器 虎洲斗のキヨフミの目に止まり電話がかかってきた。
『俺のイベントの資料送りたいんやが住所教えてくれんかのう』
『いままだないんよね』※当時博多に拠点移した2月初頭。
『は?』
『博多きて仕事はみつかったけど家がまだやけ車が家なんよ』
『ハッハッハ オマエおもろいやっちゃ、俺のイベントでてくり』
ということでこの時の縁もまたその後一生続く盟友の契りとなるのであった

みかけのインパクトもさることながら楽曲は
まさしく魂の叫びでそれまでにみたどのバンドより衝撃的で
サードアルバム『恥道』に収録されてる松風物語では彼の歌唱法をパクらせて貰った


7月21日(土) 天神ハートビート
出演 しぇいむれす 聖飢魔Ⅱコピー セックスマシンガンズコピー
2001年夏
珍しく三人揃ってのショット。
とにかくShoとゆめのしんがステージ上で暴れ回り
『会場全体が俺らのステージじゃ!!』
ステージから飛び降りて客席乱入もしばしば。
『カメラに収めるのが難しいけんジッとしとってよ!!』
とまねじゅんに怒られよった二人。


7月22日(日) 天神徒楽夢
出演 しぇいむれす なんちゃって聖飢魔Ⅱ サンフィッシュ
お客さんいっぱい
ほとんどがサンフィッシュFAN
かずぽり、ごっつぁんです!!


7月26日(木) 熊本ジャンゴ

熊本初進出
大立ちまわり!!

この当時 勤務先の何でも屋では
ハトの糞防止のためネットを貼る仕事をしており
現在、いや当時でも有り得ないのだが
予算の関係上、命綱無しの足場は風で倒れそうなヤバイもので
足場が全然足りないので
天といを使ってスパイダーマンのように往来していた

バンドのためとはいえ
命がいくつあっても足りない会社である


7月27日(金) 小倉WOW
Sho は 仕事が重なり出られないはずだったのだが
上司と喧嘩して参加。
『ライブを取るか、仕事を取るか』
バンドマンならではの苦労と逸話である。

この翌日
ハトの糞防止現場で四階で作業していたオッサンの持つ鉄パイプが汗で手を滑らせ落下、
二階で作業していたゆめのしんの脳天に直撃
そのまま階下に停めてあった車に落ちて車大破。
幸いアタマの一番硬い部分に当たったため割れるだけで済んだが
車が大破するほどなので一歩間違えば即死である。

『病院行った方がいいですよ』
という同僚がいうのも聞かず
ゆめのしんは『禿にされるけん絶対イカン!!』
(バンドマンにとっては髪が命なのである)
血を流しながらそのまま作業を続け
傷アワワと消毒液で治療を試みるが
夏だったため傷口が化膿、
一週間後・・・・結局病院に厄介になり
『もっと早くくれば傷も残らなかったかもしれんのに・・』
『え?ハゲは?』
『今は医療用ホチキスで剃らなくて良い場合もあるんです』
∑(゚д゚lll)ガーン
そんな医学の進歩知らねえもんよ~P24.gif
ということで今でもその傷は残っちょります。

残ったものといえばこのときの同僚
小野君は誘われるがままにみたライブで虜になり
ファン倶楽部恥団博多支部長にまでなり
ライブだけでなく印刷業者であった実家で
しぇいむれすオリジナルTシャツなど作ってくれた。

これは闘いで出会った傷に勝る一生もんの宝である



8月11日(土) 天神徒楽夢
出演 しぇいむれす バミコン ショートケーキ
2001年鉄パイプ事件頃
このときの打ち上げで鉄パイプ事件の話をし
『え?それで病院行ったの?』
『行ってない。自分で治療しよる』
という話をして
看護婦だったまねじゅんに傷口を見せたら
化膿が判明。
『リーダー病院イカンとアタマが腐るよ』
『もう腐っちょるわい!!!』
とShoと冗談言い合ってたのだが
『でも・・脳内出血とかしてたらマジ死ぬよ?』
とまねじゅんから驚かされ結局行くことになったのであった。


8月12日(日) 天神ハートビート
EG 木藤コウジ遊びにきた
彼は凄く気があったのだが音楽性の違いがあったため
道を分かつことにはなったが脱退したあともちょくちょく遊びにきてくれた
博多弁を凄く格好よく使いこなす男で
ゆめのしんが時折り使う慣れない博多弁は実は彼がモデル。



8月15日(水) ベイサイドプレイス博多
店長の華山さんやマスターをはじめ
スタッフのみなさんにお世話になり
のちに博多でのホームグランドとなる
【天神ハートビート主催】
博多湾を一望出来るデッキ特設ステージでライブ。
夏BANDに夏オトコ、夏フェスで夏らしさ全開。

暴れすぎてヘロヘロになりながらも終了後に
プロモのロケ敢行。

2001年プロモ廃工場
カメラが回ると元気になってポーズをキメる三人の図↑


8月19日(日) 大分フォーラス
2001年819日大分フォーラスろし

この日Dr K三初登場。
まねじゅんはこの頃になると博多だけでなく地方での遠征にも
応援にきてくれるようになる。


8月24日(金) 佐賀ガイルス
出演 しぇいむれす シュラ(東京) 嘘つきライダー
シュラはナカナカの強敵で東京からもお客サンがきちょった。
当時配送の仕事で佐賀方面に回されることが多く
経費削減と時間有効活用のため
助手席にチラシと弁当を積んで佐賀のCDショップや書店
楽器店などチャッカリ広報活動。
熱が入り過ぎて社長から『遅かったじゃないか!!』
とよく怒られ
『いやあ車がえらい混んじょって参りましたですけん』
と苦しい言い訳をしよりました

この佐賀ガイルスはその賜物である。

2001年8月24日佐賀K三
K三のドラム姿!!!
ありょ?写っちょらん。
いくら空気みたいな奴とはいえ存在まで消すとは・・
ちなみにバナナの箱はK三のエサではなく
アンケート用紙が入っちょる。
ライブ後お客サンは退散モードなので回収率が悪かった。
そこでライブ中に突如ゆめのしんとShoがステージから
ダイブしてきて手渡し。これでは拒むに拒めない(笑)



9月2日(日) 中津ファイアーハウス
風雲桶狭間ツアー予告編ファイナル
出演 しぇいむれす ルーシー ジャイアン

ルーシーもまたツアーで出会った好敵手で
実はサードアルバム『恥道』の
ラストを飾る時代的ラブソング『時代の夜明け』は
彼らの音楽への想いを綴った楽曲『うた』に刺激されて
つくったものである。



お騒がせな四人組、予告編から色々ありすぎて
はてさて本編はどうなることやら?

風雲桶狭間ツアー本編
次項 其の三、風雲桶狭間ツアー前編へ進む
第二期TOPへ戻る

edo11.gif
目次へ戻る

スポンサーサイト

<< 其の一、小舟は激流から滝壷へ | ホーム | 其の三、風雲桶狭間ツアー前編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。