もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江戸走査網、牙城発見!!

松風幕府江戸上洛二〇〇五

巻きの一、大江戸捜査網、牙城発見!!

 matukaze-jyou (1) 作画:絵亭

全国各地の巡業を経て日本国の音楽シーン情勢を肌身で感じ取り

更に裸一貫江戸での生活で沢山の出会いと学びを得て

ゆめのしんは江戸上洛を決意する

一の月は博多の城を大家へ返す幕府大政奉還の月。

江戸に発つ前に新年から地元で暴れ納め!!

第一話『銀世界に想ひを寄せて~の巻』

2005年元旦
朝目覚めてみると窓が光輝いていた

起き上がって窓の外を見ると銀世界が広がっていた
一瞬北国にいるのかと疑ってしまった
九州北部は
『いい湯だな』
歌われているような南国では無くも毎年ちゃんと降るが
ここまで積もったのは小学校の時以来ではないかと記憶する
この大雪の年インフルエンザが大流行
学級閉鎖になったが元気な将軍は臨時休日に大はしゃぎ!!
最終日に九州では記録的な大雪。
上半身裸になって雪と戯れた挙句に風邪で39度の熱を出して
古から伝わる名言
『馬鹿は風邪をひかない』
という名言を覆したのであった

さて現実に帰るとしよう
残念ながら雪でライブは中止となった

年末忙しくて出来なかったリハーサルをする事にした
免許も無く外も大雪、本家内でのリハである
正月早々バタバタと五月蝿いゆめのしん。

吹雪く模様を窓越しに明日の晴れを願う将軍であった

第二話『仁義在る戦い~の巻』
一月二日
ある意味初日の出とも言えるお天道さんが燦々と輝いていた
2005_0102shame20050006.jpg 
ライブ日和である
晴れたり曇ったりだったが幸い雨雪は心配なさそうだ

まずはみんなでワッショイ雪かき!!
親父殿もまねじゅんも
母上殿、叔父上殿、目の不自由な祖母様も応援に駆けつけてくれた。
コレはイイとこ見せねば!!
2005_0102shame20050018.jpg 
さあやるぞ~~~~~~~~!!!
2005_0102shame20050010.jpg 2005_0102shame20050011.jpg
※これは音楽ライブです(笑) 
 2005_0102shame20050013.jpg 2005_0102shame20050012.jpg 
せっかく大勢集まった人も新撰組曲をやると一気にサ~っと引いてしまった(笑)

2005_0102shame20050021.jpg 休憩中も窓ガラスで動きの確認

雪で濡れた石畳
後先考えず前転したり跳ねたり・・・・
将軍の身体から汗と水蒸気が。
2005_0102shame20050017.jpg
綱敷き天満宮は菅原道実公ゆかりの由緒正しき神社で多くの参拝客で賑わう。
途中雨が降ったりで中断もあったにも関わらず
なんだかんだで投げ銭だけでかなり集まった
実はまねじゅんが箱の前に
松風大社賽銭箱↓
きっとご利益があります
などと書いて貼っていたのであった
流石はしぇいむれすマネージャー大胆不敵である 
宮司さんもこれを見て複雑であったであろう(笑)
しかし笑顔で賽銭をくれた宮司さんの心の広さに感謝!!
2005_0102shame20050016.jpg  
荷物をちゃべ号に積み込んでいる時
突如黒塗りの車が現れ中から黒スーツに包まれた見るからに
職業が分かりそうな男達が降りてきた

最後に神社とテキヤの親分に一言言ってから帰ろうと親分部屋の幕を開けて
ゆめのしんは固まった
先ほどの黒スーツの男が集結していたのであった
彼等は参拝に来たのでは無く
テキヤの親分に新年の挨拶に来ていたのであった

『どうもありがとございました。本日はこれにてお先に失礼します』
と挨拶を済ませ立ち去ろうとするゆめのしんに
『おう、ちょっと待て、オマエ今からココで1曲やらんかい。ワシらが審査してやる』
今しがた積み込み完了したばかりである
『今・・から・・・でござりますか?』
『おう、今からや』
『恐れながら準備に30分ほどかかりますがそれでよろしければ・・』
『おう、まっちゃるけ、はよ準備せんかい』
こうして親分は親分衆への出し物として招いてくれ
ゆめのしんにとって新年一発目から史上≪最恐≫の舞台公演となったのである

準備している間に親分は他の親分衆にプッシュしてくれていた
『こいつとはもう四年くらいの付き合いになるが良い声しちょるんじゃ』
そして
『おう、皆ださんかい。タダで見たらアカンぞ』
といってそれぞれにを出させるのであった
こうしてゆめのしんの目の前に福沢さんと夏目さんが並んだ
尚更下手な事は出来ない(笑)
ゆめのしんにかかるがドンドン増して行くのであった

準備に時間がかかってしまい親分衆は出かけてしまうが
整うと戻って来てくださった
『せっかくやけ1曲くらい聴いて帰らんとの』
ゆめのしんはいやいやお気遣なさらずに・・と思ったそうな

『え~それでは大変ながらくお待たせしました。不肖松風ゆめのしん』
『おう、が小さい。もっと大きなでイカンかい』
いやいやごもっとも
『え~大変ながらくお待たせしました。
不肖松風ゆめのしん、歌わせて戴きます。曲はどん!!ちゃか♪』
曲が終わるとヤンヤヤンヤの大騒ぎ♪
そして
『おう、もう一曲いけい。景気の良いやつ頼むぞ』
という事で『博多名物』をご披露
最後の『日本イチ~~!!』
のフレーズが終わると
『おう、ほんとニッポンイチじゃ』
との言葉とともに拍手を戴き感無量であった

『よし、なんでもいいから景気の良い奴、もう一曲いけ!!』
と言われ
『それではアカペラで『水戸黄門』行かせて戴きます』
親分は目をつむり腕組をして『おお、良い声しちょるのう』
と感嘆の声をあげた

MAKOTOのオーディションの時も
今井雅之氏に『なんか1曲アカペラで歌ってみて』
と言われて歌った曲が『水戸黄門』であった
やはり時代劇がパッと頭に浮かぶのであろう

宮司殿
テキヤの親分衆
親父殿、巫女姿でお客さんからも大うけだったまねじゅん
母上殿、叔父上殿、祖母様
寒い中観て戴いたお客様
有難うございました


第二話『博多の武士・・・の巻』
真冬である
真夜中である
木枯らし舞う中、男が一人なにやら励んでいる
腕たてふせ??
腹筋??
今度は逆立ちを始めた

男はどうやら博多区松風幕府にお住まいの松風夢之進(将軍職)のようだ
男は胴着一枚に裸足

端からみればどうみてもキチガイである

ある日の刀の素振りをしている時の事である
数十メートル離れた向かいの道路をチャリンコで走っていた子供の集団
ヒソヒソ話をしていたようだが建物が無いので会話が丸聞こえである
『見て見て、なんしよんのあの人。』
『うわ!!ブシブシ。』
子供達は口々につぶやいている
そして次の瞬間
『おい、そこのキチガイ
と言い放って猛ダッシュで逃げていった

男はその後も黙々と素振りを続けたそうな。
キチガイと思われようと男子たるもの常日頃から
鍛錬が必要なのだ
来るべき合戦に備えて。

第三話『おかえり~の巻』
運転免許
本日無事帰還!!

早速その足で博多奉行所に行き
幕府返還必須書類を貰って来た
そして転出届けも・・・

これで書類上では博多のヒトでは無くなった
でも俺の魂は立派な博多モンやけん
東京行ってもいつまでも九州男児の心意気忘れん!!
第四話『博多どんちゃかお茶の間進出~の巻』
MSF中山 映像プロ集団メディア牧場代表中山殿のご協力で
第七回博多ドンちゃか、DVD化される事になった
dvd_jacket_b.jpg  
完成は三月頃予定。
価格は2900円になる見込みだ
お楽しみに^-^

第五話『田園守護神ちゃべ号~の巻』
ちゃべ号は近所のじいちゃんが引き取る事になった
幼少の頃かけずりまわった田んぼの真ん中で
守護神として第二の人生を歩む事になったちゃべ号に
最後のお別れに行きました
(廃車手続きと荷物整理)

その日は雨がシトシト降る寒い日でした

さらば先代ちゃべ号!!
2004_0106DIM0022.jpg 
田んぼの真ん中から故郷を見守っててくれぃ!!
 
第六話『今日もどこかで下駄の音~巻』

1月20日難波ロケッツ

風がぴゅ~ぴゅ~吹く寒い日。
カランコロン
どこからともなく聞こえる高らかな快音
20060409005942.jpg
この冬一番の寒さというのにどこのクレイジーだ?

冬でも下駄で歩くクレイジーな奴といえば
鬼太郎ともう一人
松風幕府初代将軍ゆめのしんである

今宵大阪冬の陣
五部隊の武者達が集まり競い合う

この日は個性派揃い
一番槍の武者は一人舞台
打楽器奏者であった
声や楽器を加工しさらにはペットボトルや
恥印※まで使って音を表現していた
※その昔しぇいむれすファン倶楽部の会員証だったにこチャンマークの音が鳴るハンマー

そしてプロジェクターにあわせ芸者が楽器を演奏、
想像力を掻き立て心で観るライブ
斬新である

この日は終了後の拍手時以外は
静寂が保たれていた

そして沈黙は博多名物しぇいむれすによって破られるのであった(笑)

1夢のススメ 

2松風忍法帳

3新撰組曲~

4風林火山

5和太鼓忠臣蔵

第七話『打ち合わせ~の巻』

和太鼓奏者菅原殿との打ち合わせなのだ
通常は打ち合わせというと話合いを意味するが
我等は二人とも太鼓打ちなので
これがホントの

打ち合わせ
(´Д`) =3 ハゥー寒いドントぽっちい

その後出演者集まっての打ち合わせ

20畳の部屋にキャスト寿司詰め状態で和気ワイワイと^-^

この時利用した水道橋スタジオノードNODE.gif

店長木村さんをはじめめっちゃ雰囲気いい。

自然とまた行きたくなるスタジオなのだ。

以来松風幕府ご用達スタジオとなるのであった。

第八話『第七回博多どんちゃか~の巻』

2005年1月23日
小雪舞う江戸

第七回博多どんちゃか開催

2005_0124don70043.jpg
友情出演の菅原光朗殿の勇ましい陣太鼓で幕開け

選手入場~全員で開会ソングどんちゃか
2005_0124don70031.jpg

このどん!!ちゃか♪は鳴り子や鈴などの鳴り物を両手に踊る
しぇいむれす流ヨサコイである
マツ○ンサンバを越えたとの評価も戴いている^-^


そして太鼓の音色に合わせてまず現れたのが今大会の司会者の二人 

2005_0124don70033.jpg新地兄貴&北河あをい殿
二人ともテレビや映画で活躍してるとあって初っ端から超ハイテンションで客席を煽っていく

一番手 超強気なメタルバンド 

2005_0124don70032.jpg  ★王様と下僕


二番手、ソロアーチスト最狂

 2005_0124don70034.jpg ★TASKE


三番手、歩く放送禁止用語

2005_0124don70035.jpg  ★骨皮スジ夫
ハジケっぷり健在!!カメラマンまで襲撃!!

バックで犯す!!そのまま突き進んでくれ

 

4番手ジャズ、プログレ サラッとこなすカッコ良さ!!

2005_0124don70036.jpg  ★水木ノア&認知

五番手、極悪極上ロックンロール!!

2005_0124don70037.jpg ★宇都宮ロックスターズ

最前列をジュリ扇を持ったギャルが埋め尽くし
野朗共は雄たけびを上げ始めた
そこでVoのススム氏から一言『野朗の声援はいらねえんだよ』
ロックである(笑)

6番手戦争反対SEX賛成!!愛をテーマに戦うバンド

  2005_0124don70039.jpg ★POCO凸凹バンドJr
新地兄貴行方不明のままポコ凸凹Jr開幕!!
弾けるVoのまゆの横で踊り狂う謎の男性(左)
髪を掴んで走り去るまゆ・・・
そして眩いオツムと共に現れたのは新地兄貴であった

七番手メジャー間近九州男児タクヤ率いる凄腕集団

2005_0124don70041.jpg ★サンズオアクラウド

三年ぶりにみたけど相変わらずのカッコ良さと

進化しつづける意気込み!!オーラが出とるオーラぁ 

八番手オオトリ転じて天下トリ!そして今年の干支はトリ

2005_0124don70042.jpg  ★博多名物しぇいむれす
菅原殿とのコラボによる松風忍法帳和太鼓バージョン、

そして新曲『ちんちろりん♪』

賭けるは遊び心。

さあ、張った!!張った!!


そして
祭の恒例でもあり締めくくりの全バンド選抜選手1名ずつによる七福ソングへ
 2005_0124don70051.jpg

出演者入り交えて大フィーバー!!!

ありがたや~ありがた~や!!

2005_0124don70052.jpg  

祭の最後は元気良く三本ジメ!!
こうして5時間半にも及んだ祭は幕を閉じた(出演陣は実に10時間)

そして
は更に続く
打ち上げである
宴はまで続くのであった
2005_0124don70054.jpg 2005_0124don70055.jpg
司会、新地雅之助&北河あをい殿
個性豊かな出演陣
ご来場いただいたお客様
目黒ライブステーションスタッフ様
はるばる九州より撮影日程述べ54時間ほぼ徹夜で頑張ってくださった
映像プロ集団メディア牧場代表中山殿をはじめご一同様 
まねじゅん 
本当にありがとう!!!!!


第九話『コレがクロコの結婚式~の巻』

なんか変な結婚式だった(俺自体まともな結婚式に出席したこと無いのだが)
趣向が凝らされていて笑えた
二人乗りでちゃりんこで入場してくるし。

客はほぼ全員参加
突如新郎新婦から指名されてステージに上がらされる結婚式なんて見た事ねえ

何をやらされるかというと
『あいうえお作文』


ゆめのしんはこの日限りの対クロコ結婚式用セットリストでライブを贈る 

2005_0130129kuroko0056.jpg 
新郎新婦を舞台に上げてドン♪ちゃかも踊った

2005_0130129kuroko0060.jpg 
なにはともあれ黒衣&ふくちよ結婚おめでとう!!!!
末永くお幸せに!!
2005_0130129kuroko0068.jpg 
補足であるが
新郎:博多名物しぇいむれすクロコ。
最近髪も影も薄くなり結婚して益々顔を見せなくなるとは思うが(笑)

新婦:博多どんちゃかで司会とドンちゃか初の劇団で活躍した北九州人気劇団座長。

第十話『大政奉還前夜・・の巻』

幕府返還が目前である
しかしまだ荷物の梱包も終わっておらず積み込みもまだである

あと二時間でガスが止まり電気もパソコンも使えなくなり
四時間後には大家が明渡しの最終チェックに幕府にやってくる

昨日クロコ結婚式を終えそのまま
荷物を一旦本家に運び夜中に幕府に戻ってから
写真整理やら日記の更新やら江戸幕府探しやらしよったら刻々と時間が・・
どうやらこのまま徹夜の模様

とりあえず昨日のクロコ結婚式の模様と
更新途中の下の日記については江戸に移ってからになりそうである

まだ新しい幕府は決まっておらず
ちゃべ号としばらくは共に暮らす事になりそうである

とりあえずいい加減荷物を整理しないとやばそうなので
この辺で失礼!!!
第十一話『幕府返還!!そして旅立ち・・・の巻』

2004年1月30日
博多での幕府四年の歴史は幕を閉じた

これから江戸に向かい江戸に幕府を開府するのだ

幕府前には荷物が山のように積み上げられていた
そこへ通りかかりの老人二人
『ありゃこんな所に粗大ゴミが置いちゃる』
『ん?こりゃゴミかね?』
粗大ゴミやろ』

非道い言われようである
確かに綺麗ではないが・・・

『しかしようけあるな~』
粗大ゴミこんな所に置いてからに・・』
しかも念を入れて三度も!



カンカンカンカン!!
一部始終を聞いていたゆめのしんは下駄の音高らかに階段降りて行きます
老人はそそくさと立ち去っていきました
ゆめのしんの行動も大人げありませんが
幕府の宝をゴミと呼ばれては無理もありませんね
(内心は日記のネタをありがとうと思っておりましたが)

さてこの山のような粗大ゴミ(笑)
果たしてチャべ号に乗るのかどうか周囲にいたおっちゃん達も不安げに見守ってましたが
流石は引越し屋で馴らした将軍全部積んでしまいました
しかし運転席以外スペースがありません
ん?ちょっと待て・・俺今日からこのスペースで寝泊りすんの?

二月

第一話『サイコロゆめのしんの巻』

2月1日

粗大ゴミに囲まれてサイコロ一つ。

寒さとスペースが無いため寝るときはサイコロ状です

大東京相手に全身サイコロとなりて挑む!!

 賽の目はいかに?

第二話『カタギなんですけど・・の巻』

2月2日

とにかく家無くてもいいからチャベ号の荷物だけでもどうにかしようと
四千円くらいで倉庫でも借りようと思ったら
結構高いのね

一万とかザラでしかも事務手数料で一万円とか平気で取りやがるし
手続きに一週間以上かかるとか抜かす

ようやく敷金礼金無し
保証人もいらない四千円くらいの所みつけたら
『宿無しに貸す倉庫は無い』と来た
保証人がいらない代わりに住所身元がしっかりしている人でないと無理だとさ

やれやれ
そんなら月一万くらいで
アパートでも借りた方が良いじゃねえか!!

と家捜してたら
なんと敷金礼金保証人無しで風呂トイレ付き
六畳二部屋で月21000円
という物件が飛び込んで来た
どういうこったい?
お化けでも出るんかいな?
この際お化け屋敷でもいいや!!
と思って問い合わせてみるとまだ残ってた

しかし管理人やらなきゃならんらしい
月二万なら管理でも掃除でも家政婦でもやったるわい
と詳しい話しを聞きに言ってみると
常に家にいなけりゃならんらしい
出かける時も代理がいなけりゃならんらしい

そりゃ無理な話しでい。
だって生まれた時からじっとしていられない性分だもの。

そんで帰ろうとしたら
みるからに普通でないお兄さんに呼び止められ
『この辺りのチーマーの溜まり場知らない?』
と問われ
『は?』
と聞き返すと
『自分カタギの人?』
と聞かれ勿論
『カタギの人です』
と答える
『この辺りのチーマーの溜まり場知らない?つうかどこ?』
『家無いですよ』
『家無い!?どこから来たの?』
『九州っす』
とか答えると
『ごめん。そりゃわからんよね』と言って妖しいお兄さんは立ち去っていった

チーマー狩り?
新手のスカウト?


しかしカタギに見えないのか?俺
俺って一体…
第三話『Wちゃべ号対面・・の巻』
2月3日生まれながらにして離れ離れになった二人


1500キロの距離を越え
約4800時間ぶりに再会!!
つつましくよりそう二人を幕府記者が激写!!
2005年2月3日 
※実は他人で初対面
第四話『ちゃべ号、仇討ち!!の巻』
2月4日
仕事から帰って来た将軍を待ち受けていたのは
無惨にも倒れたチャベ号の姿であった

勾配が多少ついていたのだが倒れないよう鉄柱に立て掛けてあったし勾配とは
逆方向に倒れてある所をみると自殺ではなく他殺だと推定できます
古畑 

しかも空気漏れしてる事も判明!!
犯人はご丁寧にも
詮を緩めてパンク状態に持ち込んでいる


よくも…我が愛馬を!!
仇討ちじゃ!!
※法律により仇討ちは禁止されております


犯人は…

オマエだ!!

福助『ぎゃあ!!』

第五話『江戸城発見・・・の巻』

2月5日

貸し家ダメ
貸しマンション
貸しアパート
貸し倉庫ダメ
東京なんでもダメダメダメ

やはり車で暮らすしかねえか・・・
しかし居城が無い事には仕事も自炊も時間も安定しない
いつまたちゃべ号をレッカーされるかもしれない
このままでは身体が正方形(サイコロ型)になってしまう(笑)

さてそんな彼のためにか
今便利な世の中になったもんで貸しオフィスなるものがあって
1ヶ月19800円とかで貸してくれるのだ
広さ二畳。
しかしこれは錯覚作戦で聞いた話では出る時30万くらい取られるらしい 
要は先に払うか後に払うかの違いだけである
どちらにせよ
風呂便所無しで二畳で四万払って行くくらいであれば
四万払って二部屋あって風呂便所あるアパート借りた方が良いではないか??

という結論に至る

幕府の調べで
37000円から四万くらいで二部屋あって風呂洗濯機便所付き物件は数件あった
『この物件は先に予約されたお客様がおりまして』
とどれも2番手で先越されてばかり
最初からねえんじゃねえかと思うくらいであった

それでも不屈の闘志で探しようやく有力な幕府候補を見つけた
多少交通の便は悪いが
田舎もんにはゴチャゴチャしてる都心よりも
のんびりした田舎の方がにあっている 

なんだかんだ苦労したがようやくこれにて

hp30.gif  

しかし・・・・
肝心な印鑑がねえ!!
どうやら移転のゴタゴタで行方不明になったらしい

荷物満載のちゃべ号ヒックリ返して探すが無い
仕方ねえから印鑑買いに行く

ようやく印鑑創ったのだが・・・
今度は契約には銀行印でなきゃダメとある
しょうがねえから新しい口座開設!!!

しかし!!
『お客様?・・・お住まいはどちらでございますか?』
と引きつった顔で質問する受付嬢に
です!!』
と答えると
『申し訳ございませんが住所の無い方には・・・』
『いや・・だから口座が無いとその住所が出来ないんだってばよ!!
俺だって早く住所欲しいんやけん』

しかし銀行ねえちゃんはヒキツリ笑いのまま
『申し訳ございません。身元の証明できない方には・・・』

数件いって全部同じ答え。
う~む。ダメだこりゃ・・
と思ってたら不動産屋から一本の電話

行ってみると話しのわかる不動産屋で
かなり融通して貰っていよいよ運命の審査
保障会社の審査に通らないと借りる事は出来ないのである

結果は・・・・不合格
やはり身元不明と現在派遣社員で収入もハッキリしないのがネック。
『住む所が決まればもっと良い所に入ってバンバン稼ぎまっせ!!』
熱演したが
『いや・・逆にお勤め先がハッキリしない方には貸せないんですよ』
どうやら我が派遣会社が保障会社からの確認の電話に応答してくれなかったらしい

やはりダメであったか・・・
と思ってたら
『もうひとつ多少審査が甘い保障会社がありますので』
p2.gif もう!早く言ってくださいよ!!!
という事でこちらは楽々合格
苦節の末いよいよ晴れて江戸に幕府が誕生する事になった

 

第六話『江戸城入城・・・・の巻』

2月6日

夜勤を終え不動産屋に直行

ここ数日
ずっとまともに寝て無い上に寝る時はサイコロ状(笑) 
幕府誕生に慶ぶゆめのしんに疲れなど無かった

幕府入城の瞬間は感動であった
昭和40年代の古いアパートであるが
中は総畳で幕府にはピッタリである
感動に浸る時間もあまり無くこの日は遠方での仕事だったために
急いで荷物を中に運び込み幕府を後にした


この日の夜勤
休憩の時に仮眠
目覚めて歩こうとするとあんよ(足)が

ヨガみたいに奇妙な方向に曲がっているではないか!!
『おりょりょりょ…』
一瞬折れたかと思ったがなんとか折れる寸前に体制を治した。

をやったみたいである
しかし帰るわけにも休むわけにもいかず勤務続行。
原因は不明である

疲労骨折というものもあるらしいが
このまま行くとヤバイな(笑)
しかしまだまだやる事山積みなのだ

第七話『宿無し道連れ・・・の巻』
2月7日

資金が全然足りないので親族にごやっかいになった
ご迷惑をおかけします!!

住所が出来れば高額バイトも可能になり月収30万も可能なのだ
活動枠も広がる
この軍資金、近々倍にして返しますゆえに今後お見守り下され
有難くお借りします

幕府は見つかったが
ちゃべ号の城(駐車場)が無かった

これをクリアしないとなんら問題は解決しないのである
結局路上に放置するわけにも行かないので運転手として乗っておかねばならず
寝るのはちゃべ号の中であった

でも荷物が無くなったのでサイコロからくの字に進化!!

ちなみに荷台はちゃりチャべが占拠している
彼にもようやく基地が出来た
早くカーちゃべ号にも家をみつけてあげねば我に安息は訪れない

第八話『江戸の民、入国届け・・の巻』

2月8日

1月に博多を脱藩した将軍は宙ぶらりん
藩に身寄りがなければ職も困難である

身分証明も待たない事になり何をするにも不便
つうかほとんどなんにも出来ない
ちゃべ号の家も借りてあげれない
幕府が見つかったのは奇跡である

某引越し屋の面接に行った
『凄い感じがいいんで合格なんだけど住所が無いので届け出したらいつでもいいよ』

ということで奉行所に入国届けを提出
ついに江戸市民となった
無論は九州男児
そして博多名物は不滅!!!!



第九話『大江戸軍艦マーチ・・の巻』
時給1450円の仕事の面接にいった
職種はあの名曲『軍艦マーチ』の流れるお店といえばお分かりだろう
ヤマト 
結構厳しい会社で髪染めなど厳禁で身だしなみにも厳しいようだ
しかし服もない将軍は
男の正装ともいうべくスタイルで今日も行くのであった

作業着に現場ズボンを履いて現れたゆめのしんを最初見た時の皆様の顔は
あきらかに
『アンタ、面接受ける会社違・い・ますから~
残念!!!

といいたげな顔であった

試験管に別室に通され面接が始まった
履歴書の写真を見て
『怖いな』
気合い入ってんね~』
『ヤバイ人じゃ無いよね』
などと勝手なことを言われながらも
面接を続けていくうちにもの凄く気に入って戴き
『すげえシッカリした人だねえ。声も良く通るし。よし!!採用~!!!!』
となった

ちなみに履歴書の内容を抜粋すると
好きな分野、学科
音楽

サムライ
ニッポン
武士道

趣味に横線を引き本気(本気でやってるので)と書き換え
殺陣
和太鼓



職種紹介の所に
H6~H13 七年間線路をせっせと耕す
H14年 犬のさんぽから引越しまでアナタの町の便利屋にて活躍
H15~現在派遣会社で引越し、配送、現場などで活躍中!!

試験官は上の二つの欄もさることながら
『せっせと耕す』『活躍中!!』がツボにはまったらしく連呼していた
『面白いけど字が汚いんで書き直させて貰うね』
と言われてしまった
こんなんでよく合格したもんだ(笑) 

第十話『進軍開始!!の巻』

2月10日チャベ号にも居城が出来た
話しのわかる不動産屋で半額にしてくれた
更に通常だと契約一週間後からの使用なのだが
『駐車場が無いんで放置しとくと奉行所にしょっぴかれるんで車で寝泊まりしよるんですよ』
と事情を話すと
『ありゃま(´Д`)それじゃ今日から停めてよか』
という事になった

ここ二週間
睡眠は平均三時間
その間
睡眠形態はサイコロ型かくの字型

仕事と幕府創世を両立してようやく幕府創設!!
そして天下盗りに向けて発進!!!


今日からはようやく平らになって眠れる(笑)
2005年2月10日 
※写真は幕府江戸城に入城して将軍の心境をしたためた書き初めである

(油性マジックによるなぞり書きである事を付け加えておく)

第十一話『奥深っ!!いらっしゃいませの巻き
めでたくパチンコ屋の面接に合格し採用が決まったゆめのしん

パチンコ屋というと
裏のあるイメージがあるがこのグループは今までのイメージを一新し
関東で好評を得て伸びて来ている

従ってマナーや姿勢
従来のパチンコ屋より遥かに厳しく
入社の前に研修まで設けている

社内研修で外部から
礼儀作法やマナーの講師まで呼んで来る徹底ぶりにはビックりであった
この日の研修受講者は五人 。
面接合格しただけあって一癖ありそうな輩だ

まずは礼儀やマナー。
ゆめのしんの格好はドカちんズボンに作業着。
男の正装です!!
挨拶の発声練習もあるでよ。

他の四人の声を掻き消さんばかりにゆめのしんの声が室内に響く
『あなたの声しか聞こえないんだけど』
・・と講師が言う

まさに
夢ボイスまかり通る!!
何度やっても結果は同じであった

しかし
『あなたのいらっしゃいませはパチンコ屋と言うより魚やさんや八百屋さんに近いわね(^_^)
声が大きくて通るから余計目立つわ』

文字では表現しづらいが
一流ホテルなどで使われる落ち着いた感じ
『いらっしゃいませ』
が求められているようである
ゆめのしんの
『いらっしゃいませ』は
下町風というか商店街風なのである
maturi.gif 
『ラーメン屋や居酒屋の暖簾をくぐったみたいだわ』とも言われた
う~む
いらっしゃいませ
にも色々あるんだなあ
勉強になるぜ!!!

第十二話『イイ国創ろう!!の巻』
fuku.zuga.jpg 時代は変わりつつある
大企業といえどいつ潰れるかはわからない

メシを食べに行ったとしよう
味は超一流である
しかし店員は無愛想、無言で品物を持って来る
せっかくの料理が台なし。

逆に味は普通でも
『大変お待たせしました。ごゆっくりどうぞ』
と笑顔で言ってくれる店の方が『また来ようかな』と思うわけだ 

引越し
パチンコ
今まで接客には
力を入れてこなかった業務であるが
ここに来て急激に情勢が変わりつつある

身嗜みをシッカリ、笑顔で対応当たり前
横柄な店員のいる店には
いかない
頼まない
という時代に変わりつつあるのだ

マクドナルドなどの
ファーストフードは接客が徹底しているが
コンビニ  ダイ○- 吉○家系など全国に普及しながらも
接客にそれほど力を入れていない店は沢山ある
今のままだと足元掬われる日が来る 

さて日本は今後どう動くかのう 
変えていかねばならぬ
何かが歪みつつある今の
日本を!!!

第十四話『アリンコ軍艦マーチ・・の巻』

試行錯誤した後に
月水金は軍艦マーチ
火木土日は引越し屋となった
akako05.gif 
両社ともかなり厳しいが
緊張感を持つ事は良い事だ
朝4時半に起きて
将軍手づくり弁当をつめて 出陣。

勤務を終えて会社に戻ると21時
行きと帰りの電車の中がメール返信タイム。

幕府に帰り炊事事洗濯を済ませ飯を喰うと大体深夜0時

目覚まし三段構え
セットして一日が終わる 
 
月水金の軍艦マーチは
8時から17時で近所なもんで6時半起きで大丈夫。
幾分余裕があるが終わったら稽古
帰りに銭湯によって 帰ると23時過ぎ

自由時間は2時までの
二時間弱
この時間はむろん博多名物しぇいむれすに宛てられる
引越しはこれからシーズンに入るので深夜に終わる事も増えるであろう

出来るだけ
睡眠と食事には気をつけようと
思ふ


第十五話『江戸集中攻略・・の巻』

とりあえず江戸攻めに集中だ

全国のみんな!!

俺を信じて待ってておくれ!!

 

第十六話『50円で健康に・・・の巻』

幕府にはまだガスが通って無い

お湯は出ないので風呂に入れないし
米は炊けてもおかずは作れない

レンジでチン出来る物か
何もしなくて良い物になる

しかし食の大多数がお湯か火を必要とする
『ど、ど、ド、ドラえもん!!
お湯と火を使わなくて健康も維持出来て安い食べ物が欲しいよ~』


そんなリスナーの期待に応えうる食材はちゃんと存在する
火を使わずしてお手軽で健康な食べ物
それは
20060709083144.jpg 納豆 &タマゴ

しかも二つ合わせて一食50円未満
食すのに3分足らず!!
無論仕事の昼食時も持参(タマゴは危険なので持参しない)
だから3食ほぼこのメニューである  

バランスを考え
バナナ&イリコ 
(こちらも栄養、値段どちらも申し分無い』 

風呂は火木土は台所で真水で整髪、
月水金は銭湯(おとな380円!!

そして水!!!
首都圏では非常に貴重なブツである
江戸は水道水で米を炊くと非常に臭い!
なんだか危険なにほひがする。

普通に買うと結構な支出であるが
江戸では4リッター無料で配給してる店がある

米は九州を発つ際に本家に大量に拝領してのでタダ!!
おかげさまで毎日健全な食にありつけている^-^ 

父上母上に感謝!!!!
 

 
第十七話『毎日がお勉強です・・・の巻』
毎日が覚える事だらけ 
直属となれば作業内容もより濃いモノとなる

DQ躍る宝石 引越しは時々お宝が!!!
祝儀
お茶
お弁当
中にはお酒までくれるお客さんもいる(笑)
パチンコ屋の方は和気アイアイとしていて
笑顔を絶やさない環境創りに社員一人一人が心がけている
店長が朝礼でギャグを言ったりする
シメる所はちゃんとシメるのでだらける事はない

どちらも共通してるのが
ゆめのしんのあだ名
『ビーバップ浩司クン』
『コウジマトバ』
そして何故か挨拶は 
live1.jpg『お疲れ様です』

z9.jpg 『押忍!!』
挨拶が違うやんけ!!!


そして
笑顔

どんな時でも笑顔

パチンコ屋なんて笑顔の練習さえあったほどだ
2005年2月27日 

さて写真のゆめのしんの笑顔にアナタハ何点つける?
三月
第一話『武士の魂・・・の巻』
武士の魂は刀
将軍ゆめのしんの魂は無論ライブ用具一式である
江戸上洛の際、とりあえず生活必需品のみで後は本家。

が決まり
ちゃべ号のも決まり
も新たに決まった
肝心なものが揃っていなかったのである

入社したばかりでいきなり休暇を取り
≪魂達≫を迎えに往くのであった

待っておれ!!!
第二話『雪の送迎カイ?の巻』
江戸を経つ日
関東では異例の大雪の日となり
雪が積もる前になんとしても関東を脱出する必要があった

昼間は非常に良い天気
仕事中誰もが『本当に今日雪降るのか?」
と疑っていた

だが日暮れとともに寒気が強まり
木枯らしと共に雪がちらつき始めた
仕事を終えてバタバタと身支度を整え江戸城を後にした

思ったより順調に関東を抜け駿河の国(静岡)に入った
猛烈に眠かったので一刻(二時間)ほど休息を取る

目がさめるとチャべ号はに包まれていた
ふくすけ『上様、いかが致しましょう』
ゆめのしん『波動砲とワイパー同時可動じゃ!!!』 

ヤマト 

全長1500キロ
時間にして30時間を越える長い長い旅路
5日早朝、長州に差し掛かかった所で吹雪に見舞われた
九州も政府から大雪警報が発令されていた

雪に見送られ江戸を発ち
雪に出迎えられての九州着陣。

第三話『侍とは・・の巻』  

taku.jpg 真★ギター侍卓左衛門。

彼は高校教師でありながらギターヒーローである
教師になる前はLAで単身武者修業。
とかなり非凡な輩だ

ゆえに彼も超ハードスケジュール
年末に彼の僅かな休暇にニンニンと夢のススメにを注入して貰い
今回は逆忠臣蔵に魂が吹き込まれた


博多名物しぇいむれすの楽曲は
ゆめのしんの思うがまま風が吹くが如く生み出しているので
テンポチェンジや突然の場面展開がザラにある

タイミングを合わせるのは神業に等しい
レコーディングは熾烈を極めた 

でも卓左衛門はやる
どんな強敵にも背を向けない
彼こそ『真のギター侍』
第四話『博多忍者ただいま参上!!の巻』
君はもうニンニンしたか?
まだしてない??

馬鹿モン!!!
こんな素敵な舞いは二つとないぞ
近い将来世界はニンニンで繋がるであろう

九州滞在最終日8日
松風忍法帳プロモの撮影が行われた

MSF中山 撮影編集は中山隊長率いるメディア牧場だ
誰にも知られる事なく密かに撮影予定だったのだが
どういうわけか通行人は振り返り立ち止まる
おかしいのう
何がいけないんだろう?

1:ゆめのしんの忍者の格好
2:天神駅前でゲリラ撮影
3:交差点のど真ん中で替えし
4:街路樹から街灯によじ登って見渡す様を撮影
5:天神地下街で疾風のように走り去る
6:待ち合わせ中の女子を捕まえて一緒にニンニン
7:待ち合わせの女子に蜘蛛の巣地獄
8:博多の大動脈≪渡辺通り≫で車を縫うように競争
9:横断歩道をニンニンしながら横断
10:唐津城天守郭でふくすけと語らう
11:唐津の浜辺でアーミー対ゆめのしん
12:一見なんの変哲もありすぎるメディア牧場の方々

結論
タダでさえ目立つのにこんな事すれば誰でも振り向いて立ち止まるわい
この日は彼方此方でニンニンが見られたのであった
ninja05.gif 
君はもうニンニンしたか?
第五話『楽ありゃ苦もあるさの巻』

九州に戻り 太鼓や刀
ついでにフクスケも積み込んで
ようやく魂が戻って来た
レコーディングもロケも無事完了。 

休暇とは名ばかりであったが沢山の宝を得て
意気揚々と江戸に引き上げるゆめのしん
最高の気分であった

博多をでて豊前の国を抜け 
長州(山口) 安芸(広島)を通過

備前(岡山)に差し掛かった
再び睡魔が襲って来た
コンビニが目に止まる
一瞬休憩がよぎるが道程は長い。そのまま進軍

トンネルに差し掛かった時である
激しいクラクションに我に返ると目の前に車のテールが迫っていた
キキキ~
ガッシャン!!!
慌てて急ブレーキを踏むが間に合わずちゃべ号はクラッシュ!!

どうやらトンネルに入った瞬間夢の中へ飛んでしまったようだ
そしてハンドルに倒れ込む
つまり自分でクラクションを鳴らしているのである
その音にビックリして我に返る

あとは前文を読んでの通りだが  
急ぐ気持ちにあえてブレーキをかけ慎重に休憩をとりながら進軍すべきであった  

警察の事故検証が終わりあとは双方の話合いとなった
動くには動くがマフラーがめり込んでいるためタイヤが摩擦して危険な状態だ

本来であればレッカーや台車の手配をするべきなのだが
恥ずかしながら肝心の銭が無い
相手車を走れる状態まで直すしかない

幸い今回はタイヤのジャッキアップと
めり込んで千切れかけたマフラーを千切る
外れかけたバンパーを紐で縛る
という軽作業で済んだ

なんとか応急処置を済ませ走れる状態になったので後は
地元の修理屋に任せ保険屋を通し示談で話はついた

さて今度はちゃべ号である
前は凹んで色男?になって男っぷりが上がっている
バンパーが事故の歪みで開かないがなんとかこじ開けた

歪みはラジエターまで達している
更にはラジエターがエンジンのファンベルトに喰い込んで
時折妙な音を発していた
手で出来る限りの歪みを補正。
事故のショックでラジエターの水が漏ったらしく液体の跡があったので
ラジエターに水を補給して出陣

みかけは悪いが走れれば問題は無い
事故から二時間半後
ようやく江戸に向けて走りだす。

一件落着のように思えたが被害は更に広がって行くのであった

つづく
第六話『責任重大の巻』
前の車にクラッシュしたゆめのしん

事故処理も終わり
示談も成立し
再びチャベ号に乗り江戸に進軍する

しかし
僅か数キロ進んだ所で煙がモクモク
どうやら事故のショックでラジエーターが大きく破損し
冷却水が行き届かずエンジンが暖まるとオーバーヒート
チャベ号は僅か三分
数キロしか走れぬウルトラマン並の働きしか出来ない身体になってしまったのだ
幸い飲料用のペットボトルを2リッター×5本持っていたので
水を補給してなんとか付近の整備工場目指して走る
備えあれば憂いなしとはこの事だ
チャベ号はまたたくまに水を飲み干す
仕方無く民家に駆け込む
親切な方で水だけでなく近所の整備工場まで教えてくれた
地獄に仏とはまさにこの事


帰宅ラッシュの備前岡山の皆様方に迷惑をかけながらも
チャべ号をなんとか整備工場へ。
ホッと胸を撫で下ろしたのだが更に絶望の淵に追いやられる
『ラジエターホースが根元から折れてますし
ラジエターがファンベルトに喰いこんでます。更にフロントの歪みも酷い。
ハッキリ言ってお手上ですね』

なんとも簡単にお手上げp2.gif されてしまった
閉店間際だから無理も無い
せめてホースだけでも応急処置してもらえれば少しはまともに走れるのだが・・
仕方が無いので折れたホースを出来るだけ水が漏れないよう
縄で縛って固定。

・まともに修理するとン十万かかる
・この状態で進軍するのは事故りに行くも同然 
・放置するわけにも行かぬ
・代車、レッカー移動は莫大な金がかかる 

このままでは備前岡山で壊れたチャべ号と案山子状態。
江戸に戻るのは絶望的、九州へ帰るしか無い。
地元の行き着けの工場であれば多少の融通は利く。
そして長期間無料で車を貸してくれる唯一の光
親父殿である 
すでに19:00
タイムリミットは夜が明けるまで。
過労で事故ったのに更に過酷な耐久激レース。

事故責任ならぬ自己責任だ

第七話『350キロウルトラ耐久レース・・の巻』

普通に走ってもキツイ距離。
やっかいな事にちゃべ号は距離にして5キロ
時間にして三分ほどで煙を上げてオーバーヒートしてしまう

つまり5キロ三分毎に車を停めラジエターに水を補給せねばならない

夜中では民家に水を貰うのは難しい
コンビニ か スタンド
ペットボトルを大量に抱えて来店するゆめのしんを見て店員はぎょっとする
快く水をくれる店もあれば露骨に嫌な顔をする店もある
後者の対応が正しいと思う

しかし前者のような対応が
なんとも有難くもう一踏ん張り頑張らねばという気持ちにしてくれた

何度ちゃべ号に水を補給しただろう・・・
何度ショップに水乞いをしにいったであろう

夜があける頃
ようやく長州(山口)西部までたどり着いた
あと一息だ
ところがここに来て更に事件が起こる
3月は道路公団が通勤ラッシュに道路工事。
更には高速道路が事故で通行止め、 
上を走る車が下に降りてきて長州は未曾有の大渋滞となった

まったく動かないのである

よっぽどどこかで眠ろうかと思ったが 
代わりの車に乗って来てくれる親父殿の事を考えると
とても眠ってる場合では無かった

太陽も高く昇った12時
ようやく九州へとたどりつけた
こんなにも九州を遠く感じたのははじめてだ

しかし感動に浸ってる時間は無い
九州から江戸まで1500キロ
時間はすでに荷物を全部積み替えるとすでに13:00を回っていた 

翌朝出勤には間に合わないので職場に時間変更して貰い
昼までにはなんとしても帰らなければならない 。

タイムリミットは21時間 肉体的にも限界が近い


また事故ってはアホの極みなので
途中休みながら各地で集中渋滞に巻き込まれつつ
11:00
なんとか幕府にたどりつきそのまま職場へ
最高に眠かったがなんとか仕事をこなした 


今回乗り越える事が出来たのは本当に
周囲のご理解と協力があったからこそである
事故った相手の方 
予定変更で迷惑かけた菅原殿
職場の皆様
いつもながら多大な迷惑かけた親父殿

そして道中迷惑かけた皆様 

この場を借りて迷惑をかけたすべての人に
深くお詫びと御礼を申し上げます

本当にごめんなさい

第八話『松風温泉開通の巻』

効能
垢すり
暖効果

成分

水道水


幕府にやっとガスが開通
ということで
自宅で風呂に入れるようになった
松風温泉開店である

しかし身体を洗う場所は 身体一つ分しか無いので
亀のようになって身体を洗わなければ行けないし
かなり古いガス窯湯沸かし機なので湯が沸くのに一時間近くかかる。

そんで初風呂に入ったは いいが湯沸かし口にたまってた苔が沢山出て
みたくなった

ん~風流…

いや天然バスクリンと思えば・・・


なわけね~だろ!!

ともあれ都内で風呂付き2DKで日当たり良好で四万五千円!!
苦労してみつけただけあって掘り出しもんでっせ!!

第九話『都心に響く快音・・の巻』
あの名曲『大和』が生まれ変わって戻ってくる
菅原殿とゆめのしんの共演で

14日
ゆめのしんが事故ったため10日に行われるはずであったリハの振り替え練習が行われる
これが正真正銘一度めのリハになる
僅か二時間という限られた時間の中で
二人の知恵と経験と魂で
『大和』はその名に相応しい曲へと変貌を遂げて行く

二つの大和魂の共鳴が生み出す響きをとくと味わうがよい


第十話『チキンラーメン丼・・の巻』
すぐ美味しい
すごく美味しい

ゆめのしんのお弁当^-^

チキンラーメンにご飯  

ここで読者の脳裏に浮かんだ疑問
お湯どうすんの?
入れモンどうすんの?

パチンコ屋はまるで問題無い 
休憩室にポットもレンジもある

問題は引越し屋 
移動しながらの食事がほとんどだ
運転中は非常に危険

そこで登場するのが保冷保温タッパ 。
最初はカップラーメンの空き容器を使ってたが 
運転中は飛んだり跳ねたりデンジャー。

タッパだと蓋がシッカリ出来るのでまるで問題無い
お湯はコンビニで貰って来る

そんで
麺だけズッポリとってご飯に載せる
だからチキンラーメン丼
イリコ に味噌もミックス
かいわれも時々入れる
栄養満点100円未満。
汁は蓋して後で飲む
実に合法的だ

『流石はゆめのしん殿、期待を裏切りませんな』
『毎日喰ってんな』
『うお!?』
『なんじゃそりゃあ~』
『頭いい』
などなど第一声は様々

この超クイックメニューで江戸攻めのパワー補給だ
早い 美味い 安い
吉野家の比じゃねえぜ^
第十一話『東京湾に二迅の風の巻』
リハーサルもう一度やる事にした

しかし
菅原殿は各地を飛び回ってる
ゆめのしんも引っ越し屋は春がシーズンのため
深夜にしか幕府に戻れぬ

リハをやるとすれば真夜中・・・という事になるのだが
深夜に練習出来る場所はナカナカ無く
しかも都内のスタジオは
駐車場代だの スタジオ代だの高くつく

それならば
東京湾でやっちゃいましょう!!

という菅原殿のアイデアで
東京湾でやる事になった
奇遇にもそこは四年前初めて東京進出した頃の寝床でもあり
練習や筋トレをしていた場所であった
プロモの撮影やドカチン現場事件※松風物語参照
もここである
日ごろの行いからか?
幸い取り締まりやパトロールにも引っかからず
真夜中
大型トラックがしきりに行きかう東京湾で
夜が明けるまで打ち合わせが繰り広げられた
2005 317 
あと数時間後には会場入り時間
眠さと疲れで充血していたが
二人の目はそれよりも闘志に満ちていたのであった
第十二話『W大和魂・・の巻』
3月18日
エンターテイナ楽団を集めたエンタメ祭が 
渋谷エイジアPで開催された
エンタメ系とは
観て 聴いて
客席まで一体化出来得るバンドである


エイジアでは
このエンタメを集めて春から夏にかけて
一大イベントを開催を予定している
参加バンドから一曲ずつ
エントリーされたオムニバスが七月にリリースされ
更にはプロモーションとしてラジオやテレビ
街頭Liveなどが予定されている
2005 318 

写真は3月18日参戦者の方々での記念写真

個性豊かなメンツである

博多名物しぇいむれすは
これに対し
菅原殿との共演で応戦

名曲
『大和』のW和太鼓バージョンや
新曲
戦国大河浪漫シリーズ
第三弾『三矢の教え』を
ごひろうした

雨、晴れ、寒風と天候変化の激しい日であったが楽しい宴であったo(^-^)o

第十三話『星のメッセージ・・の巻』
春は引っ越しのシーズン
そしてゆめのしんの夢は
年中シーズン!!
眠くても
仕事が始まれば元気よく


普段と変わらぬ平和な一日のはずだった
新築引っ越し最中
お客さんが観ていたTVブラウン菅から飛び込んで来たのは
『九州大地震』

TVからは我が郷土の悲惨な状況が
報じられていた

一瞬目の前が真っ暗になった
皆どうなった?

仕事中は仕事中 
お客さんに迷惑をかける訳にはいかない

とにかく仕事を終わらせ
本家に電話

無事であった

幸い周囲の皆に怪我など
大きな被害は無かったようだ

九州に地震が来るなんて誰が予想したであろう
中越地震もそうだ
去年は災害の当たり年。
地球を我が者顔で汚す
星からのメッセージ・・・?

第十四話『日本人のエネル源の巻』
子供が出来たなら自分の事をなんと呼ばせる?
一、パパ、ママ
二、父上、母上

敵と闘う時の装備は?
一、銃
二、刀


おでかけだ
さあ履物は何?
一、下駄
二、靴

愛すべき乗り物
一、車
二、馬


困っている所を助けて貰った
御礼を言わなければ…
一、さんきゅ~^0^
二、かたじけない!!

都と言えば?
一、ニューヨーク
二、パリ
三、京都


男に生まれて見る夢は?
一、一富士二鷹
二、アメリカンドリーム
三、天下盗り


朝食
一、クロワッサンにコーヒー
二、ごはんに味噌汁


そう味噌汁!!
味噌汁を飲まなきゃ始まらない!!

千昌夫を味噌汁を飲めと歌ってるし
天才バカボンのパパも諸君味噌汁を飲もうと演説してる


ゆめのしんも毎日欠かさず味噌汁を飲んでいる
弁当と一緒に持参して。

無論汁のままでは無くタッパ内に固体として持参し
コンビニ等でお湯を戴いて飲む

チキンラーメンは卒業した(笑)
具は
イリコ
納豆
高野豆腐
かいわれ 

引越しの時は車内で走行中に食べるので
車内に湯気と匂いが充満し納豆臭くなるのだ 。
『納豆くせえ~~~~』
という声が聴こえなくも無いので極力他のもんが買出しに行ってる最中に
一気呑み(火傷注意) 

味噌汁は日本人のエネル源だ
ごはんに味噌汁!!
古より日本の朝食として伝来されてきたのは伊達じゃない

ちなみに上の問答で日本人に当てはまる項目が七つ以上あった方
君こそサムライだ(笑)


第十五話『1500日の旅の果てに』
2005年3月27日浜松ライブ
2000年末から始った巡業の終着。
開場してみると恥団浜松支部恥っ娘隊長悠未ただ一人
『俺の四年間はなんだったのだ・・・』という想いが一瞬よぎった
だがそこは伊達に四年も修羅場をくぐってるわけではない
『これもまた一興、見事終えてみせる』
と思いなおし
いよいよ開演!!!
すると扉が開きゾロゾロと仲間やお客さんが・・・
味な演出をしてくれる^-^
こうして巡業最後に華咲かせて終える事が出来た

仲良しの花魁、ぞっこんブラザーズや青池劇団に別れを告げ
江戸に向けて旅立つ

1500日の旅の果てに得たもの
語り尽くせぬ大量の思い出
そしてかけがえの無い出会い

興奮覚めやらぬまま江戸にちゃべ号代理を走らせるゆめのしんであった


さてさて波乱波乱ド氣努希の江戸上洛!!
城を手に入れて、いよいよ江戸攻め開始!!
とその時、
八べえ 親分てえへんだ、てえへんだ~~~!!
弥七 どうした!!!!ハチ
とキャラ違いのぼけツッコミもさておき一体何が起こった?!

総合目次へ戻る

スポンサーサイト

<< 松風幕府江戸上洛~二〇〇五 | ホーム | 愛と夢を秤にかけりゃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。