もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世のために再始動

芸忍座再始動!!

やっぱりどう考えても俺のやりたい事。

来年とか数年後のことも大切だが

今を活きる

ことこそ大事。

 

例えば一年後に社長を目指す新入社員と

入社時から社長になったつもりで励む新入社員では

一年後のゴールラインは大きく変わる

 

いつかやりたい

ではなく

やるなら今。

落ち着いてからやればいい?

否、『俺の人生、落ち着く事なんかあるのか?』

と。

それを臨むのは引退するとき。

いや俺の場合死ぬまで。

 

これまでの経験を最大限に活かして

一本一本全力投球。

歌も和太鼓も三味線も!!!

コンビ忍もパチ忍も博多名物しぇいむれすも!!!

芸忍座も!!!

時間にゃ限りがある。

一度きりの人生やけん

遠慮せんで欲張って生きにゃあ

 

国が変わらんとか政治が変わらんとか言っててもしゃあない。

己に、芸能界に、この国に

今こそ しっかり見つめあってぶつかっちゃらんとね!!

 

 

スポンサーサイト

<< 東京なんですけど。 | ホーム | 暁の春風 >>


コメント

Re: タイトルなし

厘殿のお役に立てて光栄です!!!!

糸賀一雄さん、
福祉社会に多大な功績を残された方なのですね

遣り残されたことも沢山あるかと思いますが
ご本人が天に召されて尚
これだけ大きな波紋となって
世に拡がっているなんて
氏もきっとあの世で微笑んでおられる事でしょう

≪人生に果て無し
死して尚、その真価が問われん≫

≪武士道は死ぬこととみつけたり≫

の中にもその片鱗が見え隠れしてる気がしてなりませんが
生身に終着があるとしたら
死ぬときに笑って死ぬ事に尽きます^-^

その秘訣は・・・・
やはり
やりたい事に向って
トコトンやり抜き続ける

なのでしょうね!!!


思いもよらぬ夢之進殿の励ましのお言葉に、ちょっと感激しております・・。

>人生には挫折は無い
>『負けじゃなく勝ちへの途中!!!!!』
>徳は確実に蓄積され沸点に近付いてます

どれだけこの言葉に励まされたことでしょうか・・。
それがどんな形であったとしても・・。ということ・・。

大学の頃、社会福祉の授業で、糸賀一雄さんという方がおられたことを知りました。

「この子らを 世の光に」

という有名な言葉を残された方です。有名な著書「福祉の思想」を私も大学で読ませていただきました。ひと言では言い尽くぬ感銘を受けたのを今でも忘れません。

夢之進殿は、感覚としてそれを感じてらっしゃる方かもしれませんね。

現在、滋賀県、京都、大阪を中心に、障がい児療育における、早期発見、早期治療、早期療育のシステムが全国に広がっていることも、糸賀先生の存在と決して無縁ではないと思っています。そして、遠く福岡でも、この関西で育まれた発達保障の考え方を学び、療育を現場で実践していたことの意味を考えさせられます・・。

興味がもしあられたら・・・。糸賀一雄先生に関するリンク先です。
http://www.itogazaidan.jp/date/index.htm

ありがとうございます・・。

なんと厘殿は知的生涯支援施設で働いていたのですね

自分はイベントで関わる機会があり

そこで働く人々の素晴らしさ

そして障害を生まれながらにもちながらも精一杯≪活きる≫

利用者さん達の輝きに心打たれ

自分も何か出来る事があったら応援したい・・・

と想うようになり年に数えるほどではありますが

施設を訪問してコンサートを届けてます。

自分は本当に限られた時間でしか関わっていないので

本当に大変な所は経験してません。

なので実際に施設で働いてる方には敬意を表します。




自分は人生には挫折は無いと想います^-^

人間の脳と筋肉は非常によく出来ていて

例え僅かな時間でも関わったことは必ず

形状記憶合金のように身体のどこかで記憶されてます。

そして善行や修業に関しても≪徳≫というカタチで

見えない所に蓄積されています。

前に向って歩んでいる限り

例え何らかの理由で縁が切れてしまったとしても

また違ったカタチで活きて授かる時がきますよ!!


剣豪宮本武蔵が初めて負けたときに言った自分の大好きな言葉があるのですが

『負けじゃなく勝ちへの途中!!!!!』

負けず嫌いにもほどがありますよね(笑)

でもなんか凄い響きが良くて自分も好んで使ってます。

厘殿の今までの徳は確実に蓄積され沸点に近付いてます

今度は勝利を掴み取って下さい

松風さんや、川筋師匠(ここでこうお呼びしてると、いつの間にかご本人にまで・・)とお話させていただいていると、これまであまり人には理解されないと思って話さなかったようなことを、素直にお話できている自分がいるんですよね。

やりとりにちょっと間を持って関われる、文章という表現手段のお陰でしょうね。

そして、お2人には「自分は人生、こう生きていきたい。」という芯というか軸のようなものが、しっかり定まっていらっしゃるような気がします。

そうすると、自分はどうなんだろうなぁ・・。と思うわけです。

20代、私は知的な障がいを持つお子さんの、就学前の通園施設で保育士をしておりました。やりたい仕事であり、全力で打ち込んだ仕事であり、乗り越えたかった仕事であったわけですが、何ていうんでしょうね・・。仕事の一番の目的。子どものため・・。それが、日々の忙しさだったり、人間関係の摩擦だったり、自分の弱さだったりで、その大事なところが見えなくなって挫折したんです。

それからでしょうかねぇ・・。その理由のようなものを、ひとつひとつ自分と向き合って解決してきたわけです。それが家庭での時間であったり、ちょっとペースを落としたパートの保育士であったり、9年ぶりにお休みの先生の代替で入れた最初の仕事であったりしました。そして、今、仕事そのものをお休みしているというところです。

今、自分のしたいこと・・というのは、何でしょう・・。

何か形がはっきりしてるわけではないのだけど、仕事にしても、家族にしても、こうして文章を書くにしても、1対1の関わりから広がっていくその手応え・・。自分が変化し、相手にも何か伝わる・・。その感じなのでしょうね。

現実の生活では、その自分らしくなれる間合い・・。というのでしょうか。文章のようにはいかないところがたくさんありますが、それもまた母親忍、パート忍、仕事忍でしょうかね(笑)

うまくいかないことに流されずに、自分がその人との関係で本当はどうしたいのか・・。その集団の中でどういう自分でいたいのか・・。それをちょっと客観的に見られる余裕のようなものができると違ってくるんでしょうかね(笑)

夢之進殿から、元気をいただいていますよ! 
ありがとうございます・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。