もくじ

リンク

プロフィール

松風夢之進(まつかぜゆめのしん)

Author:松風夢之進(まつかぜゆめのしん)
生年月日 1975年9月5日
出身地 福岡県 ( 現在は江戸に在住 )
血液型 O型 
身長169㌢  体重59㎏
靴サイズ 25,5
流派 伊賀でも甲賀でも風魔でも無い博多忍者
性格 負けず嫌いなマイペース
特技 床に着いて5秒で就寝 起きて5秒で活動出来る
座右の銘 夢は背負わず抱きしめろ!!

主な活動

ロック、民謡、演歌・歌謡

和太鼓 
[奏者/講師]

津軽三味線
北村流名取[講師]

松風夢之進 事務局

出演依頼、問いあわせなど           お気軽にどうぞ!!

月別アーカイブ

最新記事

来忍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州巡業編⑬ 明けまして大荒れ・・の巻

2011年元旦 
あけましておめでとうございます

engimono.gif
チントンシャン

本年もよろしくお願いします

ってなムードを味わう間もなく

朝から忍者たちの宿所は慌ただしい

そう
今日は神社での新春興行の日。

新年一発目のライブ。

朝から宿所に良いにほひが立ち込める

なんと不知火ノアは厚焼き鍋まで持参していたのだ
ツアーに電子ジャーやポットを持参して
インスタントラーメンや白飯を焚いていたゆめのしんばりにツワモノである
おかげでメンバーたちは
不摂生になりがちなツアーにおいて
身体の芯まで暖まる手料理にありつく事が出来た

不知火ノア特性の年明けソバ(年越しに間に合わなんだ)
そして正月は特性雑煮。
IMG_1533.jpg ほっほっほ 邪魔だてする者は斬る!!
忍者刀で手際よくザクザク

料理が出来るその間にオトコ衆は積み込みと場所取り。
機材設営。

突如


カギがねえ~~~~~~~~

正月早々人騒がせなゆめのしん。
関係者はよく知ってるが
この男のカギ無くし癖はビョーキで
今回のツアーでカギ無くす事数知れず

仕舞いにゃ不知火ノアが預かる事になったが
それを忘れる始末。



福岡の元旦の天気予報は積雪

開催が危ぶまれたが見事な晴れ空

日頃の行いがいいと天も味方してくれるんじゃのう

神社は寒いのにスゴイ賑わい

テキパキと準備を進めてゆく

Image2991.jpg
この巡業でチームワークばっちり

セット完成!!
Image3011.jpg 

正月らしく
君が代
ストラスフェ
一月一日

春メドレー
花~春よ来い~めだかの学校
どじょっこふなっこ~おたまじゃくし
春が来た

線路は続くよ

などなど手を変え品を変え。

吹きさらしなんで浜風が直撃なんだ
気温がみるみる下がるさむいなか

たのしいんだなコレがp2.gif

気がついたら降ってきたp10.gif

それでも辞めずに続けてたのだが
突然に変わり強くなってきた

絶対絶命!!大ピンチ!!!

急げ急げ急げ急げ

付近に雨避けは無い
濡れては危険があぶないものばかり

とにかく機器と楽器を車に積み込む

収納していないので車に収まりきらない

一度宿所で降ろしておかないと無理だ
だが
残された貴重品を見張る荷物番が必要である
事態は一刻を争う
IMG_1355.jpg それがしにお任せあれ!!

極寒の殿軍をかってでたのがばっし~こと船橋五右衛門

しかし・・・オヌシ・・

『構わず早く!!!』

すまん!!!

急に降り始めた雨で押し寄せる鉄馬で渋滞

地元民ならではの抜け道殺法と秘技、無法天に通ずで
ピュイっと。

宿所にとりあえず放り込んですぐさま戻る
・・・がやはり鉄馬が。
残された五右衛門が心配である


我々にすれば急いで戻ったつもりだが
五右衛門は降りしきる雨にさらされ
どれだけ長く感じたことだろう

戻った頃にはスッカリ青白くなってしまった五右衛門
凍える手で彼は尚も収納を続けていた

がんばれゴエモン!!!
144000633001.jpg もとい
ありがとう五右衛門!!!!


無事収納を終えて宿所に戻る

足の踏み場もない

ゴエモンの冷え切った身体を一刻も早く温めてあげたい所だが
放置すれば機材も楽器も全滅。

リーダーとして苦渋の決断を迫られるが
みんなそんな事はわかってくれてる

黙々と濡れてしまった機材をふき取る

いやむしろ楽しんでいる

初日からあわや壊滅的な大打撃をこうむったが
チームワークで被害はほとんど無い状態に防ぐ事が出来た

ようやく銭湯へ

Image2981.jpg 身体をかわかすふくすけ
おかしら~首吊ってまぷよ~~~~
くるちい~~~


銭湯帰り
ばっし~の様子がおかしい

風邪をひいてしまったようだ

無理もない

痛恨の大打撃・・・・・
明日の戦いはばっし~抜きを余技なくされた

この困難を果たしていかに・・・・・
どうなるしぇいむれす!!!!

つづく


622

スポンサーサイト

<< 九州巡業編⑭ ピンチの楽しみ方   | ホーム | 九州巡業編⑫ 忍者たちの年越し・・の巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。